KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • 2019年12月21日、今年最後の琵琶湖でのセーリング
    KOKA (01/17)
  • 2019年12月21日、今年最後の琵琶湖でのセーリング
    Kiwamu Tamura (01/17)
  • "POV-Ray"で作成した3DCG、『大型帆船と尖峰の島』
    KOKA (10/01)
  • "POV-Ray"で作成した3DCG、『大型帆船と尖峰の島』
    udon (10/01)
  • 2019年6月12日の琵琶湖、志賀沖観測塔の撤去を見た
    KOKA (06/18)
  • 2019年6月12日の琵琶湖、志賀沖観測塔の撤去を見た
    TOUSAKU WAKITA (06/16)
  • 2019年2月25日、栂池8日目
    KOKA (02/26)
  • 2019年2月25日、栂池8日目
    udon (02/25)
  • 2019年2月23日、栂池6日目
    KOKA (02/24)
  • 2019年2月23日、栂池6日目
    udon (02/23)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
<< 2019年10月5日の花、スイフヨウ、シオン、アゲラタム、クジャクソウ | main | 2019年10月7日の花、ノアサガオ、ヤノネボンテンカ、セイタカアワダチソウ、ランタナ、フヨウ、シロハギ、フジバカマ、ブルーサルビア、キクイモ、コエビソウ >>
2019年10月5日の琵琶湖は、午前中南東〜南の風で午後は北西〜北〜北東の風

2019年10月5日(土曜日)。琵琶湖でのセーリング。前回が9月6日でしたから、1ヶ月ぶりです。今年は、まだやっと11回目です。6月中旬以降、7月、8月と色々あってこの間1回も乗れなかったのが痛い。

 

今朝の天気予報。

守山市。

2019-10-05_守山市.jpg

高島市。

2019-10-05_高島市.jpg

天気図。

微妙な気圧配置です。

2019-10-05_天気図.jpg

今朝6時54分の志賀ヨットクラブのライブカメラで見た琵琶湖の様子。

2019-10-05_0654_志賀ヨットクラブ_s.jpg

湖上の黒雲からの吹き下ろしの風が見えます。これも微妙な変化を感じさせます。

 

いつもの通りJRで湖西線和邇駅を目指します。JR尼崎駅で新快速に乗り換えるのですが、今日は姫路あたりでの故障車両の点検で20分以上の遅れが出ていて、待ち時間無く丁度やってきた湖西線回りの新快速に飛び乗りました。20分以上遅れていたこともあって尼崎駅で乗車した時には混み合っていましたが、大阪駅で大半が下車したので空席が出来て、ワイフと二人掛けが出来ました。

湖西線堅田駅まで直行。普通に乗り換え。

和邇駅に、9時15分着。

農道沿いに歩いて志賀ヨットクラブへ向かいます。

9時38分、志賀ヨットクラブに到着。

 

クラブハウスにもヤードにも、すでに沢山の人影がありました。4艇が出るようですが、ゲストの乗船が多くその分賑やかになったようです。

 

早々に艇の準備を済ませ、一番で出港することになりました。

10時27分、出港。今日は、白鬚沖往復のセーリングプランです。最終帰港予定時刻は16時。

 

10時30分、出港直後の比良の山並み。

2019-10-05_1030_出港直後の比良の山並み_IMG_0117_s.JPG

10時30分、沖島方向。

2019-10-05_1030_出港直後の沖島方向_IMG_0119_s.JPG

 

風は南東からで非常に弱い。

エリの外に出たところですぐにセールを揚げる作業にかかりました。前回のワンポイントリーフのセットが残っていたので、それを解除しながらメインセールを揚げるのにちょっと手間どりました。ジブは、風が良くなると予想して90%のセルフタッキングジブを選択。

 

10時37分、南東の微風、スタボータックのリーチングで白鬚沖を目指してセーリングを開始。風が非常に弱いので、ワイフと私の二人でリーサイドに寄ってヒールさせながら、ノロノロと進みます。

 

10時47分、セールを揚げて10分、南東の微風、スタボータックのリーチング。

僅かづつ風が良くなってくる気配。

 

11時12分、南南東の風、リーチングで白鬚沖を目指す。

艇速は5〜7km/h。

 

