KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
<< Animium.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Volkswagen Beetle Baja Bug" | main | 2020年8月1日の花、キンカン、ノウゼンカズラ、ピンクノウゼンカズラ、ムクゲ、フヨウ、タカサゴユリ、タイタンビカス、ハイビスカス、スパイダーリリー、パッションフルーツ、アメリカデイゴ、タマスダレ、ヤブラン、ヤノネボンテンカ >>
Animium.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Nissan Skyline"

2020年7月31日(金曜日)。Animium.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Nissan Skyline"を、"PoseRay"で加工・データ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

Animium_Nissan_Skyline_ts.jpg

ダウンロードファイル名は"Nissan_skyline.rar"、そのファイルサイズは3.31MB。アンパックして出来た3Dデータのフォーマットは、maxとobjの2種類。私のアプリ環境で使えるのはobjフォーマットの方です。

 

そのobjフォーマットデータを"PoseRay"で読み込みました。

その最初のプレビュー画面では、画面上に何も現れません。

materialを確認すると、ほとんど全てのmaterialのTranslucencyの値が最高値の100になっていて、透明で見えない状態になっていました。

このTranslucencyの値を0(ゼロ)に変更した後のプレビュー画面。

preview_Nissan_Skyline_Animium_obj_1st_s.jpg

大きな矩形の中に、小さな箱があるだけで、自動車は見えません。この矩形と箱はそれぞれgroupとして特定できましたので、これを削除してみました。

すると、小さな点状の物体があることだけが分かりました。プレビュー画面の中央に大きく見えるように、Previewタブ内にある[Re-center camera]機能を使ったところ、プレビュー画面が次のようになりました。

preview_Nissan_Skyline_Animium_obj_2nd_s.jpg

やっと"Nissan Skyline"の本体が見えました。

形状的には、問題はないようです。

 

ただ、モデリングされているライセンスプレートにマッピングするつもりで準備したライセンスプレートの画像ファイルがUSスタイルなので、右ハンドルを左ハンドルに変更することにしました。

モデリングされていた原データから、次のgroupを抜き出し、左右を反転させました。

ハンドルのある部分のgroup。

preview_Mercedes_Benz_C350_Animium_RightHandle_s.jpg

エアインテークのあるボンネット部。

preview_Mercedes_Benz_C350_Animium_Bonnet_Airintake_s.jpg

これらを"PoseRay"のGroupタブ内にあるTransform機能を使い、x軸に対し-1倍するという操作で左右を反転させました。

 

ライセンスプレートは、次のように前部・後部とそれぞれ別のgroupとしてモデリングされていました。

preview_Nissan_Skyline_Animium_obj_License_s.jpg

これに対し、次の画像ファイルをマッピングしました。

1999_vg-Texas_Waku.jpg

 

これらの修正を行い、表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

preview_Nissan_Skyline_Animium_obj_last_s.jpg

これを"POV-Ray"へエクスポートし、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Nissan Skyline
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。

その画像。

Nissan_Skyline_Animium_e3_POV_scene_Scaled_w560h280q10.jpg

ここでのグリッドは、0.5unit=0.5mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化し、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"Nissan Skyline"を、"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込むことが出来るようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 17:00 | comments(0) | - |