KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
Free3D.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Truck DAF"

2020年8月6日(木曜日)。Free3D.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Truck DAF"を、"PoseRay"と"Metasequoia"で加工修正し、"PoseRay"でデータ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

Free3D_Truck_DAF_ts.jpg

ダウンロードファイル名は"84-truck_daf.zip"、そのファイルサイズは15.8MB。アンパックして出来た3Dデータのフォーマットは、blendとfbxとobjの3種類。私のアプリ環境では一応3つとも使えるのですが、"POV-Ray"形式に持ち込むのには、blendの場合"Blender"と"PoseRay"の2段階、fbxの場合"Metasequoia"と"PoseRay"の2段階、objの場合"PoseRay"の1段階の作業が必要です。

作業が一番楽なobjフォーマットを選択しました。

 

"PoseRay"で読み込んだ最初のプレビュー画面。

preview_Truck DAF_Free3D_obj_1st_s.jpg

読み込み時のエラーなどはありませんでした。

ただプレビューを見ればわかるように、光のコントロールのためと思われる複数の矩形や地面に相当する矩形などの、私にとっては邪魔なものが配置されています。

materialとgroupを確認したところ、materialは複数の指定に別れていますが、groupは全体で一つの定義になっています。

materialでは、不要な部分2箇所を次のプレビューで見るように特定できます。赤の部分がそれ。

preview_Truck DAF_Free3D_obj_Delete_2nd_s.jpg

そこで、materialを利用してgroupを分割する機能を使い、この不要な赤い部分のgroupを削除しました。

その結果のプレビュー。

preview_Truck DAF_Free3D_obj_3rd_s.jpg

この自動車本体は、12種類に分かれたmaterialが設定されていますが、その各値は等しくグレー一色なので、同梱されていたテクスチャ画像データをマッピングしたり、好みの色を指定したりする必要があります。

詳細なmaterialの指定の手作業を続け、ほぼ作業が終了してレンダリングしてみようかというところで、モデリングの微妙な不具合に気が付きました。

preview_Truck DAF_Free3D_BWheel_ts.jpg

トラクターの後輪が僅かに地面から浮いているのです。

極僅かなことなのですが、一度気が付くと、直さなければ前に進めません。

 

ところが、このモデリングデータと"PoseRay"の機能の範囲内では、どうしてもトラクターの後輪部だけを取り出すことが出来ません。

そこで、ポリゴンを自在に特定し加工編集できる"Metasequoia"を使って、トラクターの後輪部と、それ以外の自動車全体に分割することにしました。

この作業は簡単でした。

トラクター後輪部。

BWheels_s.jpg

それ以外の自動車全体。

preview_Truck DAF_Free3D_without_BWheel_s.jpg

このように分けてから、"PoseRay"で2つをmergeし、トラクターの後輪部を僅かに下に移動させ、接地させました。

 

また、ライセンスプレートはモデリングされていませんでしたので、手持ちのオブジェクトを使いまわしました。

preview_Truck DAF_Free3D_License_Plate_s.jpg

 

これらの修正・加工・追加の作業を終え、表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

preview_Truck DAF_Free3D_obj_last_s.jpg

これを"POV-Ray"へエクスポートし、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Truck DAF
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。

その画像。

Truck_DAF_e2_POV_scene_Scaled_w560h165q10.jpg

ここでのグリッドは、0.5unit=0.5mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化し、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"Truck DAF"を、"POV-Ray2の部品として何時でもシーンに組み込むことができるようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 15:23 | comments(0) | - |
Animium.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Volkswagen Scirocco"

2020年8月4日(火曜日)。Animium.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Volkswagen Scirocco"を、"PoseRay"でデータ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

Animium_Volkswagen_Scirocco_ts.jpg

ダウンロードファイル名は"VW_Scirocco.zip"、そのファイルサイズは11.6MB。これをアンパックしたところ、出来たのは次の2つのファイルです。

"VW_scirocco.rar"と"pass.txt"。なんと、zipをアンパックしたら、今度はrarパックされたファイルが出来ておまけに"pass.txt"というテキストファイルがおまけに付いています。

その"pass.txt"の内容は次のとおりです。

pass: gfxfree.com

or

pass: gfx-3d-model.blogspot.com

visit  http://gfxfree.com  for more 3d models in max and maya format.

