KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
<< 2008年11月8日の感動(新パソコンの 64bit OS と 64bit アプリに感動) | main | 葛根湯を飲んだけれど >>
「ピラカンサ」が「ペガカンサ」に
先日(11月3日)の記事『 KOKAのつぶやき | 「ホルト」が「ホルン」に 』と同類のネタですが、こんな可笑しな「うろ覚え」(~_~;)。

ワイフとの朝の散歩の途中で見かけた花や木の名前を当て合うのですが、こんな間違いもありました。

ピラカンサの実
小さな実がぎっしりと零れ落ちそうなほど小枝に付いて重たげです。
ワイフが、「言わないで、当てるから」、「ペガカンサでしょ」。
残念「ピラカンサ」です。

「カンサ」は経理の「監査」との連想で覚えていたのですが、「ピラ」が出てこなかったのだそうです。

同じような間違いが、続けてもう一つ。
ツワブキ
ワイフの答え「カラブキ」。連発で、可笑しな「うろ覚え」が出てきますね。
惜しいですね、「蕗」までは正解なのに。でも「カラブキ」では、雑巾がけになってしまうでしょう(~_~;)。

ツワブキの名は、「艶のある葉のフキ」→「艶葉蕗(ツヤバブキ)」→「ツワブキ」となったらしい。この話をしていたら、もうちょっと覚えやすかったかも。

| 笑い話 | 16:07 | comments(0) | trackbacks(0) |









トラックバック機能は終了しました。