KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 2019年4月18日、爽やかな程良い風、セーリングで沖島往復 | main | 2019年4月20日の花、モッコウバラ、ヤエザクラ、ツタバウンラン、ハナミズキ、ペラルゴニューム、コデマリ、キリシマツツジ、ボタン、ツツジ、ドウダンツツジ、シジミバナ、ウワミズザクラ、ヤマブキ、イチハツ、オオデマリ、ジャーマンアイリス、ハナズオウ >>
TurboSquid.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Lotus Elan S2"

2019年4月19日(金曜日)。TurboSquid.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Lotus Elan S2"を、"PoseRay"でデータ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

TurboSquid_Lotus_Elan_S2_ts.jpg

TurboSquid.comのデータのダウンロードでは、複数のフォーマットの3Dデータが提供されている場合には、任意のフォーマットを指定してダウンロード出来ます。

このデータでは、max、3ds、fbx、objの4種類が提供されていました。私がデータ変換に使うソフトはフリーソフトの"PoseRay"ですが、これで読めるのはこの4種類のフォーマットの内、3dsとobjの2種類です。

 

まず3dsフォーマットデータをダウンロードしました。ダウンロードファイル名は"Lotus_Elan_S2_3DS.rar"、そのファイルサイズは7.02MBでした。

これをアンパックして出来た3dsフォーマットデータを"PoseRay"で読み込みました。

読み込み時のエラーなどはありませんでしたが、最初のプレビュー画面を見ると、次のように車体のパーツがバラバラです。

preview_Lotus_Elan_S2_3ds_1st_パーツバラバラ_s.jpg

各パーツの位置を移動させて車体をまとめ上げる修正が出来ないこともありませんが、結構な手間がかかります。

 

そこで、もう一つのobjフォーマットのデータをダウンロードしてみました。このダウンロードファイル名は"Lotus_Elan_S2_OBJ.rar"、そのファイルサイズが17.0MB。

アンパックして出来たobjフォーマットデータを"PoseRay"で読み込みました。

その最初のプレビュー画面。

preview_Lotus_Elan_S2_obj_1st_s.jpg

読み込み時のエラーなどはありません。形状的には全く問題なく、モデリングは詳細です。

ただ、複数のマッピング用の画像データが同梱されているのに、データのmaterialには何も指定がなく、プレビュー画面で見たように全体がグレー一色です。

 

3dsデータとobjデータの修正作業量を比較して、比較的手間がかからないobjフォーマットデータの方を使うことにしました。

 

materialに関しては、全て手作業で自分の好みと"POV-Ray"へデータを持ち込む際に無難な指定に修正しました。

 

また、パーツに関してはライセンスプレートがモデリングされていませんでしたので、手持ちのパーツから使い回すことにしました。

License_Lotus_Elan_S2_OBJ_s.jpg

 

これらの修正・追加の作業を終え、表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

preview_Lotus_Elan_S2_obj_last_s.jpg

これを"POV-Ray"へエクスポートし、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Lotus Elan S2
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。

その画像。

Lotus_Elan_S2_OBJ_e1_POV_scene_w560h224q10.jpg

ここでのグリッドは、0.5unit=0.5mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化し、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"Lotus Elan S2"を、"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込むことができる様になりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 14:38 | comments(0) | - |