KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
<< 1973年3月16日、栂池スキー行1日目(大阪から栂池へ) | main | 1973年3月18日、栂池スキー行3日目 >>
1973年3月17日、栂池スキー行2日目

(注:2020年の新型コロナウィルスに関わる自粛で自宅に籠もっている間、30〜50年ほど前のネガ・紙焼きの写真をスキャンしたものを修復加工し、古い山日記のデータと合わせて手直し、ブログ化)

 

1973年3月17日(土曜日)。朝9時前に「しらびそ館」に到着。1部屋使えるとのことで安心。
天気は快晴。すぐに滑りに出る。

宿のすぐ前のからまつリフトに乗り、白樺リフト、ぶなリフト、しゃくなげリフトと乗り継いで栂の森へ向かう。

 

からまつリフト。

からまつリフト
上の画像をクリックすると大サイズ(1920*1227)画像を表示

 

からまつリフトから白樺リフトに乗り継ぎ。


白樺リフトからぶなリフトへの乗り継ぎ。

白樺リフトからぶなリフトへの乗り継ぎ
上の画像をクリックすると大サイズ(1202*1920)画像を表示


ぶなリフト。

ぶなリフト
上の画像をクリックすると大サイズ(1202*1920)画像を表示


ぶなリフト、馬の背コースの真上を横切る。

ぶなリフト、馬の背コースの真上を横切る
上の画像をクリックすると大サイズ(1205*1920)画像を表示

 

ぶなリフトからしゃくなげリフトに乗り継ぎ、馬の背コースの最上部へ。

馬の背コース最上部から見た白馬乗鞍岳。

馬の背コース最上部から見た白馬乗鞍岳
上の画像をクリックすると大サイズ(1920*1199)画像を表示

 

しゃくなげリフトの降り場から、稜線を馬の背コースの反対側(西側)へ少し下ると栂の森ゲレンデの最上部。

栂の森ゲレンデ最上部での私、後ろ(東〜北東)に妙高から戸隠の山並み。

栂の森ゲレンデ最上部での私、後ろに妙高から戸隠の山並み
上の画像をクリックすると大サイズ(1920*1181)画像を表示

 

栂の森ゲレンデは、晴天なのでそれなりに混み合っていた。

午前中に馬の背コースを1本。

 

再び、白樺リフト、ぶなリフト、しゃくなげリフトで登り直し、栂の森ゲレンデを滑る。

昼食を栂の森山荘でと覗いてみたが、余りの混み様にパス。昼時間を少し過ぎてから鐘の鳴る丘ゲレンデ下の「グリル栂池」で食べることにした。

 

午後は混み合ってきた栂の森を避け、ハンの木コースを下り、鐘の鳴る丘ゲレンデを滑ることにする。

栂の森ゲレンデからハンの木コースへ。

栂の森ゲレンデからハンの木コースへ
上の画像をクリックすると大サイズ(1920*1212)画像を表示

 

ハンの木コース上部。

ハンの木コース上部
上の画像をクリックすると大サイズ(1212*1920)画像を表示

 

ハンの木コース中間部から下部を。

ハンの木コース中間部から下部を
上の画像をクリックすると大サイズ(1920*1212)画像を表示

 

鐘の鳴る丘ゲレンデ最上部での私、後ろに白樺ゲレンデ下部、その向こうにチャンピオンゲレンデ。

注:これを見るとリフトの配置が現在:2020年とはまるで違うことが分かる

鐘の鳴る丘ゲレンデ最上部での私、後ろに白樺ゲレンデ下部、その向こうにチャンピオンゲレンデ
上の画像をクリックすると大サイズ(1215*1920)画像を表示

 

午後の鐘の鳴る丘ゲレンデは、比較的空いていた。快晴で風もなく穏やかな天気なので、皆が栂の森ゲレンデを目指したのだろう。

空いているリフトを選びながら、何回も回す。

13時半過ぎ、「グリル栂池」で昼食。人気の店らしく、午後のこの時間でも空席は殆どなかった。ここでは人気のボルシチを食べた。
 

16時半に宿へ帰った。

 

JUGEMテーマ:スキー&スノボー

| スキー | 23:59 | comments(0) | - |