KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 2018年8月11日の花、ムクゲ、ペルシャソケイ、スパイダーリリー、アメリカデイゴ、ワタ、バウヒニア、サルスベリ、シコンノボタン、ピンクノウゼンカズラ | main | 2018年8月13日の花、ポーチュラカ、ジニア、ムクゲ、ブーゲンビリア、ルエリア、キバナコスモス >>
"POV-Ray"で作成した3DCG、『雪山とシャレー』

2018年8月12日(日曜日)。暑い最中に冬の景色を思い浮かべながら、"POV-Ray"で雪山と山小屋の3DCGシーンをレンダリングしました。

 

≪ 雪山とシャレー ≫

雪山とシャレー
上の画像をクリックすると大サイズ(1920*1440)画像を表示

 

< 雪山 >

シャレーと針葉樹林のある雪山は、WEBで入手した山の3Dモデリングデータ(ポリゴン)を"Metasequoia"で加工し"PoseRay"で"POV-Ray"形式にコンバートして使っています。

 

< 山脈 >

背景の山脈は、"POV-Ray"のheightfieldで生成しています。pigment functionでパターンを使ってheightfieldを生成しているのですが、そのエッジが自然にwaterlevelに収まるようにコーディングしています。元のコードは、次のところから頂きました。

POV-Ray公式サイトのnewsgroupの次のスレッドです。
POV-Ray: Newsgroups: povray.binaries.images: Mesh vs mesh2

 

< 雪の生成 >

シャレーの廻りに付いた雪、車の上、道路の脇雪に積もった雪は、"MakeSnow macro",Copyright 2003 Gilles Tran http://www.oyonale.com,with modifications by Nick Humphries http://www.egyptus.co.uk (2008) という"POV-Ray"のマクロコードを使っています。

シャレーの大屋根の雪は、"POV-Ray"のblobを使って自作しました。

 

主要なオブジェクトの多くはWEBで入手したものです。その出処を記しておきます。

≪ 雪山 ≫
Aspen Mountains TurboSquid.com
≪ シャレー ≫
House wooden N070116 Archive3D.net
≪ 圧雪車 ≫
Snow Groomer Free3D.com
≪ SUV ≫
Jeep-Wrangler Archive3D.net
≪ 針葉樹 ≫
Conifers tree 2 N110616 Archive3D.net
Conifers tree 3 N130716 Archive3D.net
Conifers tree 1 N100616 Archive3D.net
Evergreen Fir Tree CadNav.com
Fir by syol TurboSquid.com
firtree 1 by Medievalworlds TurboSquid.com
firtree 3 by Medievalworlds TurboSquid.com
firtree 4 TurboSquid.com
Snowy Pine ShareCG.com
Tree N060709 Archive3D.net
Tree picea pungens glauca N280113 Archive3D.net

これらのデータをフリーで公開された作者とサイトに深く感謝します。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 23:05 | comments(0) | - |