11時30分、コンロで湯を沸かし昼食の準備。

11時35分、昼食。

2019-10-05_1135_昼食_IMG_0127_s.JPG

 

12時、近江舞子沖を少し過ぎたあたりで、風が弱くなってきました。

 

12時14分、南からの風と北西からの風のせめぎ合う風域に入り、風向が360度回ったり、止まったりと翻弄されます。

波も南からと北からの波が混在しています。

 

安曇川尻の南の湖面が黒くなり、風がやってくる様子があります。その黒い帯の所々に白波が覗いています。

今日の琵琶湖周辺の天気予報では北西〜北の風を予想しています。

 

12時25分、北からこの白波を伴う強い風がやって来ることを予想して、メインセールをワンポイントリーフして待つことにしました。

 

12時30分、風が南になったり、急に北になったり、東に回ったりと、定まらず翻弄されます。

 

12時35分、北西風が優位になりました。瞬間のブローは強く、ワンポイントリーフしたのは正解です。

 

12時42分、ワンポイントリーフでの帆走。

風が来るまでは、微風で耐えていたので、メインハリヤードの締め込みが緩いし、レイジージャックのラインの張りが強すぎてメインセールのカーブを崩している、等の粗に気が付いても、風が強まるので調整する手が無い。

 

12時57分、スタボータック(風下側)のブーム前半部に出て、ガンネルに足をかけ、ブームバングを左手で掴んでバランスを取りながらレイジージャックの張りを緩めている時に、ワイフがティラーを握っていたのですが、一気のブローにティラーを引き切れずウェザーヘルムが強まり艇が風上に向かいながらヒールが強まりました。

私は、ブームバングを掴んでバランスを取っていたので、姿勢を崩すことはありませんでしたが、ガンネルが水を被ったので、両足がずぶ濡れになりました。

 

13時2分、ブローの合間にセールを開きコースを少し風下に落として快走。

進行方向正面が伊吹山です。

 

13時5分、ほぼ白鬚沖に届いたようなので、タックして南西に向け帰りのレグに入ります。

 

13時25分、メインセールはワンポイントリーフ、リーチングで快走。

タックしてから艇速は11km/h〜13km/hで快調。

 

13時48分、青柳浜沖で湖岸に近くなったら風が落ち、風向が北に回りました。

 

13時55分、湖面の様子を見回しても強風が戻ってくることはなさそうなので、ワンポイントリーフを解除し、フルメインでの帆走にしました。

14時、湖岸が近くなると、マリンジェットの群れが走り回っているので、ジャイブして岸から離れるように艇を南に向けます。

 

14時12分、北から北東に回った風、ポートタックのリーチングで南ヘ進みます。

 

14時36分、志賀ヨットクラブへ向けてリーチングで帰ります。

 

14時55分、セールを降ろし、機走で帰ります。時々はバッテリーの充電のためにも船外機を高速で回してやらないと。

 

15時8分、帰港直前。

2019-10-05_1508_志賀ヨットクラブ帰港直前_IMG_0160_s.JPG

 

15時12分、入港着桟。

 

続いて最後に入ってきた大型艇には、15人近く乗せていました。クラブハウス周辺のテラスでバーベキューを楽しむグループもあって、今日はとても賑わっていました。

 

艇の後片付けをしてから、クラブハウスでシャワーを浴びてさっぱりしました。風が通って、もう汗をかくことはない涼しさです。

 

16時過ぎになると、再びクラブハウスの人が増えてきました。これから、竹生島を目指すナイトレースが始まるようです。

 

16時25分、クラブを後にしました。

 

和邇駅17時2分発の京都行に乗り、山科で高槻から快速になる姫路行に乗り換え、大阪駅で下車。阪急で塚口まで。

18時50分過ぎに帰宅しました。

 

今日は、過ごし易い快適な秋空で、微風から強風まで色々あって楽しめた一日でした。

 

今日のセーリングの航跡(GPSのデータをGoogle Earth Proで表示)。

GPSのトラッキングデータをGoogle Earthで表示
上の画像をクリックすると大サイズ(1920*1160)画像を表示

 

JUGEMテーマ:マリンスポーツ

| ヨット | 23:55 | comments(0) | - |