KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • ShareCGからダウンロードした複葉機の3Dデータを、PoseRayでデータ変換しPOV-Rayでレンダリング
    KOKA (11/11)
  • ShareCGからダウンロードした複葉機の3Dデータを、PoseRayでデータ変換しPOV-Rayでレンダリング
    Tsukuda yutaka (11/07)
  • "POV-Ray"で作成した3DCG、『雪山とシャレー その2』
    KOKA (08/24)
  • "POV-Ray"で作成した3DCG、『雪山とシャレー その2』
    佃 豊  (08/24)
  • 稲刈り用コンバインとパラソルのアンバランス
    KOKA (07/20)
  • 稲刈り用コンバインとパラソルのアンバランス
    xboss (07/19)
  • 2018年2月22日、栂池10日目
    KOKA (02/23)
  • 2018年2月22日、栂池10日目
    udon (02/22)
  • 2018年2月20日、栂池8日目
    KOKA (02/21)
  • 2018年2月20日、栂池8日目
    udon (02/20)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< "Metasequoia"がマイナーバージョンアップしてVer4.6.8になった | main | 新しいスキー用ヘルメットを購入 >>
Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Boat N290918"

2018年10月11日(木曜日)。Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ"Boat N290918"を、"PoseRay"でデータ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

Archive3D_Boat_N290918_ts.jpg

ダウンロードファイル名は"0acaf9e47a49537b02941dc6eaf5f3b7.zip"、そのファイルサイズは3.06MB。アンパックして出来た3Dデータのフォーマットはgsmと3dsとobjとmaxの4種類。この内、私のアプリ環境で使えるのは3dsとobjです。

 

まず3dsフォーマットデータを"PoseRay"で読み込みました。

その最初のプレビュー画面。

preview_Boat_N290918_3ds_1st_s.jpg

読み込み時のエラーなどはありません。

 

試しにobjフォーマットデータも読み込んでみました。

そのプレビュー画面。

preview_Boat_N290918_obj_1st_s.jpg

こちらも読み込み時のエラーなどはありません。

このまま手間なしで作業が続けられるので、objフォーマットデータを採ることにしました。

 

materialを確認すると、船体部分と手摺などのフレーム部分との2つのマッピング画像で細部が表現されていて、モデリングは単純です。しかも水線以下の部分はモデリングされていません。

まあこれでも、ハーバーに係留されているその他大勢の船として埋め草のデータには使えます。

 

しかし、ちょっと加工して少しだけ見栄えを良くすることにしました。

まず、ガラスの部分が半透明になるように加工します。

船体部分には次の画像がマッピングされています。

Body.jpg

この画像ファイルを"GIMP"で加工して、ガラス窓部分とハッチ部分だけを半透明にするTransparencyマップ用の画像を作成しました。

Window_Mask_e2.jpg

これを使って窓を透明にしました。

transparency_mapping_Boat_N290918_s.jpg

 

最近作成している船用のパーツのオブジェクトからクリートを選択して、この船にも追加することにしました。

その部品のクリート。

Cleat_Boat_N290918_e3_s.jpg

バウに1個、スターン両舷に各1個の計3個を"PoseRay"のmerge機能を使って追加しました。

 

これらの修正・追加の作業を終え、表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

preview_Boat_N290918_obj_last_s.jpg

これを"POV-Ray"へエクスポートし、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Boat N290918
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。

スケール合わせ後の画像。

Boat_N290918_e3_POV_scene_scaled_w560h168q10.jpg

ここでのグリッドは、0.5unit=0.5mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"Boat N290918"を"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込むことができるようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 19:30 | comments(0) | - |