KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • ShareCGからダウンロードした複葉機の3Dデータを、PoseRayでデータ変換しPOV-Rayでレンダリング
    KOKA (11/11)
  • ShareCGからダウンロードした複葉機の3Dデータを、PoseRayでデータ変換しPOV-Rayでレンダリング
    Tsukuda yutaka (11/07)
  • "POV-Ray"で作成した3DCG、『雪山とシャレー その2』
    KOKA (08/24)
  • "POV-Ray"で作成した3DCG、『雪山とシャレー その2』
    佃 豊  (08/24)
  • 稲刈り用コンバインとパラソルのアンバランス
    KOKA (07/20)
  • 稲刈り用コンバインとパラソルのアンバランス
    xboss (07/19)
  • 2018年2月22日、栂池10日目
    KOKA (02/23)
  • 2018年2月22日、栂池10日目
    udon (02/22)
  • 2018年2月20日、栂池8日目
    KOKA (02/21)
  • 2018年2月20日、栂池8日目
    udon (02/20)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< Bishop3D beta が、version 1.0.3.0に | main | マリントイレの不具合 >>
稲刈り用コンバインとパラソルのアンバランス
昨日(2008年9月13日)、琵琶湖へセーリングに出かけましたが、その時農道からコンバインで稲刈りが始まる様子をデジカメで写しました。

コンバインで稲刈り
現場でこのコンバインを見た時、何処かアンバランスな感じを受けました。良く見ると、コンバインの運転席の上の日除けの傘が、メカニカルなコンバインのデザインとちぐはぐな感じがするのです。

今日、デジカメ写真の整理をしながら、もう一度この写真を画像処理ソフトで開いて見ていました。最近は、撮影時は全て最大解像度(1200万画素)で写しています。ですから、パソコン上でこの画像を開いて見ると、撮影時には遠目で気が付かなかった詳細までが画像には写っていて、思わぬ発見をすることが度々あります。今日も、面白いものを見つけてしまいました(^_^)。

画像を見るとこのコンバインは、「クボタのSKUROAD R1」というシリーズの機種だと言うことが分かります。しかし、WEBで検索した同種のコンバインには、こんな風変わりな日除けの傘がセットされているようなものは見当たりませんでした。

そこで、その画像の傘の部分を等倍にまで大きくして観察したところ、傘の一部にこんな文字が書かれているのに気が付きました。
傘の文字列
これを90度右に回転してみると、こんな具合です。
MICHIKO LONDON KOSHINO
"MICHIKO LONDON KOSHINO"と読めます。これは国際的に著名な日本の女性デザイナーのブランドではありませんか。

このクボタのコンバインのオプションに、"MICHIKO LONDON KOSHINO" ブランドのパラソルが在るのでしょうか。どう見ても無骨なコンバインと比べ、色使いと言いデザインと言いちょっと可愛げなこのパラソルは、アンバランスな気がするのですが。

この運転席のおじさんのアイデアなのかも知れませんね。このパラソルは、ビーチパラソルかなんかで、それを運転席に取り付けたら日除けになって快適だからと言う発想なのではないでしょうか。

JUGEMテーマ:日記・一般
| つぶやき | 18:19 | comments(2) | trackbacks(0) |
xboss さん、コメントを頂きありがとうございます。
それにしても、10年も前のこんな「つぶやき」を良く見つけられましたね。そのことが驚きです。
| KOKA | 2018/07/20 9:36 PM |
昭和48年に私がコーモリ傘より大きな日除けとして海水浴場のパラソルをクボタHX550に設置しました。その翌年から純正部品として2,5000円位で売り出しました。私のはパラソル2,500円鉄工所で取付金具1,000円で作りました、その後爆発的に広がりました。ちなみにその時位より早期栽培で8月15日位の稲刈で全国的に徳島県の南部地方では暑くて仕事になりませんでした。結局自動車のワイパーのような物ですね現在はエアコン付きが多くなり部品としてはありませんがコンバインは1,000万円を超えます。農地を1ha売却しても購入できない機械となりました。
| xboss | 2018/07/19 1:15 AM |









http://koka60.jugem.jp/trackback/813