KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
<< 2020年2月12日の花、ウメ、スイセン、マンサク、カンヒザクラ蕾、ソラマメ、ヒヤシンス | main | 2020年2月13日の花、ムスカリ、サザンカ、ウメ、ロウバイ、ボケ、ツバキ >>
ShareCG.comからダウンロードした木の3Dモデリングデータ、"Snowy Pine"に、もっと雪を積もらせる

2020年2月12日(水曜日)。5年ほど前にShareCG.comからダウンロードして、何度か"POV-Ray"に取り込んで使っている3Dモデリングデータ"Snowy Pine"を、"Metasequoia"を使って加工してみました。

ダウンロードページのキャプチャ画面。

ShareCG_Snowy_Pine_ts.jpg

"Snowy Pine"という名前の通り、雪のついたマツ科の常緑樹のモデリングデータなのですが、これにもっとしっかり雪を積もらせたいのです。

 

先日、"Metasequoia"のヘルプをあちこち覗いていて、「ボクせロイド」という機能を見つけました。これを使って、枝の上にふんわりと載った雪のデータを作れるのではないかと思い、試行錯誤してみました。そして、ほぼ希望していた雰囲気の雪が出来たように思います。

 

次のような手順です。

 

まず、"Snowy Pine"のデータを、"PoseRay"で読み込みます。

その最初のプレビュー画面。

preview_Snowy_Pine_obj_1st_s.jpg

これを幹・枝の部分と、葉の部分に分けます。欲しいのは葉の部分です。

Groupsタブを開いてみると、上手い具合に幹・枝部分と葉の部分が別れていました。

幹枝部分のプレビュー画面。

preview_枝幹_s.jpg

葉の部分のプレビュー画面。

preview_針葉_s.jpg

この葉(針葉)の部分だけをobjフォーマットで保存しました。

このデータを、"Metasequoia"で加工して、葉の上に載った雪を作成しようというわけです。

 

"Metasequoia"でこの葉のデータを読み込みます。

Metaseq_Needle_s.jpg

 

"Metasequoia"のメニューから「ボクセイロイド」を選択。

次のボクせロイド用ウィンドウが開きます。

ボクせロイド.jpg

ここで気が付きましたが、幹・枝と葉を事前に分離する必要は無く、ここでボクせロイドの対象オブジェクトが選択できるのでした。

Needle(針葉)だけなので、「OK」をクリック。次の画面に変わります。

ボクせロイド_1_最初.jpg

 

上部の「拡張/収縮」のパラメータは、幅=2、近傍=6で「拡張」をクリック。次の画面に。

ボクせロイド_2_幅2_近傍6_拡張.jpg

 

下のパラメータ、変換方法=三角形で再編成、削減率(%)=10.0、で「プレビュー」クリック。

ボクせロイド_3_出力_三角形で再構成_削減率10%_プレビュー.jpg

この過程を何度か繰り返して、この辺りで良かろうと、「出力」クリック。

 

この「出力」で、"Metasequoia"の編集画面に、「ボクせロイド」加工後のデータが表示されます。

ボクせロイド_4_出力_s.jpg

 

三角形で構成した面が荒くて少し角々して見えるので、丸くするために、「Catmull-Clark曲面」を適用。

ボクせロイド_4_出力_Catmull-Clark曲面_s.jpg

これを、objフォーマットで雪のデータとして保存。

 

この雪のデータを、"PoseRay"で元の"Snowy Pine"データとマージします。

雪の部分が、枝の上に載った感じになるように、僅かに上(Y軸)プラス方向へ移動。

その最終プレビュー画面。

preview_Snowy_Pine_obj_last_s.jpg

これを"POV-Ray"へエクスポート、"POV-Ray v3.7"でレンダリング。

その画像。

Snowy Pine
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。

その画像。

Snowy_Pine_e2_POV_scene_w560h793_scaled.jpg

ここでのグリッドは、1unit=1mです。

このスケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この新しい"Snowy Pine"を、"POV-Ray"の部品としていつでもシーンに組み込む事が出来るようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 23:33 | comments(0) | - |