KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
<< 1972年5月29日、立山スキー行5日目(一ノ越〜御山谷〜東一ノ越〜タンボ平〜黒部平駅) | main | 1973年3月16日、栂池スキー行1日目(大阪から栂池へ) >>
1972年5月30日、立山スキー行6日目(雷鳥荘〜大阪)

(注:2020年の新型コロナウィルスに関わる自粛で自宅に籠もっている間、30〜50年ほど前のネガ・紙焼きの写真をスキャンしたものを修復加工し、古い山日記のデータと合わせて手直し、ブログ化)

 

1972年5月30日(火曜日)。下山の日だが、朝からものすごい風と雨。横殴りの風雨が斜面を這い上ってくる感じだ。

とても外に出られる天気ではない。この分だと今日の下山は無理かもしれない。

7時30分、朝食。

暫く様子を見る。

小屋の人が、下山客をバスターミナルまで送ってくれることになったようだ。

1回目は9時出発とのこと。皆で一緒に下るらしい。私の下山予定日は明日だけれど、この天気では無駄に一日を潰すことになるので、予定を早めて一緒に下ることにする。同室の人も同様に下山日を繰り上げて下ることにしたようだ。

雨具は、学生時代のポンチョしか持って来なかったので、小屋で新品のセパレートタイプの完全防水のものを買う。濡れることを覚悟してスキーウエアに上下の雨具を着込んだ。足元は登山靴。スキー靴は大型ザックに入れ、スキーは剥き出しで担いで出発。風雨がひどく、ターミナルまでたっぷり40分掛かった。

雨具を脱ぎ乾いた服に着替えて、バスに乗る。

 

お昼に富山に着き、「特急雷鳥」に乗り、夕刻には帰阪。

 

JUGEMテーマ:スキー&スノボー

| スキー | 23:59 | comments(0) | - |