KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
<< 2020年1月26日、栂池4日目 | main | 2020年1月28日、栂池6日目 >>
2020年1月27日、栂池5日目

2020年1月27日(月曜日)。昨晩は23時までTVドラマを見ていて就寝したのは23時10分頃。今朝は6時のアラームで起床。寝床の中で、ゆっくり体を動かす目覚めながらのストレッチ。

 

朝食はダイニングルームで7時からです。

7時11分、バイキングなのでたくさんの品数から自分の好きなものを好きなだけ選択できます。

2020_01_27_0711_朝食_IMG_2017_s.JPG

今日は、昨日とほとんど同じような選択で、パン食にしました。

 

7時46分、部屋の窓の外の様子。曇りですが雲底が高く、ゲレンデが上まで見通せます。

2020_01_27_0746_窓の外の景色(積雪)_IMG_2018_s.JPG

 

暫く雪が降っていないので、徐々に雪が減っていますが、ゲレンデは最上部から最下部まで何とか滑って降りられる状態です。

以下は、栂池高原スキー場の公式ホームページの情報です。

ゲレンデ_s.jpg

リフト運行_s.jpg

 

今日は5日目、筋肉痛は無くなったものの、疲れが出てきているころなので、朝食後横になって体を休めてからゆっくり出かけることにしました。

8時から9時20分頃までうたた寝。

 

9時半から出かける準備。厚い雲に覆われた曇りで気温も昨日と比べて低めなので、ウェアの下に薄手のダウンベストを着ることにしました。

 

10時にゲレンデに出ました。

からまつ高速ペアリフトで白樺ゲレンデに向かいます。

今日の1本目は白樺ゲレンデ。

 

10時22分、白樺ゲレンデ最上部から見下ろしたところ。

2020_01_27_1022_白樺ゲレンデ最上部から_IMG_2019_s.JPG

リフト降り場すぐ横(北側)にはゴンドラリフトの塔があります。

2020_01_27_1023_白樺ゲレンデ最上部からゴンドラを見上げる_IMG_2021_s.JPG

白樺ゲレンデの雪質は大粒のザラメのある硬めのバーンで、滑りは良いです。ほとんど人影がないので、全面自由にコースを選べます。ツルツルのアイスバーンのところもあるので、板がバタつかないようにしっかり抑えて滑る必要があります。

雪の広場直前の最下部で、林道がチャンピオンゲレンデへ向かいコースを横切る部分では、ところどころ地面が露出しそうになっているので減速して躱さないと、板を痛めそうです。

 

この後、再度白樺クワッドリフトで登り直し、林道経由でハンの木ゲレンデへ向かいます。昨日(日曜日)は、ハンの木第1クワッドリフトが動いていたのでハンの木ゲレンデの移動が楽だったのですが。

 

林道でハンの木ゲレンデに出て、ハンの木第3クワッドリフトとハンの木高速ペアリフトで栂の森ゲレンデに向かいます。

今日は、栂の森ゲレンデと御殿場コースとハンの木高速ペアリフト沿いを繋いで滑ることにします。

 

11時24分、つが第2ペアリフトから見上げた栂の森ゲレンデ。

2020_01_27_1124_栂の森ゲレンデを見上げる_IMG_2022_s.JPG

つが第2ペアリフト。

2020_01_27_1125_つが第2ペアリフト_IMG_2023_s.JPG

 

厚い雲に覆われた暗めの曇り空なのですが、雲底が高いので北アルプスの稜線が綺麗に見通せます。

11時51分、鹿島槍ケ岳。

2020_01_27_1151_鹿島槍ケ岳_IMG_2024_s.JPG

11時52分、唐松岳。

2020_01_27_1152_唐松岳_IMG_2027_s.JPG

11時52分、杓子岳(右)、白馬鑓ヶ岳(右)。

2020_01_27_1152_杓子岳・白馬鑓ヶ岳_IMG_2028_s.JPG

11時52分、白馬岳。

2020_01_27_1152_白馬岳_IMG_2029_s.JPG

 

13時30分、トイレ休憩でジャッキーズキッチンへ。ほぼ満席なのでトイレを借りただけ。3分の2は外人さん。

 

ハンの木ゲレンデを下って丸山ゲレンデに向かいました。リフトに乗りながら、時々ミニ板チョコを食べてエネルギー補給していたのですが、今日はかなり攻めて滑り続けたので、お腹が減ってきました。

そこで、レストエデンに入ってなにか食べることにしました。

 

選択肢は狭く、またまた中華麺になりました。

13時45分、レスとエデンの醤油チャーシュー麺。

2020_01_27_1345_レストエデン・醤油チャーシュー麺_IMG_2032_s.JPG

20分間ほどの昼食休憩で、丸山ゲレンデへ。

丸山ゲレンデは、昨日同様まあまあ滑りやすい条件です。

 

14時27分、丸山第1クワッドリフトから見た丸山ゲレンデ。

2020_01_27_1427_丸山ゲレンデ_IMG_2033_s.JPG

14時27分、リフトの左前(南西方向)からの風が強まってきました。

2020_01_27_1427_丸山ゲレンデ・南西の風が出てきた_IMG_2035_s.JPG

滑るのには追い風になるので、問題ありません。

 

14時31分、丸山ゲレンデを見下ろした様子。

2020_01_27_1431_丸山ゲレンデ最上部から_IMG_2036_s.JPG

14時31分、振り返って見ると沢コースの南隣の尾根の向こうに杓子岳と白馬鑓ヶ岳が見えます。

2020_01_27_1431_丸山ゲレンデ最上部から杓子岳と白馬鑓ヶ岳_IMG_2038_s.JPG

この方向から吹き下ろす風が強まってきました。

 

この後2本滑って、最後はゲレンデの反対側からハンの木ゲレンデ下部に出てからまつゲレンデを下って、宿に向かいます。

ハンの木ゲレンデ最下部には、小さな流れがコースを横切る溝の部分が現れていたり、地面が見えていたりで、広くてフラットな雪面の滑りが良いので気を抜いているとトラップに掛かりますので注意が必要です。

 

15時25分、宿に帰り着きました。

今日はやっぱりちょっと疲れたので、早めに風呂に入って、体を休めます。

16時から風呂。

風呂の後、すぐ横になってうたた寝、1時間半。午前にも1時間20分うたた寝していますから、良く寝ています。よく食べて、良く動いて程よく疲れ、良く食べる。

明日からの後半の5日間は、体調がスキー向けに良くなる気がします。

 

 

18時30分からダイニングルームで夕食。

18時36分、夕食。

2020-01-27_1836_夕食_IMG_2040_s.JPG

この他に、追っかけて蜆の味噌汁が来ました。

すき焼きのアップ。

2020-01-27_1837_夕食・すき焼き_IMG_2041_s.JPG

デザート。

2020-01-27_1837_夕食・デザート_IMG_2042_s.JPG

最後に締めのミニ笊蕎麦も。

 

野菜サラダ以外は、完食。

 

食後、ラウンジでコーヒー。駄弁っていて時間が立ったので、コーヒーをもう一杯。

 

21時現在、チラチラと雪が舞っています。今の降り方では積もるような感じではないけれど。

明日の小谷村の天気予報。

小谷村明日の天気・週間天気_ts.jpg

しっかり降ってくれると良いのですが。

 

JUGEMテーマ:スキー&スノボー

| スキー | 21:39 | comments(0) | - |