KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< Archive3D.netからダウンロードした花の3Dモデリングデータ、"Arc flowers klematis N120319" | main | 2019年5月5日、藻川の鯉のぼり >>
TurboSquid.comからダウンロードした自転車の3Dモデリングデータ、"Road bike by RokReef"

2019年5月4日(土曜日、みどりの日)。TurboSquid.comからダウンロードした自転車の3Dモデリングデータ、"Road bike by RokReef"を、"PoseRay"と"Metasequoia"で加工し、"PoseRay"でデータ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

TurboSquid_Road_bike_by_RokReef_ts.jpg

今回提供されているデータは、objフォーマットデータが1個だけです。mtlもマッピング用の画像ファイルも一切付属していません。

そのobjフォーマットデータ(cycle2.obj)はパックもされておらず、素のままでした。ファイルサイズは10.2MB。

 

"PoseRay"で読み込みました。

最初のプレビュー画面。

preview_Road_bike_by_RokReef_obj_1st_s.jpg

読み込み時のエラーなどはありません。

 

groupは全体が一つでパーツに分割されていません。

materialは次のように区分されていました。

Materials_Road_bike_by_RokReef_t.jpg

見ての通り、名称からmaterialを判別出来ませんから、1個ずつ選択して確認しながら、自分流の指定を手作業で行うしかありません。

この13種類の区別で、区別したいmaterialをほぼ網羅していました。

ただ、タイヤとスポークの一部が、同じmaterialになっていましたので、この部分だけ"Metasequoia"で切り出し前輪のタイヤ、後輪のタイヤ、スポークに分割しました。

 

また、materialの指定に関して、次のテクスチャ画像ファイルをマッピング用に使いました。

フレームにマッピング。

2018-04-28_1005_kurematisu_IMG_0395.JPG

1年ほど前に自分で撮影したクレマチスの花の写真を加工したものです。

 

タイヤにマッピング。手持ちの他の自転車のデータで使われていたもの。

fiber.jpg

 

これらの加工・修正の作業を終えて、表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

preview_Road_bike_by_RokReef_obj_last_s.jpg

これを"POV-Ray"へエクスポートし、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Road bike by RokReef
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。

その画像。

Road_bike_by_RokReef_TurboSquid_e2_POV_scene_Scaled_w560h420q10.jpg

ここでのグリッドは、0.5unit=0.5mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"Road bike by RokReef"を"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込むことが出来るようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 21:56 | comments(0) | - |