KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
FOLLOW me on
KOKA1946をフォローしましょう
LINKS
『KOKA@尼崎通信』へ 『KOKAのCG』へ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    KOKA (07/13)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    KOKA (07/13)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    卜部 (07/13)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    Asforham (07/13)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    KOKA (07/12)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    Asforham (07/12)
  • 2017年4月5日の琵琶湖は、桜はまだですがすっかり春
    KOKA (04/06)
  • 2017年4月5日の琵琶湖は、桜はまだですがすっかり春
    雄琴のSHINE (04/06)
  • 2017年3月24日の花、ハクモクレン、ヤグルマギク、アセビ、ツバキ、キルタンサス、シロレンギョウ、レンギョウ、ラッパスイセン、オカメザクラ、スミレ、ジンチョウゲ、クロッカス、ジャノメエリカ、ノボリフジ、コブシ
    KOKA (03/26)
  • 2017年3月24日の花、ハクモクレン、ヤグルマギク、アセビ、ツバキ、キルタンサス、シロレンギョウ、レンギョウ、ラッパスイセン、オカメザクラ、スミレ、ジンチョウゲ、クロッカス、ジャノメエリカ、ノボリフジ、コブシ
    KOKA (03/26)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
WEBで入手した自動車の3Dモデリングデータ、"Ford Super Duty F250"の3台

2017年7月14日(金曜日)。WEBで入手した自動車の3Dモデリングデータ、"Ford Super Duty F250"の3台分のデータを"PoseRay"でデータ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

昨日、Free3D.comで"Ford F250"のデータを見付けました。それを"POV-Ray"で使うための作業を始めながら、過去数年のダウンロードした3Dモデリングデータを保存しているフォルダーを確認したところ、同じ"Ford F250"が別に2件あることに気が付きました。3年前の2014年3月に、Animium.comDMI-3d.netの2箇所からダウンロードしたものです。

この3台が、皆同じ車種("Ford Super Duty F250"の2代目)なのでまとめて作業することにしました。

 

Free3D.comのダウンロードページのキャプチャ画像。

Free3D_Ford_F250_ts.jpg

このモデリングデータには、ライセンスプレートがありませんでしたから、手持ちの部品化したライセンスプレートのデータをマージして使いました。また、タイヤはトレッドパターンがモデリングされていず「坊主」状態なので、手持ちのトレッドパターン画像ファイルをマッピングしました。

それを"PoseRay"で"POV-Ray"にエクスポートしてレンダリングしました。

その画像。

Ford F250 from Free3D.com
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

次は、Animium.comのダウンロードページのキャプチャ画像。

Animium_Ford_F250_ts.jpg

こちらのタイヤはトレッドパターンがモデリングされています。ライセンスプレートはモデリングされていないので、前と同等手持ちのライセンスプレートデータをマージしました。

それを"PoseRay"から"POV-Ray"へエクスポートしてレンダリングしました。

その画像。

Ford F250 from Animium.com
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

3台目のDMI-3d.netのダウンロードページのキャプチャ画像。

DMI-3d_Ford_F250_Regular_ts.jpg

このタイヤものっぺら坊状態でしたから手持ちのトレッドパターン画像ファイルをマッピングしました。そしてライセンスプレートも手持ちの部品化したオブジェクトをマージして使いました。

修正追加したデータを"PoseRay"から"POV-Ray"へエクスポートしてレンダリング。

その画像。

Ford F250 Regular from DMI-3d.net
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

これら3台のエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるように夫々スケール合わせを行いました。そしてスケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化してプライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。

これで、この3台の"Ford Super Duty F250"を、夫々、"Ford_F250_Free3D"、"Ford_F250_Animium"、"Ford_F250_DMI3d"として"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込む事が出来るようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 16:52 | comments(0) | - |
2017年7月13日の花、シコンノボタン、ピンクノウゼンカズラ、グラジオラス、サルスベリ、デュランタ、ミニヒマワリ、バウヒニア、ツユクサ、ボタンクサギ、ヤマブキ、キキョウ、マンデビラ、シモクレン、オニユリ、クレマチス、キョウチクトウ

2017年7月13日(木曜日)。朝の散歩で見かけた花、シコンノボタン、ピンクノウゼンカズラ、グラジオラス、サルスベリ、デュランタ、ミニヒマワリ、バウヒニア、ツユクサ、ボタンクサギ、ヤマブキ、キキョウ、マンデビラ、シモクレン、オニユリ、クレマチス、キョウチクトウ。

 

