KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 2019年8月20日の花、フヨウ、サルスベリ、デュランタ、ヤノネボンテンカ、スイフヨウ、ノウゼンカズラ、ムクゲ、ムラサキゴテン | main | 辻堂魁さんの新刊『天満橋まで 風の市兵衛 弐』 >>
"POV-Ray"で作成した3DCG、『夕陽とヨット』

2019年8月23日(金曜日)。昨晩AmazonのPrime Videoで見たドラマの夕陽の海とヨットのシルエットのシーンに刺激されて、"POV-Ray"で『夕陽とヨット』のシーンを構成し、レンダリングしました。

 

《 夕陽とヨット 》

夕陽とヨット

上の画像をクリックすると大サイズ(3840*2160)画像を表示

 

70feetスループと70feetケッチは、2009年〜2011年に掛けて"POV-Ray"で自作したモデルです。

2011年頃までに"POV-Ray"で自作モデリングしたヨットなどの船のデータは、"POV-Ray"内のオブジェクトのサイズは、0.1unit=1feetで作成していました。今にして思うと何でこんな中途半端なスケーリングにしたのかとは思いますが、その理由は最初にモデリングの参考にしたセーリングクルーザーの図面(ヨット関係の書籍や雑誌に載っていたもの)の大きさが、そのくらいの小さなサイズのものだったからです。

現在は、自作の"POV-Ray"モデリングデータも、WEBから貰ってきたデータを"POV-Ray"形式に変換したものも、全てスケーリングを"POV-Ray"での1unitを1mとして統一しています。

 

このシーンで使っているデータの出処は次のとおりです。

《船》
70feetスループ "POV-Ray"で自作
70feetケッチ "POV-Ray"で自作
JetSki MediaFire.com
《人》
若い男 MakeHumanで自作
年取った男 MakeHumanで自作
Man sitting N200514 Archive3D.net
Woman sitting 3 N280614 Archive3D.net
Young people 3D Collection から2人 3DBar.net
《犬》
Braco Italiano dog artist-3d.com
Dog artist-3d.com
Dog 2 Black Free3D.com

これらのデータを、WEB上にフリーで公開された作者とサイトに感謝します。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 21:03 | comments(0) | - |