KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
FOLLOW me on
KOKA1946をフォローしましょう
LINKS
『KOKA@尼崎通信』へ 『KOKAのCG』へ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • 2017年4月5日の琵琶湖は、桜はまだですがすっかり春
    KOKA (04/06)
  • 2017年4月5日の琵琶湖は、桜はまだですがすっかり春
    雄琴のSHINE (04/06)
  • 2017年3月24日の花、ハクモクレン、ヤグルマギク、アセビ、ツバキ、キルタンサス、シロレンギョウ、レンギョウ、ラッパスイセン、オカメザクラ、スミレ、ジンチョウゲ、クロッカス、ジャノメエリカ、ノボリフジ、コブシ
    KOKA (03/26)
  • 2017年3月24日の花、ハクモクレン、ヤグルマギク、アセビ、ツバキ、キルタンサス、シロレンギョウ、レンギョウ、ラッパスイセン、オカメザクラ、スミレ、ジンチョウゲ、クロッカス、ジャノメエリカ、ノボリフジ、コブシ
    KOKA (03/26)
  • 2017年3月24日の花、ハクモクレン、ヤグルマギク、アセビ、ツバキ、キルタンサス、シロレンギョウ、レンギョウ、ラッパスイセン、オカメザクラ、スミレ、ジンチョウゲ、クロッカス、ジャノメエリカ、ノボリフジ、コブシ
    中ちゃん (03/26)
  • 2017年3月24日の花、ハクモクレン、ヤグルマギク、アセビ、ツバキ、キルタンサス、シロレンギョウ、レンギョウ、ラッパスイセン、オカメザクラ、スミレ、ジンチョウゲ、クロッカス、ジャノメエリカ、ノボリフジ、コブシ
    中ちゃん (03/26)
  • 2017年3月1日、栂池10日目
    KOKA (03/02)
  • 2017年3月1日、栂池10日目
    udon (03/02)
  • 2017年2月21日、栂池2日目
    udon (02/22)
  • 2017年2月21日、栂池2日目
    KOKA (02/22)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
"POV-Ray"でレンダリングした3DCG、『谷川と鉄橋とSL列車』

2017年5月1日(月曜日)。"POV-Ray"でレンダリングした3DCG、『谷川と鉄橋とSL列車』が出来上がりました。

≪ 谷川と鉄橋とSL列車 ≫

谷川と鉄橋とSL列車
上の画像をクリックすると大サイズ(1920*1440)画像を表示

 

手持ちの"POV-Ray"オブジェクトを組み合わせて3日掛かりであれこれ試行錯誤しました。

 

最初は、ポリゴンで作成された二つの山のオブジェクトを組み合わせて谷を作りました。

オブジェクトを配置する際の目安にグリッドを入れて俯瞰したところです。グリッドは50unit=50mです。

Make Valley_tg1_s.jpg

水平に見たらこんな感じです。

Make Valley_tg2_s.jpg

この谷を構成する二つの山のデータは、Free3D.comから入手した"Twin Islands"から山の部分を"PoseRay"を使い抜き出してデータ化して使いました。

 

この谷の真ん中を川の流れにするために、僅かに傾けた砂地を組み合わせて、そこに水面を置きます。

そしてその手前に川を渡る鉄橋と、その鉄橋の上に蒸気機関車の牽く列車を載せました。

Make Bridge_tg1_s.jpg

石の点在する砂地は、"POV-Ray"のインストール時に作成されるサンプルシーンの中にある"isocacti.pov"を応用したものです。

鉄橋は"POV-Ray"のSDLで自作。

アメリカンタイプの蒸気機関車が牽引するSL列車については、2013年8月17日のブログ『 ShareCG でダウンロードしたフリーの3Dデータを使って列車を作成中 | KOKAのつぶやき 』に詳細を記しています。

 

谷の両サイドに樹木を植えました。その樹木については、先日(2017年4月17日)の『 "POV-Ray"でレンダリングした3DCG、『山脈と森林』 | KOKAのつぶやき 』の森林の樹木をそっくり使っています。

