KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • 2019年12月21日、今年最後の琵琶湖でのセーリング
    KOKA (01/17)
  • 2019年12月21日、今年最後の琵琶湖でのセーリング
    Kiwamu Tamura (01/17)
  • "POV-Ray"で作成した3DCG、『大型帆船と尖峰の島』
    KOKA (10/01)
  • "POV-Ray"で作成した3DCG、『大型帆船と尖峰の島』
    udon (10/01)
  • 2019年6月12日の琵琶湖、志賀沖観測塔の撤去を見た
    KOKA (06/18)
  • 2019年6月12日の琵琶湖、志賀沖観測塔の撤去を見た
    TOUSAKU WAKITA (06/16)
  • 2019年2月25日、栂池8日目
    KOKA (02/26)
  • 2019年2月25日、栂池8日目
    udon (02/25)
  • 2019年2月23日、栂池6日目
    KOKA (02/24)
  • 2019年2月23日、栂池6日目
    udon (02/23)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
<< "POV-Ray"で作成した3DCG、『隠れ港のある島を通り過ぎる大型帆船』 | main | 2019年10月11日の花、スイフヨウ、ケイトウ、マリーゴールド、ダリア、ハギ、コンロンカ >>
2019年10月9日の琵琶湖は、爽やかな秋空に良い風が吹いて快適セーリング

019年10月9日(水曜日)。琵琶湖でのセーリング。爽やかな季節になったので、チャンスが有れば琵琶湖へ向かおうということで、先週の土曜日にも乗ったところですが、今日も出かけることになりました。

 

今朝の天気予報。

大津市。

2019-10-09_大津市_s.jpg

近江八幡市。今日のセーリングプランを、沖島往復にするつもりなので。

2019-10-09_近江八幡市_s.jpg

志賀ヨットクラブのライブカメラで見た今朝(6時49分)の琵琶湖の様子。朝早くから結構風がある様子です。

2019-10-09_0649_志賀ヨットクラブ_s.jpg

 

いつもの通り、JRで湖西線和邇駅へ向かいます。尼崎駅で湖西線経由の新快速に乗り堅田まで。堅田で普通に乗り換えて和邇駅で下車。

和邇駅から志賀ヨットクラブへは農道沿いを歩いて向かいます。今日はほぼ快晴、風も爽やかで、快適です。

9時32分、喜撰川の土手に咲いていたコスモス。

2019-10-09_0932_喜撰川土手のコスモス_IMG_0198_s.JPG

2019-10-09_0932_喜撰川土手のコスモス_IMG_0200_s.JPG

2019-10-09_0932_喜撰川土手のコスモス_IMG_0202_s.JPG

9時36分、比良の山並みと青空。

2019-10-09_0936_比良の山並み_IMG_0205_s.JPG

 

9時48分、志賀ヨットクラブに到着。今日は私達夫婦だけのようです。沖を見ると北からの風が結構強く、ところどころに白波が見えています。

艇上でセーリングの準備をして、下架してもらいました。

 

10時45分、出港。

掘割から出るとすぐに北東からの大きな波にバウを叩かれます。フルパワーで一気にエリの外へ出ます。

エリ近くのバスボート3艇の動き出す方向が分からないので、沖にしばらく離れてからセールを揚げる作業にかかりました。今日はジブは90%のセルフタッキングジブ、風は強目なのでメインセールはワンポイントリーフにします。

艇を北風に向けて立て、セールを揚げました。ポートタックのクローズホールドで北東方向へセーリングを開始しました。

湖岸に近いので、風の強弱が大きく変化するうえ、風位が北西〜北東に大きく振れます。波は北東からやってきます。朝早くから風が吹き続けているのでかなり大きい波です。波長が短く小型艇はピッチングが大きくて苦労する波です。

 

湖岸から2kmくらい離れた頃から、風が強まり湖岸沿いに比べて風位が少し安定してきました。北〜北東の範囲です。

 

11時42分、北の風、ポートタックのクローズホールドで北東方向へ。

2019-10-09_1142_北からの強風でクローズホールド_IMG_0209_s.JPG

 

12時14分、北の風、ポートタックのクローズホールドで北東方向へ。バウの少し右手に伊吹山が見える。北東からの波にバウを叩かれてピッチングが激しい。

 

風が強く、手が離せないので、今日は昼食は無理かも。

 

12時25分、コースを少し風下に落とし、リーチングで沖島南端方向へ向かう。波と平行に走るのでピッチングが減って楽。

 

12時34分、リーチングで沖島南端へ向かう、右舷方向の波。

2019-10-09_1234_リーチングで沖島南端へ向かう艇の右舷方向を見る_IMG_0228_s.JPG

 

12時36分、沖島南端が近づいたところでタック。リーチングで志賀ヨット方向へ向かいます。

 

12時42分、北北東の風、スタボータックのブロードリーチで志賀ヨットクラブ方向へ。艇速は11km/h〜13km/hで快走。

ブロードリーチで快走。ヒールが減り艇が安定しているので、この間にお握りを半分づつ食べました。

 

沖島と志賀ヨットクラブの中間部に至ったあたりから風が北東から東北東に回りました。

 

湖岸まで2km強の辺りまできましたが、このまま直行すると14時前に帰港することになり時間がもったいないので、しばらくセーリングを続けることにしました。

風は東北東、スタボータックのクローズホールドでほぼ北を目指します。

湖岸に近くなると、山の影響で風が弱まる域があります。

タックして強風域の東に向かいます。

コースを風下に落とし、リーチングで長命寺方向へ向かいます。

 

13時55分、パタリと風が落ちました。見渡すと四方遠方まで風が落ちたようです。まだ波だけは残っています。

行き足が無くなって、大きな波に揺られていても仕方がないので、セールを降ろし機走で帰ることにしました。

その時、右舷方向に大きなオレンジ色のブイがあるのに気が付きました。

撤去された元の志賀沖観測塔のポイントにブイを設置するという話を聞いていましたが、ひょっとしてこれがそうかと思い、機走で回航してみました。

 

14時2分、元の志賀沖観測塔のあったポイントに設置されたブイ。

14時3分、同じくそのブイ。西側から。

2019-10-09_1403_元志賀沖観測塔のポイントに設置されたブイ_IMG_0236_s.JPG

 

後は一直線に志賀ヨットクラブを目指します。

14時25分、右舷後方に見える沖島と伊吹山。ズームで寄せています。

2019-10-09_1425_沖島と伊吹山_IMG_0243_s.JPG

右舷前方に見える比良の山並み。

2019-10-09_1425_比良の山並み_IMG_0240_s.JPG

 

入港直前の湖岸では何故か弱い南南西の風。

14時35分、入港着桟。

 

ヤードでもクラブハウスでも爽やかな秋風があって実に快適。

クラブハウスで、海苔巻きお握りとボイルしたウィンナソーセージでかなり遅めの昼食。

 

上架した艇の上での後片付けも、涼しい風があって作業が楽にはかどります。

その後でシャワーを浴びてさっぱりとしました。

 

16時20分、クラブを後にしました。

 

ギリギリのところで16時45分和邇駅発の京都行に乗れました。

帰宅したのは18時40分。

 

今日のセーリングの軌跡(GPSのデータをGoogle Earth Proで表示)。

GPSのトラッキングデータをGoogle Earthで表示
上の画像をクリックすると大サイズ(1920*1160)画像を表示

 

JUGEMテーマ:マリンスポーツ

| ヨット | 23:40 | comments(0) | - |