KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • 午後のお茶
    KOKA (09/22)
  • 午後のお茶
    dietman (09/21)
  • Free3D.comからダウンロードした自転車の3Dモデリングデータ、"Road Bike by bananasbooty"
    KOKA (08/23)
  • Free3D.comからダウンロードした自転車の3Dモデリングデータ、"Road Bike by bananasbooty"
    林 伯芳 (08/21)
  • 2月24日からの栂池高原スキー場行を中止
    KOKA (02/18)
  • 2月24日からの栂池高原スキー場行を中止
    udon (02/17)
  • 2020年2月8日のメジロ
    KOKA (02/08)
  • 2020年2月8日のメジロ
    udon (02/08)
  • 2020年2月6日の実、ピラカンサ
    udon (02/07)
  • 2020年2月6日の実、ピラカンサ
    KOKA (02/07)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
<< 2020年8月21日の花、ムクゲ、ノウゼンカズラ、ブルースター、ヤノネボンテンカ、ピンクノウゼンカズラ、フヨウ、オクラ、ノシラン、サルスベリ、スイフヨウ、キョウチクトウ | main | 2020年8月23日の花、ウコン、サルスベリ、ケイトウ、タイタンビカス、ヒマワリ、ルリマツリ >>
DMI-3d.netからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Mazda 6 MPS"

2020年8月21日(金曜日)。DMI-3d.netからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Mazda 6 MPS"を、"PoseRay"でデータ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

私が自動車のフリーの3Dモデリングデータを入手するのに最初に訪れたサイトがこのDMI-3d.netでした。2014年頃のことです。以来、このサイトで提供されているデータで私のアプリ環境で使える3Dフォーマットのものから、私の興味を引くものはほとんど全てダウンロードし、"PoseRay"などを使って"POV-Ray"フォーマットに変換して使ってきました。

ところが、2018年11月の"Jeep Grand Cherokee Trackhawk"を最後に、今回の"Mazda 6 MPS"までの21ヶ月間、新しい3Dモデリングデータがアップロードされることがありませんでした。

なので、この"Mazda 6 MPS"がアップロードされたことに気が付いた時、ちょっとした驚きと嬉しさを感じました。

 

その新データが追加されたことを示す、トップページのキャプチャ画像。

DMI-3d_Last_Added_ts.jpg

2018年11月の"Jeep Grand Cherokee Trackhawk"に関するブログ記事、『DMI-3d.netからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Jeep Grand Cherokee Trackhawk" | KOKAのつぶやき』。

 

今度の"Mazda 6 MPS"のダウンロードページのキャプチャ画像。

DMI-3d_Mazda_6_MPS_ts.jpg

このサイトで複数の3Dフォーマットのデータが提供される時には、lwoフォーマットを選択することにしています。私の場合"PoseRay"というフリーのデータ変換用のツールを使うのですが、これで"POV-Ray"に持ち込む時には、このサイトではlwoを選択した場合に最も無難に変換できるようなのです(私の経験では)。

 

今回もlwoフォーマットデータを選択しました。

ダウンロードファイル名は"mazda_6_mps.rar"、そのファイルサイズは2.70MB。アンパックして出来たのはlwoフォーマットデータと複数のマッピング用テクスチャ画像ファイル。lwoフォーマットデータ"Mazda 6 MPS.lwo"のファイルサイズは11.8MB。かなり大きなデータです。

 

"PoseRay"で読み込みました。

preview_Mazda_6_MPS_lwo_1st_s.jpg

読み込み時のエラーなどはありません。一見したところ形状的にもmaterialの指定などにも乱れは見られません。外内装ともに綺麗でかなり精度の高いモデリングです。

ほとんど手直しする部分はありませんが、ブレーキのディスク部に、次の手持ちのテクスチャ画像をマッピングしました。

brake.png

また、ライセンスプレートは、前後部ともにモデリングされていましたが、これには次の画像をマッピングしました。

unnamed.jpg

 

これらの修正の後、表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

preview_Mazda_6_MPS_lwo_e5_last_s.jpg

これを"POV-Ray"へエクスポートし、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Mazda 6 MPS
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。

その画像。

Mazda_6_MPS_e5_POV_scene_Scaled_w560h279q10.jpg

ここでのグリッドは、0.5unit=0.5mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化し、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"Mazda 6 MPS"を、"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込むことが出来るようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 16:37 | comments(0) | - |