KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< "POV-Ray"で作成した3DCG、『岩峰の島と防波堤のある港』 | main | Archive3D.netからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Car 2010 Alfa Romeo 8C Spider N030718" >>
CadNav.comからダウンロードした帆船の3Dモデリングデータ、"Sailing Warship"

2018年8月3日(金曜日)。CadNav.comからダウンロードした帆船の3Dモデリングデータ"Sailing Warship"を、"PoseRay"でデータ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

CadNav_Sailing_Warship_ts.jpg

ダウンロードファイル名が"cadnav-1PP1134S4.rar"、そのファイルサイズは21.4MB。アンパックして出来た3Dデータのフォーマットは、案内の通りmbとobjの2種類です。私のアプリ環境で使えるのはobjフォーマットで、そのファイル名は"ship.obj"。何と、そのファイルサイズが79.3MBもありました。パーツごとのマッピング用のテクスチャ画像ファイルが45個も同梱されています。

 

"PoseRay"で"ship.obj"を読み込みました。

その最初のプレビュー画面。

preview_Sailing_Warship_CadNav_obj_1st_s.jpg

読み込み時のエラーなどはありません。見た目には形状的な問題は無さそうですが、materialの指定は殆どなされていなくて、一様にグレーです。しかし、細部を点検すると、艤装の各パーツごとにmaterialが細かく区分されていて、そのmaterialの名称の一部が反映されたマッピング用のテクスチャ画像ファイルが存在しましたので、これを手作業で指定しました。UVマッピング情報は、データ内部に残されていましたので、きれいに貼り付けることが出来ました。

 

モデリングの詳細さは次のとおりです。

マスト・セール周りのロープとブロック等。

Mast_Block_Rope_s.jpg

下層デッキの内部の積荷・備品まで詳細にモデリングされています。

deck_parts_s.jpg

 

マッピングの指定作業を終え、表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

preview_Sailing_Warship_CadNav_obj_last_s.jpg

これを"POV-Ray"へエクスポートし、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Sailing Warship
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。

その画像。

Sailing_Warship_CadNav_e1_POV_scene_w560h327q10.png

ここでのグリッドは、5unit=5mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これでこの"Sailing Warship"を"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込むことができるようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 21:53 | comments(0) | - |