ご丁寧に、今度のrarパックには解凍のためのpasswordが必要なようです。

この指示に従って、rarパックファイルを開く時に要求されたpasswordに"gfxfree.com"を入力したら、解凍が進みました。

こうして出来た3Dデータのフォーマットは、3ds、lwo、max、mb、objの5種類。

この内、私のアプリ環境で使えるのは、3ds、lwo、objの3種類です。

 

3種類全てを"PoseRay"で読み込んでみました。

3dsの場合。

preview_Volkswagen_Scirocco_3ds_1st_s.jpg

lwoの場合。

preview_Volkswagen_Scirocco_lwo_1st_s.jpg

objの場合。

preview_Volkswagen_Scirocco_obj_1st_s.jpg

 

プレビュー画面を見た限り、一番無難なのはlwoのようです。

lwoフォーマットデータで作業を続けることにしました。

 

lwoの場合、読み込み時のワーニングも無く、ほとんど手直しする必要は無さそうでしたが、materialの各値を若干自分好みのものに変更しました。

 

ライセンスプレートも前後ともにモデリングされて、次の画像がマッピングされていました。

plate.jpg

このままではライセンスに見えないので、マッピングする画像は次のものに変更しました。

Florida_1392594.jpg

 

作業を終え、表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

preview_Volkswagen_Scirocco_lwo_last_s.jpg

これを"POV-Ray"へエクスポートし、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Volkswagen Scirocco
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。

スケール合わせの画像。

VW_Scirocco_Animium_e1_POV_scene_Scaled_w560h280q10.jpg

ここでのグリッドは、0.5unit=0.5mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化し、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"Volkswagen Scirocco"を、"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込むことが出来るようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 14:52 | comments(0) | - |
Free3D.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"SCION FRS 2013"

2020年8月3日(月曜日)。Free3D.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"SCION FRS 2013"を、"PoseRay"で加工・データ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

実はこのデータは5年以上前に一度扱っていて、すでに"POV-Ray"のプライベートなオブジェクトライブラリに保存しています。ただ、若干気に入らない部分があって手直ししたいなと思っていたのですが、たまたま他のデータをダウンロードした際に、このデータを見かけたので、これを機会に再びダウンロードして手を加えることにしました。

 

5年前に、このデータをダウンロードした頃には、このFree3D.comはTF3DM.comと称していました。

その5年前の"SCION FRS 2013"に関するブログは次のとおりです。

参照:2015年4月22日『TF3DM.comから入手した自動車の3Dモデリングデータ、"SCION FR-S 2013" | KOKAのつぶやき』。

 

今回のFree3D.comのダウンロードページのキャプチャ画像。

Free3D_SCION_FRS_2013_ts.jpg

ダウンロードファイル名は"SCI_FRS_13_HD.rar"、そのファイルサイズは4.74MB。アンパックして出来た3Dデータのフォーマットはobj。

ダウンロードしたファイル名も、アンパックして出来たすべてのファイルも、寸分違わず5年前のものと同じでした。

 

5年前にブログにアップした時には、あまり気にしていなかったのですが、内装部にマッピングされていた画像ファイルと、それを"POV-Ray"でレンダリングした時の画像の具合に問題があったことに気が付きました。

インテリア部分(ダッシュボード、ステアリンホイール、シートなどを含めた全て)にマッピングされていたのは次の画像です。

Windowsのエクスプローラの表示を特大アイコンにしたところをキャプチャした画像。

Free3D_SCION_FRS_2013_File_List_ts.jpg

左上の画像がそれです。この様に表示してみると、この画像には透過情報が含まれていて、ベース部分がほとんど透けているのが分かります。

5年前のレンダリング画像の内装がが見える部分をトリミングしてみたところ、こんな具合になっています。

SCI_FRS_13_HD_e2_Interior_Trans_ts.jpg

ダッシュボードもステアリンホイールもシートも、薄っすらと影のようになってしまって、それと分かって見なければ見つからないほどです。

 

