KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • 午後のお茶
    KOKA (09/22)
  • 午後のお茶
    dietman (09/21)
  • Free3D.comからダウンロードした自転車の3Dモデリングデータ、"Road Bike by bananasbooty"
    KOKA (08/23)
  • Free3D.comからダウンロードした自転車の3Dモデリングデータ、"Road Bike by bananasbooty"
    林 伯芳 (08/21)
  • 2月24日からの栂池高原スキー場行を中止
    KOKA (02/18)
  • 2月24日からの栂池高原スキー場行を中止
    udon (02/17)
  • 2020年2月8日のメジロ
    KOKA (02/08)
  • 2020年2月8日のメジロ
    udon (02/08)
  • 2020年2月6日の実、ピラカンサ
    udon (02/07)
  • 2020年2月6日の実、ピラカンサ
    KOKA (02/07)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
<< 2020年5月25日の花、スイセンノウ、タチアオイ、ビヨウヤナギ、バイカウツギ、アマリリス、ツリガネソウ、クジャクサボテン | main | 2020年5月27日の花、キンシバイ、ツルバラ、サルビア・ガラニチカ、ウツギ、セイヨウイボタノキ、カシワバアジサイ、ブラシノキ、チリアヤメ、ジャカランダ、パンドレア、フェイジョア、ザクロ、シモツケ、タイサンボク、ヤマボウシ、ムラサキゴテン、アジサイ >>
CadNav.comからダウンロードした魚の3Dモデリングデータ、"White Grunt Fish Animated"

2020年5月25日(月曜日)。CadNav.comからダウンロードした魚の3Dモデリングデータ、"White Grunt Fish Animated"を、"Metasequoia"と"PoseRay"で加工・データ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

CadNav_White_Grunt_Fish_Animated_ts.jpg

ダウンロードファイル名は"cadnav-200523134631.rar"、そのファイルサイズは1.33MB。アンパックして出来た3Dデータのフォーマットはfbxです。

 

fbxフォーマットデータを"Metasequoia"でobjフォーマットに変換し、そのobjフォーマットデータを"PoseRay"で"POV-Ray"フォーマットに変換するという手順で作業します。

 

fbxフォーマットデータを"Metasequoia"で読み込んだところ。

Metaseq_white_grunt_fbx_obj_s.jpg

このまま、objフォーマットでエクスポート。

そのobjフォーマットデータを"PoseRay"で読み込み。

その最初のプレビュー画面。

preview_white_grunt_fbx_obj_1st_s.jpg

マッピング用のカラー画像とノーマルマップ用の画像が同梱されていましたので、そのファイルを夫々指定しました。

preview_white_grunt_fbx_obj_2nd_Mapping_s.jpg

変に角張った所があるので、滑らかにするために"subdivide"でポリゴンを細かく分割しました。

 

表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

preview_white_grunt_fbx_obj_last_s.jpg

これを"POVRay"へエクスポートし、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

White Grunt Fish Animated
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。

その画像。

White_Grunt_fbx_obj_e3_Scaled_w560h420q10.jpg

ここでのグリッドは、0.05unit=0.05mです。

 

因みに、このデータはfbxフォーマットで、タイトルにAnimatedとありましたので、"Metasequoia"でデータ構造をチェックしてみたところ、使えるボーン構造が含まれていました。

こんな感じで"Metasequoia"で使えます。

Metaseq_white_grunt_fbx_bone_ts.jpg

胴体半ばから尾にかけて4段階で左右に曲げることが出来ますし、胸鰭も左右に広げられ、口も上下に開くことができます。

「変形を適用」して、objフォーマットでエクスポートし、そのobjフォーマットデータを"PoseRay"で"POV-Ray"にエクスポートすることが出来ます。

次の2つは、尾を左右に振ったものを"POV-Ray"で出力した画像です。

White_Grunt_fbx_obj_e3_Left_w560h420q10.jpg

White_Grunt_fbx_obj_e3_Right_w560h420q10.jpg

 

これらの尾を振ったデータもスケール合わせを行いました。

その3種のスケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルを、夫々includeファイル化し、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"White Grunt Fish Animated"3種を、"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込むことが出きるようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 16:19 | comments(0) | - |