 

これらの組み合わせで、今回のシーンが出来上がりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 18:30 | comments(0) | - |
"POV-Ray"でレンダリングした3DCG、『ポンツーンに舫われた水上機』

2017年4月28日(金曜日)。4日前にアップした「"POV-Ray"でレンダリングした3DCG、『 島々の上を飛ぶ水上飛行機 』 | KOKAのつぶやき」の続きで、今度はその水上機がポンツーンに係留されているシーンを作成しました。

≪ ポンツーンに舫われた水上機 ≫

ポンツーンに舫われた水上機
上の画像をクリックすると大サイズ(1920*1440)画像を表示

 

棧橋と水上機の内2機は、11年前に作った『桟橋に舫う2機の飛行艇』のリメイクです。

古い"POV-Ray"のシーンファイルは、scaleが出鱈目(形を参考にした図面のmmを大雑把に"POV-Ray"のunitに置き換えただけ)でしたが、今回はポンツーンなどの部品を全て1unit=1mになるようにscale合わせをした上で部品化し、他の飛行機や背景に見える島々などとも全て同じscaleでシーンが組み立てられるように編集し直しました。

 

水上機3機の内、中央の水上機だけはWEBから入手したフリーのデータ("Curtiss SOC Seagull"、ShareCG.comからダウンロード)を"PoseRay"でデータ変換したものですが、他の2機は11年前に"POV-Ray"で自作したものです。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 16:30 | comments(0) | - |
Free3D.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Audi RS6"

2017年4月25日(火曜日)。Free3D.com(元のTF3DM.com)からダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Audi RS6"を"PoseRay"でデータ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

Free3D_Audi_RS6_ts.jpg

ダウンロードファイル名は"Audi RS6.7z"、そのファイルサイズは6.09MB。アンパックして出来た3Dデータのフォーマットはobjフォーマット。その"audi_rs6.obj"のファイルサイズは、30.7MB。結構大きなデータですから、それなりに精細なデータなのでしょう。期待して"PoseRay"で読み込みました。

 

読み込み時のエラーはありません。ところが、プレビュー画面には全く何も現れません。

読み込み処理時のメッセージには、次のように表示されています。

Done. Changes:   -38182 faces  -19069 verts  -19838 normals  -35 uvs  -3 mats  -1 groupsloaded in 27secs

間違いなく3Dデータが読み込まれています。

 

"PoseRay"のMaterialsタブを開いて、PigmentのTranslucencyを確認したところ、全てのmaterialのTranslucencyの値が100になっていました。完全透過状態の物体という指定です。確かにこの指定なら全く物体が見えなくて当たり前です。

何故か時々このようなデータに出合います。オリジナルなデータ作成時に使われたアプリケーションの内部データフォーマットから汎用のobjフォーマットに変換する際に誤変換されたのか?。あるいは読み込む側の"PoseRay"の方に問題があるのか?。その辺りのことは分かりません。

 

対処としては、個々のmaterialのTranslucency値を手作業で全てゼロに修正しました。

するとプレビュー画面にモデリングデータの姿が現れました。

poseray_preview_Audi_RS6_obj_1st_s.jpg

しかし、これも車の姿ではありません。

 

そこで、Groupsタブを開いて、モデルを構成する各groupを個々に確認したところ、地面に相当する矩形や反射をコントロールする矩形などがあることがわかりました。自動車のサイズに比べると面積の巨大なそれらの矩形を削除して、車がプレビュー内に大きく見えるようにカメラ位置を変更したところ、次のように車の姿が見えるようになりました。

poseray_preview_Audi_RS6_obj_2nd_s.jpg

データが大きくポリゴン数が多い割には、内装はかなり大雑把なモデリングです。ダッシュボードや計器類なども床もありません。

 