今回は、このインテリア部分にマッピングする画像ファイルを、透過情報を持たないjpgファイルに変換して適用しました。

 

それと、もう一つ修正したい部分は、車輪です。

元のモデリングでは、ホイールのセッティングがハの字状のネガティブキャンバーになっていて、車高もギリギリまで下げられています。これでは、一般道を走るのは大変でしょうということで、ホイールのセッティングを若干ノーマルな状態に近づけたいと思います。

元のセッティング。

preview_SCION_FRS_2013_Wheels_original_s.jpg

このデータでは、各ホイールがそれぞれ独立したgroupに分けられていましたので、"PoseRay"の機能内でその角度を変更することが出来ます。

次のように手直ししました。

preview_SCION_FRS_2013_Wheels_normal_s.jpg

 

元データには、ライセンスプレートは付けられていなかったので、次の手持ちのオブジェクトを使いまわしました。

preview_SCION_FRS_2013_License_s.jpg

 

車高を5cmほど上げました。

 

これらの修正・追加の作業を終え、表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

preview_SCION_FRS_2013_obj_e4_last_s.jpg

これを、"POV-Ray"へエクスポートし、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

SCION FRS 2013
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。

スケール合わせの画像。

SCI_FRS_13_HD_e4_POV_scene_Scaled_w560h280q10.jpg

ここでのグリッドは、0.5unit=0.5mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化し、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"SCION FRS 2013"を、"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込むことが出来るようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 18:38 | comments(0) | - |
Animium.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Nissan Skyline"

2020年7月31日(金曜日)。Animium.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Nissan Skyline"を、"PoseRay"で加工・データ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

Animium_Nissan_Skyline_ts.jpg

ダウンロードファイル名は"Nissan_skyline.rar"、そのファイルサイズは3.31MB。アンパックして出来た3Dデータのフォーマットは、maxとobjの2種類。私のアプリ環境で使えるのはobjフォーマットの方です。

 

そのobjフォーマットデータを"PoseRay"で読み込みました。

その最初のプレビュー画面では、画面上に何も現れません。

materialを確認すると、ほとんど全てのmaterialのTranslucencyの値が最高値の100になっていて、透明で見えない状態になっていました。

このTranslucencyの値を0(ゼロ)に変更した後のプレビュー画面。

preview_Nissan_Skyline_Animium_obj_1st_s.jpg

大きな矩形の中に、小さな箱があるだけで、自動車は見えません。この矩形と箱はそれぞれgroupとして特定できましたので、これを削除してみました。

すると、小さな点状の物体があることだけが分かりました。プレビュー画面の中央に大きく見えるように、Previewタブ内にある[Re-center camera]機能を使ったところ、プレビュー画面が次のようになりました。

preview_Nissan_Skyline_Animium_obj_2nd_s.jpg

やっと"Nissan Skyline"の本体が見えました。

形状的には、問題はないようです。

 

ただ、モデリングされているライセンスプレートにマッピングするつもりで準備したライセンスプレートの画像ファイルがUSスタイルなので、右ハンドルを左ハンドルに変更することにしました。

モデリングされていた原データから、次のgroupを抜き出し、左右を反転させました。

ハンドルのある部分のgroup。

preview_Mercedes_Benz_C350_Animium_RightHandle_s.jpg

エアインテークのあるボンネット部。

preview_Mercedes_Benz_C350_Animium_Bonnet_Airintake_s.jpg

これらを"PoseRay"のGroupタブ内にあるTransform機能を使い、x軸に対し-1倍するという操作で左右を反転させました。

 

ライセンスプレートは、次のように前部・後部とそれぞれ別のgroupとしてモデリングされていました。

preview_Nissan_Skyline_Animium_obj_License_s.jpg

これに対し、次の画像ファイルをマッピングしました。

1999_vg-Texas_Waku.jpg

 

