KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • 午後のお茶
    KOKA (09/22)
  • 午後のお茶
    dietman (09/21)
  • Free3D.comからダウンロードした自転車の3Dモデリングデータ、"Road Bike by bananasbooty"
    KOKA (08/23)
  • Free3D.comからダウンロードした自転車の3Dモデリングデータ、"Road Bike by bananasbooty"
    林 伯芳 (08/21)
  • 2月24日からの栂池高原スキー場行を中止
    KOKA (02/18)
  • 2月24日からの栂池高原スキー場行を中止
    udon (02/17)
  • 2020年2月8日のメジロ
    KOKA (02/08)
  • 2020年2月8日のメジロ
    udon (02/08)
  • 2020年2月6日の実、ピラカンサ
    udon (02/07)
  • 2020年2月6日の実、ピラカンサ
    KOKA (02/07)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
<< 2020年8月1日の実、クチナシ、クリ、サンゴジュ、ヒョウタン | main | Animium.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Volkswagen Scirocco" >>
Free3D.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"SCION FRS 2013"

2020年8月3日(月曜日)。Free3D.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"SCION FRS 2013"を、"PoseRay"で加工・データ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

実はこのデータは5年以上前に一度扱っていて、すでに"POV-Ray"のプライベートなオブジェクトライブラリに保存しています。ただ、若干気に入らない部分があって手直ししたいなと思っていたのですが、たまたま他のデータをダウンロードした際に、このデータを見かけたので、これを機会に再びダウンロードして手を加えることにしました。

 

5年前に、このデータをダウンロードした頃には、このFree3D.comはTF3DM.comと称していました。

その5年前の"SCION FRS 2013"に関するブログは次のとおりです。

参照:2015年4月22日『TF3DM.comから入手した自動車の3Dモデリングデータ、"SCION FR-S 2013" | KOKAのつぶやき』。

 

今回のFree3D.comのダウンロードページのキャプチャ画像。

Free3D_SCION_FRS_2013_ts.jpg

ダウンロードファイル名は"SCI_FRS_13_HD.rar"、そのファイルサイズは4.74MB。アンパックして出来た3Dデータのフォーマットはobj。

ダウンロードしたファイル名も、アンパックして出来たすべてのファイルも、寸分違わず5年前のものと同じでした。

 

5年前にブログにアップした時には、あまり気にしていなかったのですが、内装部にマッピングされていた画像ファイルと、それを"POV-Ray"でレンダリングした時の画像の具合に問題があったことに気が付きました。

インテリア部分(ダッシュボード、ステアリンホイール、シートなどを含めた全て)にマッピングされていたのは次の画像です。

Windowsのエクスプローラの表示を特大アイコンにしたところをキャプチャした画像。

Free3D_SCION_FRS_2013_File_List_ts.jpg

左上の画像がそれです。この様に表示してみると、この画像には透過情報が含まれていて、ベース部分がほとんど透けているのが分かります。

5年前のレンダリング画像の内装がが見える部分をトリミングしてみたところ、こんな具合になっています。

SCI_FRS_13_HD_e2_Interior_Trans_ts.jpg

ダッシュボードもステアリンホイールもシートも、薄っすらと影のようになってしまって、それと分かって見なければ見つからないほどです。

 

今回は、このインテリア部分にマッピングする画像ファイルを、透過情報を持たないjpgファイルに変換して適用しました。

 

それと、もう一つ修正したい部分は、車輪です。

元のモデリングでは、ホイールのセッティングがハの字状のネガティブキャンバーになっていて、車高もギリギリまで下げられています。これでは、一般道を走るのは大変でしょうということで、ホイールのセッティングを若干ノーマルな状態に近づけたいと思います。

元のセッティング。

preview_SCION_FRS_2013_Wheels_original_s.jpg

このデータでは、各ホイールがそれぞれ独立したgroupに分けられていましたので、"PoseRay"の機能内でその角度を変更することが出来ます。

次のように手直ししました。

preview_SCION_FRS_2013_Wheels_normal_s.jpg

 

元データには、ライセンスプレートは付けられていなかったので、次の手持ちのオブジェクトを使いまわしました。

preview_SCION_FRS_2013_License_s.jpg

 

車高を5cmほど上げました。

 

これらの修正・追加の作業を終え、表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

preview_SCION_FRS_2013_obj_e4_last_s.jpg

これを、"POV-Ray"へエクスポートし、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

SCION FRS 2013
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。

スケール合わせの画像。

SCI_FRS_13_HD_e4_POV_scene_Scaled_w560h280q10.jpg

ここでのグリッドは、0.5unit=0.5mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化し、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"SCION FRS 2013"を、"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込むことが出来るようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 18:38 | comments(0) | - |