≪ シコンノボタン ≫

2017-07-13_0754_シコンノボタン_IMG_1191_s.JPG

 

≪ ピンクノウゼンカズラ ≫

2017-07-13_0754_ピンクノウゼンカズラ_IMG_1192_s.JPG

 

≪ グラジオラス ≫

2017-07-13_0755_グラジオラス_IMG_1194_s.JPG

 

≪ サルスベリ ≫

2017-07-13_0755_サルスベリ_IMG_1193_s.JPG

 

≪ デュランタ ≫

2017-07-13_0803_デュランタ_IMG_1197_s.JPG

 

≪ ミニヒマワリ ≫

2017-07-13_0807_ミニヒマワリ_IMG_1201_s.JPG

 

≪ バウヒニア ≫

2017-07-13_0812_バウヒニア_IMG_1204_s.JPG

 

≪ ツユクサ ≫

2017-07-13_0826_ツユクサ_IMG_1205_s.JPG

 

≪ ボタンクサギ ≫

2017-07-13_0826_ボタンクサギ_IMG_1208_s.JPG

 

≪ ヤマブキ ≫

2017-07-13_0828_ヤマブキ_IMG_1209_s.JPG

 

≪ キキョウ ≫

2017-07-13_0833_キキョウ_IMG_1210_s.JPG

 

≪ マンデビラ ≫

2017-07-13_0835_マンデビラ_IMG_1212_s.JPG

2017-07-13_0835_マンデビラ_IMG_1211_s.JPG

 

≪ シモクレン ≫

2017-07-13_0836_シモクレン_IMG_1213_ts.JPG

返り咲きです。

 

≪ オニユリ ≫

2017-07-13_0838_オニユリ_IMG_1215_s.JPG

 

≪ クレマチス ≫

2017-07-13_0838_クレマチス_IMG_1214_s.JPG

 

≪ キョウチクトウ ≫

2017-07-13_0839_キョウチクトウ_IMG_1218_s.JPG

 

JUGEMテーマ:

| | 12:19 | comments(0) | - |
2017年7月12日の花、ハマボウ、サルスベリ、ヤマブキ、ムクゲ、ランタナ、キバナノコギリソウ、カンナ、ポーチュラカ、ユリ、ルエリア

2017年7月12日(水曜日)。昼前の散歩で見かけた花、ハマボウ、サルスベリ、ヤマブキ、ムクゲ、ランタナ、キバナノコギリソウ、カンナ、ポーチュラカ、ユリ、ルエリア。

 

≪ ハマボウ ≫

2017-07-12_1037_ハマボウ_IMG_1175_ts.JPG

 

≪ サルスベリ ≫

2017-07-12_1044_サルスベリ_IMG_1176_ts.JPG

 

≪ ヤマブキ ≫

2017-07-12_1045_ヤマブキ_IMG_1177_s.JPG

 

≪ ムクゲ ≫

2017-07-12_1052_ムクゲ_IMG_1180_s.JPG

 

≪ ランタナ ≫

2017-07-12_1055_ランタナ_IMG_1182_s.JPG

 

≪ キバナノコギリソウ ≫

2017-07-12_1057_キバナノコギリソウ_IMG_1184_s.JPG

 

≪ カンナ ≫

2017-07-12_1059_カンナ_IMG_1186_s.JPG

 

≪ ポーチュラカ ≫

2017-07-12_1100_ポーチュラカ_IMG_1188_s.JPG

 

≪ ユリ ≫

2017-07-12_1124_ユリ_IMG_1189_s.JPG

 

≪ ルエリア ≫

2017-07-12_1125_ルエリア_IMG_1190_s.JPG

 

JUGEMテーマ:

| | 13:45 | comments(0) | - |
Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"

2017年7月10日(月曜日)。6月末にArchive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"を"PoseRay"と"metasequoia"を使って加工し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

Archive3D_Ship_N090408_t.jpg

ダウンロードファイル名が"8380d7a4627d6b15e4a977cc1e6e800a.zip"、そのファイルサイズは4.45MB。アンパックして出来た3Dデータのフォーマットは3dsとgsmの2種類。マッピング用のテクスチャ画像の添付はありませんでした。

私のアプリ環境で使えるのは3dsフォーマットファイルの方です。その"ship^kiy.3ds"というファイルのサイズは2.66MB。

 

その3dsフォーマットファイルを"PoseRay"で読み込んだところ。

最初のプレビュー画面。

poseray_preview_Ship_N2090408_3ds_1st_s.jpg

読み込み時のエラーはありません。見た目には形状的な問題はありません。細部までしっかりモデリングされています。前回「海洋調査船」をテーマの"POV-Ray"作品を作ったのですが、その海洋調査船などのジャンルの船として使えそうな雰囲気の船型です。

