KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 2019年9月24日の紅葉、ハナミズキ、サクラ、アメリカフウ | main | 2019年9月27日の花、ヒガンバナ、ムクゲ、トケイソウ、ルコウソウ >>
"POV-Ray"で作成した3DCG、『群れ飛ぶアカトンボ』

2019年9月27日(金曜日)。WEBで入手したトンボの3Dモデリングデータを"Metasequoia"で加工して6種の赤トンボを作成し、"PoseRay"で"POV-Ray"形式データに変換しました。

そのデータを使って群れ飛ぶ赤トンボのシーンを構成、レンダリングしました。

 

《 群れ飛ぶアカトンボ 》

群れ飛ぶアカトンボ

上の画像をクリックすると大サイズ(3840*2160)画像を表示

 

今回も赤トンボの元データを始め主要なデータはWEBで公開されたフリーの3Dモデリングデータを"POV-Ray"形式にコンバートして使っています。主要なデータの出処を以下に記します。

《赤トンボ》
Anaciaeschna jaspidea dragonfly を加工して
6種の赤トンボを作成
CadNav.com
《草》
Grass N120319 を加工して
3種の草を作成
Archive3D.net

 

《花草むら》

薄水色の小花、黄色の小花を散りばめた草むらは、grass.inc とgrass.incから呼び出される flowers.incというincludeファイルを使っています。このincludeファイルはネットで入手した『Grass Plugin for POVRay』by Gordon (gbentley@birdcameron.com.au) というものです。しかし、どこからダウンロードしたものか不明です。
 

《草原風テクスチャ》

Rune Skovbo Johansenさんのコード("POV-Ray"のインクルードファイル、"grasstex.inc")を使っています。Rune Skovbo Johansenさんのホームページで公開されています。

 

《山脈》

山脈は、pigment function でパターンを使ってheightfieldを生成しているのですが、そのエッジが自然にwaterlevelに収まるようにコーディングされています。元のコードは、次のところから頂きました。
POV-Ray公式サイトのnewsgroupの次のスレッドです。
POV-Ray: Newsgroups: povray.binaries.images: Mesh vs mesh2

 

これらのデータやコードをフリーで提供された作者とサイトに深く感謝します。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 13:41 | comments(0) | - |