KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • 午後のお茶
    KOKA (09/22)
  • 午後のお茶
    dietman (09/21)
  • Free3D.comからダウンロードした自転車の3Dモデリングデータ、"Road Bike by bananasbooty"
    KOKA (08/23)
  • Free3D.comからダウンロードした自転車の3Dモデリングデータ、"Road Bike by bananasbooty"
    林 伯芳 (08/21)
  • 2月24日からの栂池高原スキー場行を中止
    KOKA (02/18)
  • 2月24日からの栂池高原スキー場行を中止
    udon (02/17)
  • 2020年2月8日のメジロ
    KOKA (02/08)
  • 2020年2月8日のメジロ
    udon (02/08)
  • 2020年2月6日の実、ピラカンサ
    udon (02/07)
  • 2020年2月6日の実、ピラカンサ
    KOKA (02/07)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
<< 上田秀人さんの新刊『勘定侍 柳生真剣勝負〈二〉 始動』 | main | Animium.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Jeep Cherokee" >>
Archive3D.netからダウンロードしたトレイラーの3Dモデリングデータ、"Trailer N030820"

2020年8月11日(火曜日)。Archive3D.netからダウンロードしたトレイラーの3Dモデリングデータ、"Trailer N030820"を、"PoseRay"と"Metasequoia"で加工し、"PoseRay"でデータ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

Archive3D_Trailer_N030820_ts.jpg

ダウンロードファイル名は"b3281ed65e3f308c600435a60d1d77ec.zip"、そのファイルサイズは23.5MB。アンパックして出来た3Dデータのフォーマットは、このページの案内にあるgsmと3dsとmaxの他にobjを加えた4種。ただ、私のアプリ環境で使えるのは、この内3dsとobjです。

 

両方とも"PoseRay"で試し読みしてみました。

まず3dsを読み込みました。

最初のプレビュー画面。

preview_Trailer_N030820_3ds_1st_s.jpg

読み込み時に次の様なワーニングが5件。

Material (white_st): Exteded ASCII characters in metalwhi.png. Click on Fix Names on output options
Material (standart_metal): Exteded ASCII characters in MGalva01.png. Click on Fix Names on output options
Material (st_blue): Exteded ASCII characters in Arch_Blu.png. Click on Fix Names on output options
Material (black_st): Exteded ASCII characters in metalbla.png. Click on Fix Names on output options
Material (st_wood): Exteded ASCII characters in Wood sml.png. Click on Fix Names on output options

ファイル名に拡張ascii文字が含まれているというワーニングですが、これらは無視して問題ありません。

 

次に、objフォーマットデータを読み込みました。

エラーもなく読み込みましたが、プレビューには何も表示されません。ポリゴンは読み込んでいてgroupも存在しているのですが、プレビュー画面では何も見えません。materialをチェックしてみると、全てのmaterialのPigmentのTranslucencyが最高値の100に設定されていて透明になっているので見えないのでした。マッピングの指定も全くされていない状態です。

 

修正の手間を考えれば、3dsフォーマットデータを選ぶのがベターです。

3dsフォーマットデータを相手に作業を続けることにしました。

 

形状的な問題は認められないので、materialの値を私好みに少々手直ししました。

ただ、ランディングギア(レッグ)の各部のmaterialについては、どうしても変更修正したいと思います。

元のランディングギア。

Stand_Wheel_Old_s.jpg

全てが一つのmaterialになっていて、同じマッピングファイルが適用されています。

これを、脚部分、ハンドル部分、リム部分、タイヤ部分に色分けがしたいのです。

"PoseRay"の機能の範囲内では、これを4つのgroupに分けることは出来ません。

そこで、ポリゴンを自在に操作できる"Metasequoia"を使って、脚部分、ハンドル部分、リム部分、タイヤ部分に分割し、それぞれをobjフォーマットで保存し、"PoseRay"で夫々にmaterialの指定を行いました。

脚部。

Stand_Main_s.jpg

ハンドル部。

Stand_Handle_s.jpg

リム部。

Stand_Rim_s.jpg

タイヤ部。

Stand_Tyre_s.jpg

これらを1つにマージしたところ。

Stand_Wheel_New_s.jpg

 

この修正を終え、表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

preview_Trailer_N030820_3ds_last_s.jpg

これを"POV-Ray"へエクスポートし、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Trailer N030820
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。

その画像。

Trailer_N030820_e2_Stand_POV_scene_w560h224q10.jpg

ここでのグリッドは、0.5unit=0.5mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化し、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"Trailer N030820"を、"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込むことが出来るようになりました。

 

上のレンダリング画像を見れば分かりますが、これはランディングギア(レッグ)を下げた非牽引(据え置き)時の姿です。

そこで、ランディングギアを上げて、牽引車両に繋いだ(走行)状態の姿も作成しました。

その画像。

Trailer_N030820_e2_Run_w560h420q10.jpg

これも、スケール合わせして、ライブラリ化しました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 23:27 | comments(0) | - |