KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 2019年6月25日の花、ムクゲ、ピンクノウゼンカズラ、ジョウリョクヤマボウシ | main | 2019年6月28日の花、ハマボウ、キキョウ、キンシバイ、サフランモドキ、タチアオイ、ノアサガオ、ダリア、アーティチョーク、パンドレア、エキナセア、ハイビスカス、ヒャクジツコウ >>
TurboSquid.comからダウンロードした花の3Dモデリングデータ、"Hibiscus by orii"

2019年6月26日(水曜日)。TurboSquid.comからダウンロードした花の3Dモデリングデータ、"Hibiscus by orii"を、"Metasequoia"と"PoseRay"で加工・データ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

TurboSquid_Hibiscus_by_orii_ts.jpg

TurboSquid.comでのデータのダウンロードに際しては、複数のデータフォーマットがある場合には、それぞれを選択してダウンロードする様になっています。今回は次の通り。

TurboSquid_Hibiscus_by_orii_Download_ts.jpg

私のアプリ環境で使えるのは、この内objとfbxです。最初に、最もデータ汎用性のあるobjフォーマットデータをダウンロードしました。

アンパックするとobjフォーマットデータとマッピング用の各種画像データが生成されました。そのobjフォーマットデータを"PoseRay"で読み込みました。

その最初のプレビュー画面。

preview_Hibiscus_obj_1st_s.jpg

読み込み時にエラーなどはありません。

しかし、materialの指定は全く使い物になりません。ポリゴングループは、各鉢ごとにシベ、花弁、葉、枝幹などに細かく分割されているのですが、materialに関しては、三つの鉢のハイビスカス全てが一つのmaterialに纏まっていて、マッピングの指定もUV情報もまるで存在しません。

これを使えるようにするのは、かなり大変な作業が必要です。

 

そこで、もう一つのfbxフォーマットデータをダウンロードしてみました。

fbxフォーマットデータは"PoseRay"では読み込めませんので、まず"Metasequoia"で読み込み、"PoseRay"で読み込み可能なobjフォーマットに変換します。

"Metasequoia"でfbxフォーマットデータを読み込んだところ。

Metaseq_Hibiscus_Fbx_to_Obj_s.jpg

こちらも、マッピング用のファイルの指定は欠落していますが、materialはシベ、花弁、葉、枝幹など鉢ごとに細かく分けて指定されています。UV情報も生きているようです。

これなら、objフォーマットでエクスポートし、"PoseRay"でマッピングファイルの指定をすれば使えそうです。

 

"Metasequoia"からobjフォーマットでエクスポートしたデータを"PoseRay"で読み込み、各鉢ごとのハイビスカスのシベ、花弁、葉、枝幹などにマッピング用のファイルを指定しました。

 

この修正作業を終え、表示位置・表示サイズを調整し"POV-Ray"へエクスポートし、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Hibiscus by orii
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。

その画像。

hibiscus_fbx_obj_e3_POV_scene_w560h310q10.jpg

ここでのグリッドは0.05unit=0.05mです。

 

このスケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"Hibiscus by orii"を"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込むことが出来るようになりました。

 

今回は、この後に、色違いの三つのハイビスカスの鉢が、個々にデータとして使えるように、三つのデータファイルに分割しました。

その画像。

hibiscus_fbx_obj_e3_Yellow_w560h420q10.jpg

hibiscus_fbx_obj_e3_Red_w560h420q10.png

hibiscus_fbx_obj_e3_Pink_w560h420q10.jpg

また、鉢の無いハイビスカスだけのデータも汎用性が高いと思われるので、鉢の部分を削除したデータも作成しました。

hibiscus_fbx_obj_e3_Yellow_without_Vase_w560h420q10.jpg

hibiscus_fbx_obj_e3_Red_without_Vase_w560h420q10.jpg

hibiscus_fbx_obj_e3_Pink_without_Vase_w560h420q10.png

これらも全てライブラリ化して保存しました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 23:34 | comments(0) | - |