KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 2019年9月18日の実、ザクロ、ヒメリンゴ | main | 2019年9月19日の花、ノカンゾウ、サフランモドキ、ムクゲ、ヒガンバナの花茎、ペルシャソケイ、アレチヌスビトハギ、ヒネム、ヤノネボンテンカ、キキョウ、ボタンクサギ、ヤマブキ、タマスダレ、マメアサガオ、タイタンビカス、トルコキキョウ、フヨウ >>
CadNav.comからダウンロードした動物の3Dモデリングデータ、"Animated Shetland Pony"

2019年9月18日(水曜日)。CadNav.comからダウンロードした動物の3Dモデリングデータ、"Animated Shetland Pony"を、"Metasequoia"と"PoseRay"でデータ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

CadNav_Animated_Shetland_Pony_ts.jpg

ダウンロードファイル名は"cadnav-1Z916213646.rar"、そのファイルサイズは9.64MB。アンパックして出来た3Dデータのフォーマットはfbx。この他にはマッピング用の画像ファイルが1枚だけ同梱されていました。

 

私の使うデータ変換用のソフト("PoseRay")では、fbxフォーマットは読み込めません。そこで、"Metasequoia"でfbxを読み込み、それをobjフォーマットでエクスポートすることにしました。objフォーマットなら"PoseRay"で読み込めるからです。

 

"Metasequoia"で読み込み、objフォーマットでエクスポートする画面。

metaseq_Animated_Shetland_Pony_fbx_obj_s.jpg

fbxを読み込んだ状態そのままで、objフォーマットでエクスポート。

 

今度はそのobjフォーマットデータを"PoseRay"で読み込み。

そのプレビュー画面。

preview_Animated_Shetland_Pony_fbx_obj_1st_s.jpg

読み込み時に次のエラーが1件。

Material (ShetlandPonyAmberTRS): Map ShetlandPonyAmberTRS.png not found. Use search tool in materials tab.

垂れ下がっているたてがみ部分にマッピング指定されている"ShetlandPonyAmberTRS.png"というファイルが見つからないというエラーです。

馬体部分には"shetlandponyamber.png"というファイルがマッピングされているのですが、この画像ファイルを見ると、たてがみ部分やしっぽの部分のマスク情報の付いた画像も一緒に一つのファイルに書き込まれているのがわかりました。

そこでその"shetlandponyamber.png"をたてがみ部分にマッピング指定してみたところ、次のようになりました。

preview_Animated_Shetland_Pony_fbx_obj_3rd_s.jpg

"PoseRay"ではマスク情報付きのpngやtgaなどの表示が完全ではないので、たてがみの透けるはずの部分がうまく表示されていませんが、エクスポートした"POV-Ray"ファイル上ではマスク部分がうまく表示されることが経験上わかっています。

 

表示位置、表示サイズを調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

preview_Animated_Shetland_Pony_fbx_obj_last_s.jpg

これを"PoseRay"へエクスポートし、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Animated Shetland Pony
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。

その画像。

Animated_Shetland_Pony_fbx_obj_e11_POV_scene_Scaled_w560h420q10.png

ここでのグリッドは、0.5unit=0.5mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化し、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"Animated Shetland Pony"を、"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込むことが出来るようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 17:58 | comments(0) | - |