シートも貧弱です。そこで、手持ちの他のモデリングデータの中から、使えそうなシートのデータを切り出して、入れ替えることにしました。Audi A6のデータのシートが使えそうです。A6は、このRS6のベース車種です。

A6_Seats_s.jpg

 

その他には、前後のライセンスプレートを追加しました。手持ちのライセンスプレートにWEBで見つけてきたナンバーの画像ファイルをマッピングしました。

前部のライセンスプレートは、カーブしたタイプ。

Plate_Curve_s.jpg

後部はフラットなタイプ。

Plate_Long_s.jpg

 

これらの修正・追加を終えて、表示サイズ・表示位置を調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

poseray_preview_Audi_RS6_obj_last_s.jpg

これを、"PoseRay"から"POV-Ray"へエクスポートして、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Audi RS6
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせをしました。

"POV-Ray"のオブジェクトライブラリに各種モデリングデータを保存しているのですが、そのオブジェクトは全て1unit=1mでスケールを合わせているからです。

 

スケール合わせ後の画像。

Audi_RS6_e2_POV_scene_w560h233q10.jpg

ここでのグリッドは0.5unit=0.5mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをinclueファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"Audi RS6"を"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込む事が出来るようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 14:53 | comments(0) | - |
"POV-Ray"でレンダリングした3DCG、『 島々の上を飛ぶ水上飛行機 』

2017年4月24日(月曜日)。一昨々日から昨日までの足掛け3日の作業で、水上飛行機3機のデータを"POV-Ray"のシーンに組み込めるように整えました。仕上がったデータはプライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。

その内2機を、先日レンダリングしたばかりの「珊瑚礁に囲まれた島々」のシーンに組み込んで、2機の水上飛行機が島々の上空を飛ぶところを作ってみました。

≪ 島々の上を飛ぶ水上飛行機 ≫

島々の上を飛ぶ水上飛行機
上の画像をクリックすると大サイズ(1920*1440)画像を表示

 

背景として使った「珊瑚礁に囲まれた島々」については、2017年4月20日のブログ『 "POV-Ray"でレンダリングした3DCG、『 珊瑚礁に囲まれた島々 』 | KOKAのつぶやき 』に記しています。

今回登場させた2機の水上飛行機のデータの出処は次のとおりです。

SAVOIA S.21 "POV-Ray"で自作モデリング(SDLで記述)
Curtiss SOC Seagull ShareCG.com

SAVOIA S.21は、宮崎駿の「飛行艇時代」(映画「紅の豚」の原作)の中にある三面図を元に"POV-Ray"のシーン記述言語(SDL)で記述してモデリングしました。"POV-Ray"のSDLをご存じない方には分からないことですが、これは殆どプログラミングです。

「紅の豚」でもCurtissが登場します。これはCurtiss R3C-0ということですが、ガルウィングと逆ガルウィングの複葉機だったりして、モデリングはなかなか面倒です。そこで、手持ちのデータ(WEBでダウンロードしたフリーのデータ)の中にあったCurtiss SOC Seagullを使いました。雰囲気は良く似ていると思います。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 17:34 | comments(0) | - |
"POV-Ray"でレンダリングした3DCG、『 珊瑚礁に囲まれた島々 』

2017年4月20日(木曜日)。ここ1週間ほどあれこれ試行錯誤しながら"POV-Ray"でレンダリングしていた3DCG、『 珊瑚礁に囲まれた島々 』が出来上がりました。

新しいテーマではなくて、1ヶ月ほど前(2017年3月15日)にアップした『 "POV-Ray"でレンダリングした「白い浜に囲まれた熱帯の島」 | KOKAのつぶやき 』の改良版です。

 

≪ 珊瑚礁に囲まれた島 ≫

珊瑚礁に囲まれた島
上の画像をクリックすると大サイズ(1920*1440)画像を表示

 

島を増やし、外周に環礁を配置配置しました。砂浜の所々に岩を点在させ、手前に航跡を引くスピードボートを置いてみました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 21:00 | comments(0) | - |