KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
3DBar.netからダウンロードした大型帆船の3Dモデリングデータ、"Aurore frigate"

2018年6月11日(月曜日)。昨日、3Dモデリングデータをフリーで公開しているWEBサイトを新しく見つけました。そのサイトは『3D Bar – Free 3D Scenes, 3D Models & 3D Collections – DAILY Update!』です。

そこで見つけた大型帆船の3Dモデリングデータ、"Aurore frigate"を"PoseRay"でデータ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

3DBar_Aurore_frigate_ts.jpg

ダウンロードファイル名が"aurore_ship_frigate_01_05_12-5455.zip"、そのファイルサイズは33.3MB。アンパックして出来た3Dデータのフォーマットは案内のとおりmaxと3dsの2種類でした。

私の環境で使えるのは3dsフォーマットの方です。しかし、この3dsフォーマットデータを"PoseRay"で読み込んでみましたが、そのデータにはmaterial情報がほとんど含まれていません。各materialとmaterialで使用すべきマッピング画像ファイルの関係付を試みるのですが、materialの区分がうまく切り分けられていなくて、適切なマッピングが出来ませんでした。

 

諦めかけていた時に、パックファイルを解凍した時に出来るマッピング用の画像ファイルの入ったフォルダにobjフォーマットデータが存在するのに気が付きました。objフォーマットデータは、対になるmtlフォーマットデータにmaterial情報が書き込まれています。しかし、ここにはobjフォーマットデータだけでmtlデータはありませんでした。

あまり期待しないで、そのobjフォーマットデータを"PoseRay"で読み込みました。

そのプレビュー画面。

preview_Aurore_frigate_obj_1st_s.jpg

読み込み時のエラーなどはありません。一見したところ、形状的には先の3dsフォーマットデータのプレビューと差異はなさそうです。

 

そこで、Materialsタブを開いて各materialの詳細を確認してみました。

そのMaterialsタブのキャプチャ画像。

Materials_Tab_ts.jpg

このリストにあるmaterial名は、同梱されていたマッピング用と思われるテクスチャ画像ファイル名から拡張子.jpgを取り去ったものとほぼ同じです。これなら各materialとマッピングファイルの関係付は一目瞭然です。

そのマッピング適用後のプレビュー画像は全く問題なくピタリと収まっています。

 

表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

preview_Aurore_frigate_obj_last_s.jpg

これを"POV-Ray"へエクスポートし、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Aurore frigate
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。

三檣のフリゲートのデッキ全長を100feet〜130feetとの見当でスケール比率を計算し、試行錯誤で決めたのが次の画像です。バウスプリットを含めてほぼ50mです。

Aurore_Frigate_3DBar_e1_POV_scene_w560h420q10.jpg

ここでのグリッドは、5unit=5mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"Aurore Frigate"を"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込むことが出来るようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 12:19 | comments(0) | - |
Animium.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Dodge Ram 1500"

2018年6月7日(木曜日)。Animium.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ"Dodge Ram 1500"を"PoseRay"でデータ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

Animium_Dodge_Ram_1500_ts.jpg

ダウンロードファイル名が"dodgeram1.rar"、そのファイルサイズは11.1MB。アンパックしたら、複数のrarパックファイルが出来ました。

そのファイルリスト。

dodgeram1_rar_FileList_ts.jpg

3Dデータのフォーマット種類別にrarパックされています。今回は"PoseRay"と相性の良いlwoを選択しました。

 

解凍してできた"Dodge_Ram.lwo"を"PoseRay"で読み込みました。

その最初のプレビュー画面。

preview_Dodge_Ram_1500_lwo_1st_s.jpg

1件だけ次のワーニングがありました。

Geometry extents too large. POV-Ray may not render it properly

"POV-Ray"のGroupsタブ内の機能を使って全体を1万分の1に縮小したところ、全長が54unit程の扱いやすいスケールになりました。

 

左サイドのミラーとドアノブはクロームメッキ色になっているのに、右サイドはタイヤと同じ黒マット色です。

Right_side_BlackMat_s.jpg

これは左サイドのクロームに合わせました。

 

マッピング用のテクスチャ画像ファイルが4件同梱されいましたが、何故かトレッドパターンのテクスチャ画像ファイルがあるのにタイヤにマッピングされていなかったのでこれを指定しました。

 

また、何時ものことながらライセンスプレートはモデリングされていませんでしたので、次の手持ちのデータをマージして使うことにしました。

License_US_Dodge_Ram_1500_Animium_s.jpg

画像はWEBで見つけてきたものです。

 

これらの修正追加の作業を終え、表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

preview_Dodge_Ram_1500_lwo_last_s.jpg

これを"POV-Ray"へエクスポートし、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Dodge Ram 1500
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。

その画像。

Dodge_Ram_1500_Animium_e1_POV_scene_w560h240q10.jpg

ここでのグリッドは、0.5unit=0.5mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これでこの"Dodge Ram 1500"を"POV-Ray"の部品として、何時でもシーンに組み込むことが出来るようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 19:22 | comments(0) | - |
Animium.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Ferrari Enzo"

2018年6月4日(月曜日)。今日の夕方、Animium.comからメールで、新たに自動車の3Dモデリングデータ"Ferrari Enzo"をフリーで公開したとの案内がありました。

 

早速アクセスしてダウンロードしました。

ダウンロードページのキャプチャ画像。

Animium_Ferrari_Enzo_ts.jpg

ダウンロードファイル名が"Ferrari_Enzo.rar"、そのファイルサイズは19.7MB。

アンパックして出来たのは次のような複数のrarパックファイルでした。

Ferrari_Enzo_rar_Pack_List.jpg

"PoseRay"との相性が良いlwoフォーマットを選択して、"enzo_lwo.rar"とマッピング用のテクスチャ画像ファイルの"f_enzo_tex.rar"をアンパックしました。

