KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
<< 1972年5月26日、立山スキー行2日目(雷鳥荘〜雷鳥沢〜劔御前小屋・往復) | main | 1972年5月28日、立山スキー行4日目(雷鳥荘〜雷鳥沢〜剱沢〜剱澤小屋・往復) >>
1972年5月27日、立山スキー行3日目(雨、雷鳥荘で沈殿)

(注:2020年の新型コロナウィルスに関わる自粛で自宅に籠もっている間、30〜50年ほど前のネガ・紙焼きの写真をスキャンしたものを修復加工し、古い山日記のデータと合わせて手直し、ブログ化)

 

1972年5月27日(土曜日)。昨夜遅くから雨の音がしてかなり強い風が吹いていたが、今朝は雨は小降りになり空はすこし明るくなってきた。だが、ガスが掛かって視界は非常に悪い。

7時に朝食。時々雨がみぞれになる。今日は一日中だめだと思う。

 

午前中も霧雨が続き、ガスで視界は無し。

部屋は、2名増えて男4人の相部屋。

 

16時半頃、風呂に入る。ここの風呂は下の地獄谷から引いてくる温泉。最高に気持ち良い。

 

夕方にやっとガスが薄くなり、室堂乗越が見える。奥大日岳の上部、立山はガスに隠れている。相変わらず霧雨が続く。

 

17時半から夕食。一日中、体を動かしていないので食欲があまりない。

 

明日の好天を期待して、早めに就寝。

 

JUGEMテーマ:スキー&スノボー

| スキー | 23:59 | comments(0) | - |