 

しかし、このモデリングデータのグループ分けは大まかにハル(船殻)とデッキ(甲板)等の2分別しかありません。そしてマテリアルに関しては全体が一つで全く指定されていません。これでは直ぐには使えそうにありません。モデリングが詳細なだけにちょっと残念です。そんなことで暫く放置状態。

 

昨日までの4日間ほどは雨模様が続いて外出がままならなかったのですが、家に籠もっていたその間に、このデータにぼちぼち手を加えてそれなりの姿になるように作業を続けました。

 

作業の手順は次のとおり。

マテリアルを独自指定したいパーツを"metasequoia"を使って切り出し、そのパーツを"PoseRay"で読み込みマテリアルの指定をして保存する。これを繰り返して、出来上がった複数のパーツを"PoseRay"でマージ読み込みし一体化し、"POV-Ray"にエクスポートしてレンダリングする。こんな手順です。

 

具体例は、次のようになります。

バウデッキ上の荷物(パッキングケース)。8個あったのですが1個ずつ切り出して、木目調の手持ち画像をマッピング。

wood_box_s.jpg

 

デッキ上のディンギ(短艇)を切り出して、手持ちの板張画像をマッピング。

boat_s.jpg

 

マスト周辺のロープを切り出して、パーツ化。

Stay_Rope_s.jpg

 

デッキ上の探照灯のレンズ部を切り出して、手持ちのヘッドライト用画像をマッピング。

Renz_s.jpg

 

アンカーを切り出して、手持ちのメタル調画像をマッピング。

anker_s.jpg

 

ライフリング(浮環)を切り出して、赤色の指定。

fukan_s.jpg

 

ガンネル(舷側最上部)を切り出して、ハルより黒っぽいメタル調の色と反射指定。

gunnel_s.jpg

 

ブリッジのガラス部を切り出して、透明度を指定。

Glass_s.jpg

 

元のハル、元のデッキのパーツからこれらの加工したパーツを除いた部分と、加工済みのこれらのパーツを"PoseRay"でマージして、表示位置・表示サイズを調整した最終プレビュー画面。

poseray_preview_Ship_N2090408_3ds_last_s.jpg

これを"PoseRay"から"POV-Ray"へエクスポートして、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

ユリ
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせをしました。私の"POV-Ray"シーンでは、1unitがリアル世界での1mになるようにシーンに組み込む各物体スケール合わせをしているからです。

この本船のサイズに関するデータは全くありませんので、ブリッジの手すりやドアの高さを目安に、試行錯誤でスケール合わせをしました。

その画像。

Ship_N090408_kiy_e5_POV_scene_w560h420q10.jpg

ここでのグリッドは、1unit=1mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これでこの"Ship N090408"を"POV-Ray"の部品として、何時でもシーンに組み込む事が出来るようになりました。

このオブジェクトを加えて、「船」関係(モーターボート、ヨット、大型帆船、本船など)のオブジェクトの登録数が50個になりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 17:24 | comments(6) | - |
Archive3D.netから入手した花の3Dモデリングデータ、「ラベンダー」と「ヘメロカリス」と「ユリ」

2017年7月10日(月曜日)。6月下旬から7月上旬にかけて、Archive3D.netから入手した花の3Dモデリングデータ3種、「ラベンダー」と「ヘメロカリス」と「ユリ」を"PoseRay"でデータ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ラベンダーは、「Flower lavender N130916」として公開されています。

"POV-Ray"でレンダリングした画像。

ラベンダー
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

ヘメロカリスは、「Flower Hemerocallis N260417」で公開されています。

"POV-Ray"でレンダリングした画像。

ヘメロカリス
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

ユリは、「Flowers vase N181116」として公開されていますが、花瓶に挿したユリなので、花瓶は削除しました。下の葉を増やしました。加工は"PoseRay"で行いました。

"POV-Ray"でレンダリングした画像。

ユリ
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

これらのエクスポートされた”POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせをして、夫々を"Flower lavender N130916"、"Flower Hemerocallis N260417"、"Flowers vase N181116 Lily"の名前でプライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この花3種を"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込む事が出来るようになりました。

ちなみに、ライブラリ化した花はこの3つを加えて56種になりました。バラなどは登録したオブジェクトとしては8個もあります。同様に複数オブジェクトを登録した花が他にも何種か有りますので、オブジェクトの総数としては100個近くになります。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 12:41 | comments(0) | - |