 

"enzo.lwo"を"PoseRay"で読み込みました。

その最初のプレビュー画面。

preview_Ferrari_Enzo_lwo_1st_s.jpg

読み込み時のエラーなどはありません。一見したところ形状的にもマテリアルの指定などにも問題はなさそうです。

ただ、各materialを詳細にチェックするとFinishのambient値が設定されているのでそれをzeroに、またbumpマップが望ましいのに指定されていないところにはPigmentマップに使われているのと同じファイルを指定するなどの細かな修正を多数行いました。

 

それらの修正を終えて、表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

preview_Ferrari_Enzo_lwo_last_s.jpg

これを"PoseRay"から"POV-Ray"へエクスポートし、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Ferrari Enzo
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。

その画像。

Ferrari_Enzo_Animium_e1_POV_scene_w560h224q10.jpg

ここでのグリッドは、0.5unit=0.5mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"Ferrari Enzo"を"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込むことが出来るようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 22:38 | comments(0) | - |
Animium.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"1967 Chevrolet Impala"

2018年6月3日(日曜日)。Animium.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ"1967 Chevrolet Impala"を、"PoseRay"でデータ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

Animium_1967_Chevrolet_Impala_ts.jpg

ダウンロードファイル名は"1967-chevrolet-impala.rar"、そのファイルサイズは10.0MB。アンパック時にパスワードの入力が要求されました。unlockのページにはこのパスワードがリストされていなくて一瞬焦りましたが、よく見るとパスワードはダウンロードページのダウンロードリンクの下の行に表示されていました。

 

アンパックして出来た3Dデータのフォーマットは、maxとobjの2種類。私のアプリ環境で使えるのはobjフォーマットのデータです。

 

そのobjフォーマットデータを"PoseRay"で読み込みました。

最初のプレビュー画面。

preview_Chevrolet_Impala_1967_obj_1st_s.jpg

読み込み時のエラーなどはありません。一見したところ、形状的には問題なさそうです。

ただ、materialの指定に関しては、すべてのmaterialにおいてFinishのambientに高い値が指定されていました。これは"POV-Ray"にデータ変換した際に邪魔なので、全て手作業でzeroを入力しました。

 

タイヤが丸坊主だったので、次の手持ちのテクスチャ画像ファイルをマッピングしました。

Tyre_New.jpg

 

ライセンスプレートは前後ともモデリングされていますが、マッピング画像は見当たりません。そこでWEBで探してきた次の画像ファイルをマッピングすることにしました。

1967_Colorado_license_plate.jpg

 

これらの修正加工を終えて、表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

preview_Chevrolet_Impala_1967_obj_last_s.jpg

これを"POV-Ray"へエクスポートし、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

1967 Chevrolet Impala
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。

その画像。

Chevrolet_Impala_1967_e2_POV_scene_w560h233q10.jpg

ここでのグリッドは、0.5unit=0.5mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化し、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"1967 Chevrolet Impala"を"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込むことが出来るようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 15:41 | comments(0) | - |
TurboSquid.comからダウンロードした樹木の3Dモデリングデータ、"XfrogPlants Bishop Pine"

2018年6月1日(金曜日)。TurboSquid.comからダウンロードした樹木の3Dモデリングデータ"XfrogPlants Bishop Pine"を、"PoseRay"でデータ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

TurboSquid_XfrogPlants_Bishop_Pine_ts.jpg

TurboSquid.comにアップロードされたデータですが、元は幅広い植物のデータで有名なサイトxfrog.comのフリーのデータです。

TurboSquid.comでは、多様なフォーマットから選択してダウンロードできます。

今回のデータの場合は次のような選択が可能でした。

XfrogPlants_Bishop_Pine_data_list_ts.jpg

リストの6番目にあるLWOフォーマットを選択してダウンロードしました。

ダウンロードファイル名が"CL13_Pinus_muricata_Bishop_Pine_LWO.zip"、そのファイルサイズは15.7MB。

アンパックすると、三種類のビショップ松のlwoフォーマットデータと、それに使うマッピング用のテクスチャ画像ファイルが生成されました。

 

三種類のデータは、全高20mのもの、11mのもの、4mのものと生長の度合いに合わせた三種類でした。

マッピング用のテクスチャ画像ファイルはtifフォーマットでした。"POV-Ray"はtifに対応していないので、これをjpgに変換しました。しかし、その中の松の葉にマッピングするtif画像ファイルは、アルファチャンネルに透過情報を含んだデータでした。jpgには透過情報を含めることが出来ないので、元のtif画像を"GIMP"を使って2値化(白と黒の2値)してマスクファイルを作り対応しました。

 

これらの処理を行って、3種類のデータそれぞれについて、"PoseRay"で"POV-Ray"データを作成し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

樹高が20mのビショップ松。

樹高が20mのビショップ松
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

スケール合わせした画像。

XfrogPlants_Bishop_Pine_CL13a_e1_POV_scene_w560h420q10.png

ここでのグリッドは1.0unit=1.0mです。

 

樹高が11mのビショップ松。

樹高が11mのビショップ松
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

スケール合わせした画像。

XfrogPlants_Bishop_Pine_CL13m_e1_POV_scene_w560h420q10.png

ここでのグリッドは1.0unit=1.0m。

 

樹高が4mのビショップ松。

樹高が4mのビショップ松
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

スケール合わせした画像。
XfrogPlants_Bishop_Pine_CL13y_e1_POV_scene_w560h420q10.jpg

ここでのグリッドは1.0unit=1.0m。

 

三種類のビショップ松のスケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをそれぞれincludeファイル化し、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この三種類のビショップ松のデータを"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込むことが出来るようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 19:01 | comments(0) | - |