KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 2019年1月25日、栂池2日目 | main | 2019年1月27日、栂池4日目 >>
2019年1月26日、栂池3日目

2019年1月26日(土曜日)。昨夜は22時30分頃に布団に入ったところまでは覚えていますが、横になった後の記憶が全くありません。横になった途端に寝込んだのでしょう。

今朝は6時のスマフォのアラームで目覚めました。

窓の外を見ると、天気予報通りしっかりと雪が積もってなお降り続いています。

今日は朝一の条件の良い新雪のエリアを滑りたいので、早めに出発の準備をしておきます。

 

今日の栂池高原スキー場の天候・積雪の状況(栂池高原スキー場の公式ホームページから)。

2019-01-26_天候積雪.jpg

 

 

7時からの朝食は、宿泊客の多いときのガイキングスタイルです。あれこれ多品種を少なめにチョイスして、朝食は手早く済ませました。

7時30分、窓の外の雪の様子。

2019-01-26_0730_窓の外の雪_IMG_6787_s.JPG

大急ぎでウェアを着て、スキーを外に出しました。今日は新雪がたっぷりありますので、板はセミファットの少し幅広の方(SALOMON Q98)を選択。

ブーツを履いて身支度を整え、スキーロッカールームからゲレンデに出ました。出発を早めにと思ってそれなりの準備をしておいても、結局出たのは8時5分。昨日より5分ほど早いだけです。

 

今日は週末なので、朝からやってくる人たちもあり混み合います。ほとんどの人がゴンドラリフトで栂の森の山頂駅を目指します。それがあって白樺ゲレンデやチャンピオンゲレンデは朝は人影がまばらです。今日は朝一の滑りは空いている白樺ゲレンデを狙います。

 

からまつ高速ペアリフトで白樺ゲレンデに向かいました。思ったとおり、白樺ゲレンデは人影がほとんど無くガラガラです。

早速、白樺クワッドリフトに乗車。

8時29分、白樺クワッドリフト沿いの木々に積もった雪の様子。

2019-01-26_0829_白樺クワッドリフトから雪の木々_IMG_6791_s.JPG

写真でははっきり見えませんが、雪は降り続いていて、リフトに乗っていると太ももや腕のウェアに雪が付いて白くなるほどです。

この写真を撮った直後に、コンデジのレンズに雪が付いて、ポケットの中で乾かすのに暫くかかりました。

 

今日の白樺ゲレンデは、夜中に圧雪された上に5センチ位新雪が積もった状態です。そして中段を過ぎてゲレンデが広がった辺りの、スキーヤーから見て右側の3分の1位はピステンが掛かっていなくてふわふわの新雪でした。20〜30センチ位ありそうです。気温がそれほど下がりませんでしたから、雪質はサラサラのパウダーというほどではなくてフワフワの感じです。降ったばかりの空気を沢山含んだ軽い新雪ですから抵抗は少なく、白樺ゲレンデの適度な傾斜もあって、新雪の滑りが上手くなったと勘違いするほど楽しく滑れます。

しかし、正面からの降雪があって視界は悪く、それが残念でした。

結局、休みなく立て続けに4本滑りました。

 

ここでトイレに行きたくなったので、ハンの木コース下部の様子が見たかったこともあり、レストエデンへ向かいました。

9時25分、白樺ゲレンデ上部からハンの木コースへ向かう林道沿いの木々の雪。

2019-01-26_0925_白樺ゲレンデからハンの木コースへの林道_IMG_6793_s.JPG

 

レスエデンでトイレ休憩。

9時43分、レストエデンでミルクココア。シーズン券購入のおまけで貰ったドリンク券を使いました。

2019-01-26_0943_レストエデンでミルクココア_IMG_6794_s.JPG

 

ゲレンデの様子と人出の具合を見るともう新雪は踏まれ尽くされています。そこで、一旦、宿に帰りスキーをカービング板(SALMON XMAX)に履き替えることにしました。

今日は週末ですから、ハンの木第1クワッドリフトも鐘の鳴る丘スカイライナー4も運行されています。そのハンの木第1クワッドリフトに乗り、林道を経由して白樺ゲレンデに出て、親の原を宿まで下ることにしました。

