KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< "POV-Ray"で作成した3DCG、『小島の城』 | main | Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Boat N271218" >>
Archive3D.netからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Car Chevrolet 1936 N251218"

2018年12月28日(金曜日)。Archive3D.netからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ"Car Chevrolet 1936 N251218"を"PoseRay"と"Metasequoia"で加工・データ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

Archive3D_Car_Chevrolet_1936_N251218_ts.jpg

ダウンローフォファイル名は"5f1a49eaf28c5fcfed0f7016365fcfb8.zip"、そのファイルサイズは6.15MB。案内では*.gsm+*.3ds+*.maxと3種類のフォーマットとなっていますが、実際にアンパックして出来た3Dデータのフォーマットはgsmと3dsとmaxとobjの4種類でした。

そのファイルリスト。

File_List_Car_Chevrolet_1936_N251218_t.jpg

しかし"PoseRay"で読めるのは3dsとobjの2種類です。

よく見ると、3dsが2個、objも2個あります。その4つを読み込んでみましたが、読み込み時のエラーが少なく、"POV-Ray"に持ち込むための作業が少ないと思われる"Car.obj"を選択しました。

 

"Car.obj"を"PoseRay"で読み込んだ最初のプレビュー画面。

preview_Car_Chevrolet_1936_N251218_obj_1st_s.jpg

エラーが20件ありました。

10件がマッピング指定したファイルが見つからないというものでした。これは、マッピング用のテクスチャ画像ファイルがサブフィルダに生成されていたのですが、そこへのパスが通っていないためでした。

別の10件のワーニングは、ファイル名に拡張アスキー文字列が使われているというものでしたが、これは無視しても問題ありません。

 

モデリングに関しては、後部にライセンスプレートがモデリングされていましたので、これを"Metasequoia"で切り出してパーツ化しました。

License_Car_Chevrolet_1936_N251218_s.jpg

これをコピーして追加し前部のライセンスプレートとしました。

 

その他に、フォグランプを追加しました。これは他の車種のものを切り出し部品化していたものです。

Fog_Lamp_Car_Chevrolet_1936_N251218_s.jpg

 

これらの加工・修正・追加の作業を終え、表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

preview_Car_Chevrolet_1936_N251218_obj_last_s.jpg

これを"POV-Ray"へエクスポートし、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Car Chevrolet 1936 N251218
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。スケール合わせの比率を求めるのにはこの車種の全長・全幅・全高が分かると良いのですが、WEBで色々検索してみたのですがうまく見つけ出すことが出来ませんでした。なんとかホイールベース2,769mmという数値を見つけたので、これを基準に試行錯誤でスケール合わせを行いました。

その画像。

Car_Chevrolet_1936_N251218_obj_e1_POV_scene_w560h280q10.jpg

ここでのグリッドは0.5unit=0.5mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"Car Chevrolet 1936 N251218"を"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込むことが出来るようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 13:53 | comments(0) | - |