KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 辻堂魁さんの新刊、『修羅の契り 風の市兵衛 弐』 | main | 2018年5月17日の花、ツルバラ、アマリリス、ランタナ、パンドレア、ゴデチア、サラサウツギ、タイサンボク、ブラシノキ、ヒメシャラ、アジサイ >>
2018年5月16日の琵琶湖は、程良い風で快適なセーリング

2018年5月16日(水曜日)。先週土曜日に乗艇したところですが、今日も琵琶湖でセーリング。天気とスケジュールが上手く噛み合ったので急遽出かけることになりました。

 

今日の天気予報。

Yahoo!天気、琵琶湖。

2018-05-16_琵琶湖天気_ts.jpg

同じくYahoo!天気、近江八幡のピンポイント天気。

2018-05-16_近江八幡市天気_ts.jpg

風は弱く、風は南寄りの予想です。

志賀ヨットクラブのライブカメラで見た今朝7時の湖岸の様子。

2018-05-16_0700_志賀ヨットクラブカメラ_ts.jpg

この時間帯、ほとんど風がないようです。

 

何時ものとおりJRで出かけます。平日ダイヤだと、列車の本数が多いため乗り換え接続時間が短縮され、ほぼ同じ頃に家を出て和邇駅につくのが15分ほど早くなります。

9時18分、和邇駅到着。

 

農道沿いに志賀ヨットクラブへ向かいます。

田植えが終わって10日ほどたった田圃。

2018-05-16_0922_田圃_IMG_0653_s.JPG

農道沿いで見た野草や農家の庭の花。

ニワゼキショウ。

2018-05-16_0931_ニワゼキショウ_IMG_0656_ts.JPG

シャクヤク。

2018-05-16_0937_シャクヤクキショウ_IMG_0657_s.JPG

アヤメ。

2018-05-16_0938_アヤメ_IMG_0659_s.JPG

 

9時40分、志賀ヨットクラブに到着。

艇のセーリングの準備と出港前の準備をしました。燃料が半分を切ったので補給してもらいました。

 

10時25分、出港。今日のセーリング予定は、沖島を目指し、余裕があれば近江舞子辺りを周ります。帰港予定時刻は16時。

10時28分、出港直後、エリを躱す直前に北の比良の山並みを見たところ。

2018-05-16_1028_出港直後の比良の山並み_IMG_0660_s.JPG

一面の雲ですが、高くて薄いので日射しの熱さを感じます。

 

10時35分、10分ほど機走してから北北東の微風でセールを揚げました。風がどう変化するかわからないので、取り敢えず操作の楽なセルフタッキングジブにしました。

10時42分、ポートタックのクローズホールドで沖島を目指しセーリングを開始したところ。

 

11時16分、風が弱まり少し東に振れたので、クローズホールドのコースが少し長命寺寄りになりました。

 

11時30分、志賀沖観測塔の南を東向きで通過。

2018-05-16_1130_志賀沖観測塔の南通過_IMG_0668_s.JPG

11時35分、風が弱くなったので、ジブを90%のセルフタッキングジブから110%のレギュラージブに交換しました。

これでかなり走りが良くなりました。

 

11時40分、お湯を沸かして昼食の準備。

11時45分、昼食。

2018-05-16_1145_昼食_IMG_0670_s.JPG

 

12時20分、沖島の南西沖、風が北北東になり水道が見通せるコースになりました。

 

12時50分頃、沖島と水道が近づくと島と地形の影響で風が弱まったり風向が変化したりするし、漁船や通船やバスボートなどの行き来も多くあまり楽しくありません。近づかずに早めにタックして北に向かうことにしました。

12時55分、沖島の南西沖でタックして北を目指します。

風が少し良くなってきました。

 

13時11分、沖島の西側を北へ快走。

13時13分、ハンディGPSのコンパスとスピード表示。

2018-05-16_1313_沖島の西側を北へ快走・時速9.4km_IMG_0679_s.JPG

 

13時21分、風が徐々に北に振れるので、その風に合わせコースが北小松方向になりました。

2018-05-16_1321_風が徐々に北に振れるのでコースを北小松方向に向ける_IMG_0681_s.JPG

 

13時58分、風も少し弱まっているのでお湯を沸かしてお茶にしました。

2018-05-16_1358_エスプレッソ・オレとバウムクーヘンなどでお茶_IMG_0683_s.JPG

エスプレッソオレとバウムクーヘンなど。

 

14時12分、風が再び北東に戻ったので、ジャイブして艇を南に向けました。

その時のコンパスの表示。

2018-05-16_1412_ジャイブして南に向けた直後のコンパス_IMG_0685_s.JPG

14時16分、近江舞子の東沖から南に向かうところ。

 

14時19分、リーチングで南に向かう艇のデッキとスキッパーの様子。

2018-05-16_1419_リーチングで南に向かう艇のデッキ_IMG_0689_s.JPG

 

14時33分、近江富士を目印にして南下、風良く快走。

 

14時43分、右舷側(西)に志賀沖観測塔、志賀ヨットクラブが重なる。

2018-05-16_1443_西に志賀沖観測塔、志賀ヨットクラブが重なる_IMG_0695_s.JPG

左舷側(東)には沖島。

2018-05-16_1443_東に見える沖島_IMG_0696_s.JPG

 

14時56分、南の近江富士方向を目指す。ズーム一杯で寄せた画像。

2018-05-16_1456_南の近江富士方向へ向け快走_IMG_0701_s.JPG

 

15時2分、ジャイブして北東の風、スタボータックのブロードリーチで志賀ヨットクラブへ帰ります。

15時6分、スタボータックのブロードリーチで志賀ヨットクラブへ向かうところ。

 

15時14分、志賀沖観測塔の南を西向きで通過。

2018-05-16_1514_志賀沖観測塔の南を通過_IMG_0708_s.JPG

 

15時31分、帰港に備え右舷側にフェンダーともやいの準備。

2018-05-16_1531_帰港に備えフェンダーともやいの準備_IMG_0710_s.JPG

気温も湿度も高く暑くてゆっくり作業しないと汗だくになります。なので、早めに準備。

 

15時45分、セールを下ろす作業開始。

15時50分、入港直前。

2018-05-16_1550_帰港直前の志賀ヨットクラブ_IMG_0715_s.JPG

15時51分、志賀ヨットクラブをズーム。

2018-05-16_1551_帰港直前の志賀ヨットクラブをズーム_IMG_0716_s.JPG

15時58分、入港着桟。

 

今日は湿度も気温も高くしっかり汗をかいたので、直ぐにシャワーを浴びました。

その後、艇の片付けをしました。雲が厚くなり日射しが無くなったので、気温も湿度も高かったのですが、適度な風があって過ごしやすく作業が楽でした。

 

17時5分、クラブを後にしました。

17時45分、和邇駅発の京都行普通電車に乗り、山科で新快速に乗り換え大阪まで。阪急電車で塚口へ。

19時40分、帰宅。

 

今日は5時間半のセーリングでしたが、程良い風が続いたので楽しめました。

 

今日のセーリングの航跡、GPSのデータをGoogle Earthで表示。

GPSのトラッキングデータをGoogle Earthで表示
上の画像をクリックすると大サイズ(1920*1160)画像を表示

 

JUGEMテーマ:マリンスポーツ

| ヨット | 22:39 | comments(0) | - |