KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • 午後のお茶
    KOKA (09/22)
  • 午後のお茶
    dietman (09/21)
  • Free3D.comからダウンロードした自転車の3Dモデリングデータ、"Road Bike by bananasbooty"
    KOKA (08/23)
  • Free3D.comからダウンロードした自転車の3Dモデリングデータ、"Road Bike by bananasbooty"
    林 伯芳 (08/21)
  • 2月24日からの栂池高原スキー場行を中止
    KOKA (02/18)
  • 2月24日からの栂池高原スキー場行を中止
    udon (02/17)
  • 2020年2月8日のメジロ
    KOKA (02/08)
  • 2020年2月8日のメジロ
    udon (02/08)
  • 2020年2月6日の実、ピラカンサ
    udon (02/07)
  • 2020年2月6日の実、ピラカンサ
    KOKA (02/07)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
<< "POV-Ray"で作成した3DCG、『木造の建物の並ぶ通りと赤いオープンカー』 | main | 2020年9月8日の花、ギボウシ、セイヨウニンジンボク、タマスダレ、ウコン、パッションフルーツ、ノカンゾウ >>
TurboSquid.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"2011 Toyota Prius Liberty Walk"

2020年9月7日(月曜日)。TurboSquid.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"2011 Toyota Prius Liberty Walk"を、"PoseRay"で加工・データ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

TurboSquid_2011_Toyota_Prius_Liberty_Walk_ts.jpg

TurboSquid.comでは、複数の3Dフォーマットがある場合、希望のものを選択してダウンロードできます。

その選択用のファイルリスト。

TurboSquid_2011_Toyota_Prius_Liberty_Walk_FileList_ts.jpg

この内から、"Toyota Prius LBW.obj"と、マッピング用のテクスチャ画像ファイルと思われる"Toyota Prius LBW texture.rar"をダウンロードしました。"Toyota Prius LBW texture.rar"をアンパックすると23個の画像ファイルが生成されました。

 

"Yoyota Prius LBW.obj"を"PoseRay"で読み込みました。

その最初のプレビュー画面。

preview_2011_Toyota_Prius_Liberty_Walk_obj_1st_s.jpg

読み込み時のエラーなどはありません。一見したところ形状的にも問題は無さそうです。objファイルのサイズが32.8MBもありましたから、ポリゴンの数が多くて解像度は高いだろうと予想していましたが、そのとおりの精細な形状です。

 

一見して気になる部分を見つけました。ホイール部分に次のようなデータがありました。

preview_2011_Toyota_Prius_Liberty_Walk_Blur_s.jpg

走行中にリム・ハブ部が回転しているように見せるためのブラーもどきのオブジェクトです。私はこれは使わないので、削除しました。

 

マッピング用のテクスチャ画像が23個もあるのに、materialのPigmentではマッピングの指定がなされていません。テクスチャ画像とそのファイル名を見比べながら、相当と思われる組み合わせを見つけて試行錯誤でマッピング指定を行いました。

 

その作業を続けている中で、ボンネット先端とブート部にあるロゴ部分がモデリングされていなくて、穴が空いた状態であるのに気が付きました。

preview_2011_Toyota_Prius_Liberty_Walk_logo_Empty_s.jpg

これはまずいので、ここにロゴを組み込むことにしました。

同梱のテクスチャ画像には次のようにロゴ画像が含まれています。

preview_Toyota_Prius_LBW_e1_prius_Logo_ts.jpg

これを使うために、手持ちの他のTOYOTAの車種のデータから、ロゴ部分を切り出してオブジェクト化していたものを使い回すことにしました。

マッピングを施したそのロゴ部。

preview_2011_Toyota_Prius_Liberty_Walk_logo_s.jpg

これを本体のデータにマージします。サイズ合わせと位置合わせは、"PoseRay"のGroupタブ内のTransformの機能を使って可能です。

 

これらの修正・加工の後に、表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

preview_2011_Toyota_Prius_Liberty_Walk_obj_last_s.jpg

これを"POV-Ray"へエクスポートし、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

2011 Toyota Prius Liberty Walk
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。

その画像。

Toyota_Prius_LBW_e2_POV_scene_Scaled_w560h280q10.jpg

ここでのグリッドは、0.5unit=0.5mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化し、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"2011 Toyota Prius Liberty Walk"を、"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込むことが出来るようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 22:48 | comments(0) | - |