KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • 午後のお茶
    KOKA (09/22)
  • 午後のお茶
    dietman (09/21)
  • Free3D.comからダウンロードした自転車の3Dモデリングデータ、"Road Bike by bananasbooty"
    KOKA (08/23)
  • Free3D.comからダウンロードした自転車の3Dモデリングデータ、"Road Bike by bananasbooty"
    林 伯芳 (08/21)
  • 2月24日からの栂池高原スキー場行を中止
    KOKA (02/18)
  • 2月24日からの栂池高原スキー場行を中止
    udon (02/17)
  • 2020年2月8日のメジロ
    KOKA (02/08)
  • 2020年2月8日のメジロ
    udon (02/08)
  • 2020年2月6日の実、ピラカンサ
    udon (02/07)
  • 2020年2月6日の実、ピラカンサ
    KOKA (02/07)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
<< 2020年10月16日の花、ルエリア、キンモクセイ、セイタカアワダチソウ、ハツユキソウ、トラディスカンティア・シラモンタナ、クジャクソウ | main | Amazonプライムデ−の割引に惹かれて「ルンバ」を買った >>
TurboSquid.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Vektor by TSYRIK_ALEKSEY"

2020年10月16日(金曜日)。TurboSquid.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Vektor by TSYRIK_ALEKSEY"を、"Metasequoia"と"PoseRay"で加工・データ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

このデータも、昨日(2020年10月15日)アップした記事(TurboSquid.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Mantabirostris by TSYRIK_ALEKSEY" | KOKAのつぶやき)の自動車と同じモデリング作者(TSYRIK_ALEKSEYさん)の作られたものです。やはり、独自のデザインのものなのでしょう。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

TurboSquid_Vektor_by_TSYRIK_ALEKSEY_ts.jpg

ダウンロードファイル名は"Vektor.rar"、そのファイルサイズは31.1MB。アンパックして出来た3Dデータのフォーマットはobjのみ。その"Vektor.obj"のファイルサイズは83.6MBと、結構大きなデータです。

 

"Vektor.obj"を"PoseRay"で読み込みました。

その最初のプレビュー画面。

preview_Vektor_by_TSYRIK_ALEKSEY_obj_1st_s.jpg

読み込み時のエラーなどはありません。一見したところ形状的な問題はなさそうです。

ただ、ちょっと目にもわかるように、タイヤのマッピングにおかしな点が見受けられます。

 

タイヤ部だけ表示。

preview_Vektor_by_TSYRIK_ALEKSEY_obj_Tyre_s.jpg

materialで指定されているマッピング用のテクスチャ画像ファイルと見比べると、向きは正しく貼り付けられていますが、繰り返しの回数が1回であることが原因のようで、これを"PoseRay"のUVマッピング指定の機能の中にあるscaleを使って繰り返しの回数を5回にしてみたら、納まりが良くなりました。

preview_Vektor_by_TSYRIK_ALEKSEY_obj_Tyre_Fixed_s.jpg

これでOKか?と思ったら、右サイドに問題を発見。

preview_Vektor_by_TSYRIK_ALEKSEY_obj_Tyre_Right_Reverse_s.jpg

右側の前輪・後輪に張り付いた画像が左右反転しています。左右の前・後輪と後部の予備タイヤの5本が一体のmaterial指定になっているので、"PoseRay"の機能内では右側の前・後輪だけを取り扱うことが出来ません。

仕方がないので、"Metasequoia"で右側の前・後輪とその他の3輪とを切り離して2つのgroupとしました。

その上で、"PoseRay"で右側の前・後輪のマッピングを左右反転させて修正しました。

 

また、ライセンスプレートに関するmaterialの指定は、その部分だけ切り出すと次のようになっていました。

preview_Vektor_by_TSYRIK_ALEKSEY_obj_License_s.jpg

何故か、ライセンスプレートのマッピング用テクスチャ画像ファイルが、前後のライセンスプレートだけでなく内装の天井部にもマッピングされていました。

これも、"Metasequoia"を使って、前後のライセンスプレート部と天井部を切り離し、天井部には他の内装部に合わせたmaterial指定を施し、ついでにライセンスプレート部には別のライセンス画像ファイルをマッピングしました。

そのライセンスプレート部。

preview_Vektor_by_TSYRIK_ALEKSEY_obj_License_Fix_s.jpg

 

これらの修正の作業を終え、表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

preview_Vektor_by_TSYRIK_ALEKSEY_obj_last_s.jpg

これを"POV-Ray"へエクスポートし、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Vektor by TSYRIK_ALEKSEY
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。この車は、TurboSquid.comにデータをアップされた"TSYRIK_ALEKSEY"さんが独自にデザインされたもののようなので、車のdimensionが分かりません。形状的な連想からJeep Wranglerのサイズを参考にして試行錯誤でスケール合わせを行いました。

その画像。

Vektor_by_TSYRIK_ALEKSEY_obj_e3_POV_scene_Scaled_w560h336q10.jpg

ここでのグリッドは、0.5unit=0.5mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化し、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"Vektor by TSYRIK_ALEKSEY"を、"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込むことが出来るようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 16:47 | comments(0) | - |