KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< "POV-Ray"で作成した3DCG、『岩礁の横を通過する70feetスループと70feetケッチ』 | main | 佐伯泰英さんの新刊『奈緒と磐音 居眠り磐音シリーズ』を読み終わった >>
TurboSquid.comからダウンロードした建物の3Dモデリングデータ、"Free Wood House"

2019年1月8日(火曜日)。TurboSquid.comからダウンロードした建物の3Dモデリングデータ"Free Wood House"を、"PoseRay"でデータ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

TurboSquid_Wood_House_TurboSquid_ts.jpg

TurboSquid.comでは、3Dデータのフォーマットごとに選択してダウンロードできます。

この"Free Wood House"に関しては、次のような不フォーマットの選択が可能でした。

File_Format_Wood_House_ts.jpg

この内"PoseRay"で直接読めるのはOBJフォーマットです。リストの5番目のzipファイルをダウンロードしました。

案内の通りダウンロードファイル名は"FreeWoodHouse.zip"、そのファイルサイズは91.9MB。大きなファイルです。アンパックして出来たobjフォーマットデータのファイルサイズは32.4MB。zipファイルの91.9MBと比較するとあまりに小さいので、アンパックしたフォルダをよく見たら、max、fbx、c4d、mbと選択可能なフォーマットのデータが全て含まれていました。

 

objフォーマットデータを"PoseRay"で読み込みました。

その最初のプレビュー画面。

preview_Wood_House_TurboSquid_obj_1st_s.jpg

読み込み時に次の様な14件のエラーが出ました。

Material (lambert5SG): Map -mm 0 0.653846 entr002M.jpg not found. Use search tool in materials tab.
Material (lambert8SG): Map WOOD05L.JPG not found. Use search tool in materials tab.
Material (lambert12SG): Map WOOD05L - cia.JPG not found. Use search tool in materials tab.
Material (lambert4SG): Map -mm 0 0.769565 wndw038M.jpg not found. Use search tool in materials tab.
Material (lambert3SG): Map -mm 0 0.796667 WOOD20L.JPG not found. Use search tool in materials tab.
Material (lambert7SG): Map -mm 0 0.72449 shin33XL.jpg not found. Use search tool in materials tab.
Material (lambert2SG): Map -mm 0 0.691964 num.jpg not found. Use search tool in materials tab.
Material (blinn4SG): Map -mm 0 0.73 Marmite.jpg not found. Use search tool in materials tab.
Material (lambert11SG): Map -mm 0 0.367925 wanted.jpg not found. Use search tool in materials tab.
Material (lambert6SG): Map -mm 0 0.383562 grat12L.jpg not found. Use search tool in materials tab.
Material (lambert10SG): Map noguns.jpg not found. Use search tool in materials tab.
Material (lambert13SG): Map WOOD18L.JPG not found. Use search tool in materials tab.
Material (blinn5SG): Map win.jpg not found. Use search tool in materials tab.
Material (lambert9SG): Map WOOD20L.JPG not found. Use search tool in materials tab.

いずれも指定されたマッピング用のファイルが見つからないというエラーです。その理由は2つありました。

1つ目は、マッピング用のファイルが存在するフォルダへのパスが通っていないこと。

2つ目は、ファイル名の前半に"-mm 0 0.653846 "の様な文字列のあるものは、その後半の文字列だけが有効であったこと。

これを修正したら問題は解決しました。また、それらのマッピングの多くには、Finish や Bump マップに使えるファイルも存在しましたので、それらも有効に使いました。

 

マッピングされたテクスチャ画像ファイルの中から、次の2つのファイルを詳細に見ると、こんな風です。

noguns.jpg

wanted.jpg

西部開拓時代を思わせる内容です。

指名手配画像の下部にある文字列を切り出して内容をよく見てみました。

wanted_LL_ts.jpg

これは、日本語のローマ字表記ですね。作者が日本語を解するのか、あるいは日本人である可能性もあるかも。

 

これらの修正を終え、表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

preview_Wood_House_TurboSquid_obj_last_s.jpg

これを、"POV-Ray"へエクスポートし、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Car 2012 Shelby 1000 Forza Horizon N221118
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。

その画像。

Wood_House_TurboSquid_e1_POV_scene_w560h520q10_scaled.jpg

ここでのグリッドは、1unit=1mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"Free Wood House"を"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込むことが出来るようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 18:11 | comments(0) | - |