KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< Archive3D.netからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Car 2008 Maserati MC12 Versione Corsa N300718" | main | 2018年8月24日の花、ブルースター、ハイビスカス、ブラシノキ、ポーチュラカ、ルエリア、サルスベリ、セイロンライティア >>
Metasequoiaが7月24日と8月20日の2度のバージョンアップで Ver4.6.7 になった

2018年8月21日(火曜日)。Metasequoiaが7月24日と8月20日の2度のバージョンアップで Ver4.6.7 になりました。

avast_1.jpg

 

7月24日のVer4.6.6へのバージョンアップ時に、OSその他の環境の違う2台のPCへのインストールに際し、セキュリティソフトのAvast Internet Securityが反応してインストールが進まなくなる問題が発生しました。

Windows 7 のPCとWindows 10 のPCで、その反応に差異があったのですが、Windows 7 の環境では、Avast Internet Securityによるavast!への問題のレポートの1時間ほど後にインストールを阻む問題が解決されました。しかし、Windows 10 のPCではAvast Internet Securityが同じように反応したにもかかわらず、そこから前に進みません。仕方なくインストールの進行を止めているAvast Internet Securityのランサムウエアシールドの機能を一時的にオフにして、インストールを行いました。インストールが進んで程なく終了するかと思われる頃に、今度はファイルシールドで止められました。Avast Internet Securityの「アプリを許可する」という対応ではインストーラーを継続進行させることが出来ず、結局このファイルシールド機能も一時的にオフにしてインストールを最初からやり直すことになりました。
8月20日のVer4.6.7へのアップデートに際しては、Windows 7 のPCでは問題なく進行しインストールが完了しましたが、Windows 10 のPCでは再びAvast Internet Securityのランサムウエアシールドが反応し、インストールが中断されました。今回は、このンサムウエアシールド機能をオフにしてインストールをやり直したところ、その後は順調にインストールが完了しました。
前回と今回のアップデイトの概要は次のとおりです(ヘルプからの引用です)。

Ver4.6.7

  • 不具合修正
    • FBX出力時に異常終了することがある。
    • Pythonスクリプトでユーザーデータへのセット関数の一部が正常に動作しない。

Ver4.6.6

  • コマンド
    • [ボーン]のHumanoidテンプレートの胸部から上への分岐部のボーン名をUpperChestに変更しました。
    • [ボーン]のリストの右クリックメニューを[親ボーンから切り離す][子ボーンを切り離す]に分離し、ボーン設定内の切り離しを廃止しました。
  • メニュー
    • [ボクセロイド][テクスチャ立体化]でのポリゴンへの変換がマーチングキューブで高速に処理できるようになりました。
  • パネル
    • 材質パネルの設定でglTF用シェーダを選択できるようになりました。
  • ファイル入出力
    • PLY出力で出力タイプ(点群・三角形・面)と法線の出力を選択できるようになりました。
    • OBJ出力などで多数のオブジェクト・面があるときの処理速度が改善されました。
    • glTFの入出力に対応しました。
    • LWO入力がLightwave3D 2018のLWO3形式に暫定対応しました。(シェーダの読み込みが十分でない)
  • 不具合修正
    • オブジェクトリスト内の[頂点・面を選択]などで異常終了することがある。
    • [ボーン]で同じオブジェクトにウェイトをエクスポート・インポートすると値が大きく変わることがある。
    • [ボーン]で球体アンカー内にある頂点にウェイトが割り当てられないことがある。
    • [ボーン]で複製やフリーズしたとき、親子関係や一部パラメータが正しく複製されない。
    • OpenGL表示時に[現在のオブジェクト以外の頂点・辺]を非表示にしても頂点が表示される。
    • PythonスクリプトのMQWidgetBase.width/height, MQDialog.closeなどが正常に動作しない。
    • Windows版でPythonスクリプトのパスが初回実行後に更新されない。
    • PMD入出力でモデル名やボーン名が文字数制限ぎりぎりになっている場合に正しく扱えないことがある。

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 17:55 | comments(0) | - |