9時56分、ハンの木第1クワッドリフトから見た木々に積もった雪。

2019-01-26_0956_ハンの木第1クワッドリフトから雪の木々_IMG_6797_s.JPG

写真ではよく見えませんが、この時点の降雪は結構激しいものがありました。

ハンの木コース下部から林道に入り、白樺ゲレンデから親の原ゲレンデに下り、宿に10時5分。

 

すぐに板を履き替えて、からまつ高速ペアリフトで再び白樺ゲレンデに向かいました。

白樺ゲレンデを続けて2本。

今度は新雪には入らず圧雪バーンを滑ります。ピステンバーンの上に新雪が薄っすらと付いていますので、エッジの食い込みが良くて滑らかで安定した滑りができます。この時点でも何故か人が少ないです。皆、ハンの木コースに向かうのでしょう。

 

2本滑ってから、ハンの木コース沿いに栂の森ゲレンデに向かいました。

時々降雪が激しくなるときがありますが、徐々に上空の雲が薄れる気配があります。

ハンの木コース最上部のハンの木高速ペアリフト沿いを滑っていると、11時半ごろに雲に切れ間に青空が覗き日差しがこぼれました。

11時31分、ハンの木高速ペアリフト。

2019-01-26_1131_ハンの木高速ペアリフト・青空_IMG_6801_s.JPG

この辺りでは、昨夜は風が強かったと見えて、木々の枝にほとんど雪が付いていません。下部のゲレンデの木々に積もった雪とは大違いです。

 

この晴れ間もつかの間で、すぐに再び雪降が始まりました。リフトに乗っても滑っていても、体の前面に雪が付くような比較的大ぶりの雪片です。これは、宿に帰ってヘルメットを脱いだときに気がついたことですが、滑っていて風を受けているヘルメットの前部には雪が付いていないのに、ヘルメットの後部のゴーグルのベルトを止めている辺りに真っ白く雪が付いていました。

小型のバックパックのあちこちの隙間にも雪が入り込んでいました。背部にも雪が付くような雪でした。

 

12時半を過ぎて、昼食はどうしようかと考え始めた頃には、太ももの筋肉痛が激しくなっていました。今朝は朝一から結構激しく動いたので、疲れが出てきた感じもあります。

ハンの木高速ペアリフトから横目で見るジャッキーズキッチンを出入りする人の姿を見ると、ここも人出で混み合っている様子です。

今日は、このぐらいで滑りを終了し、エスポワールみさわに帰り、そこで昼食を取ることにしました。

 

12時45分、宿に帰りました。

部屋に戻り、着替えてラウンジで昼食です。以前はゲレンデに面したダイニングルームで昼の間のレストラン営業が行われていたのですが、今はラウンジでのお昼のレストラン営業に変わりました。

13時15分、ラウンジでソースカツ丼。

2019-01-26_1315_エスポワールみさわのラウンジでソースカツ丼_IMG_6802_s.JPG

歯ざわりがカリッと肉がふんわり、甘辛ソースで美味しい。スープ付きです。

食後にコーヒー。

 

部屋に帰ってから、筋肉痛がひどくなりました。

早めにお風呂に入り解すことにしました。

その後は、布団を敷いて横になったらぐっすり寝込んでしまい、17時30分からの夕食開始の案内放送で目を覚ましました。2時間近く寝ていたようです。

 

17時30分から夕食です。普通なら夕食の開始は18時なのですが、今日は宿泊者数が多く2回に分けての夕食です。私は早い方の回に入りました。

私の夕食。宿泊者によって献立は違っています。

2019-01-26_1737_夕食_IMG_6804_s.JPG

最後に〆の笊蕎麦があります。

今晩もご飯はごくごく控えめにして、完食しました。

 

夕食のとき、このエスポワールみさわに同宿したことで知り合いになったNさんと顔を合わせ挨拶しました。Nさんは今シーズンはシーズン券を買われ今回で3回目とのこと。

 

そして食後はラウンジでコーヒー。

2019-01-26_1807_コーヒー_IMG_6805_s.JPG

今日2杯目。普段家での生活では4〜5杯が普通なので、貴重な一杯。

 

天気予報によると明日の午後から天気が回復するようです。昨日と今日は思い切り滑り筋肉痛がひどいこともあるので、明日の朝はゆっくりして出発も遅くし、のんびり滑りたいと思います。

 

JUGEMテーマ:スキー&スノボー

| スキー | 20:02 | comments(0) | - |