これらの修正を行い、表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

preview_Nissan_Skyline_Animium_obj_last_s.jpg

これを"POV-Ray"へエクスポートし、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Nissan Skyline
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。

その画像。

Nissan_Skyline_Animium_e3_POV_scene_Scaled_w560h280q10.jpg

ここでのグリッドは、0.5unit=0.5mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化し、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"Nissan Skyline"を、"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込むことが出来るようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 17:00 | comments(0) | - |
Animium.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Volkswagen Beetle Baja Bug"

2020年7月30日(木曜日)。Animium.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Volkswagen Beetle Baja Bug"を、"PoseRay"と"Metasequoia"で加工し、"PoseRay"でデータ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

最近のAnimium.comで新たに公開されるデータには有料会員向けのデータが多いのですが、この3日間ほどはフリーの3Dモデリングデータが何件かまとめて公開されています。中には、相当以前に一度公開されたデータもありますが、この"Volkswagen Beetle Baja Bug"も私のHDDの中の"未使用データフォルダ"の中に存在していて、そのダウンロード日付を見ると2014年3月26日になっていました。調べてみると、現在のデータと内容は全く同一でした。

6年前にデータをダウンロードしながら"未使用データフォルダ"に入れたまま放置したのには理由がありました。その当時は、未だ"PoseRay"の使い方に慣れておらず、また"Metasequoia"を使ってデータを加工する術も知らずにいたので、このデータを思うように加工して使いこなすことが出来なかったのです。

 

現在のダウンロードページのキャプチャ画像。

Animium_Volkswagen_Beetle_Baja_Bug_ts.jpg

ダウンロードファイル名は"Baja-Beetle.rar"、そのファイルサイズは8.64MB。アンパックして出来た3Dデータのフォーマットは、3ds、lwo、max、2009.max、mb、objの6種類。この内、私のアプリ環境で使えるのは、3ds、lwo、objです。

 

今回は、この3種類とも"PoseRay"で読み込んでみましたが、作業に手間が掛からなさそうなのはlwoでした。lwoフォーマットデータで作業を続けることにしました。

 

最初のプレビュー画面。

preview_Volkswagen_Beetle_Baja_Bug_lwo_1st_s.jpg

読み込み時のエラーなどはありません。一見したところ形状的にも問題はなさそうです。

 

ただ、このデータでは、materialが3種、groupが13種に分割されてはいますが、それらを駆使してもどうしても思った通りのmaterialの指定が出来ない部分が出てきます。

例えば、特徴的なホイール部分ですが、このホイールのmaterialとgroupは、前輪左右、後輪左右の4輪にまでは"PoseRay"の機能内で分割が可能です。

例えば、そのホイールの一つ、左サイドの後輪です。

preview_Volkswagen_Beetle_Baja_Bug_Wheel_s.jpg

後輪全体が一つのmaterialと一つのgroupにまとめられています。

ですが、私の希望としては、materialをタイヤ部分とリム・ハブ部分に分け、タイヤは光らないマットな風合いに、リム・ハブ部分は金属光沢のある感じに仕上げたいのです。


そこで、このホイールを"Metasequoia"のポリゴン編集機能を使って、タイヤ部分とリム・ハブ部分とに分割しました。

タイヤ部分。

preview_Volkswagen_Beetle_Baja_Bug_Tyre_s.jpg

リム・ハブ部分。

preview_Volkswagen_Beetle_Baja_Bug_RimHub_s.jpg

それぞれには、もともと次のテクスチャ画像ファイルがマッピングされています。

00001.jpg

 

materialがタイヤ部分とリム・ハブ部分に別々に分けられたので、それぞれに独自のspecular値を設定できます。タイヤ部のmaterialのspecular値にはzeroを設定。これで光らないマットな感じになります。リム・ハブ部分のmaterialのspecular値には128をセットしました。これで金属反射のある感じになります。

 

同様の加工を4輪ともに施しました。

 

また、車体後部にライセンスプレートがモデリングされてありましたので、これを切り出してコピーし、前部に追加しました。

そのライセンスプレート。

preview_Volkswagen_Beetle_Baja_Bug_License_s.jpg

 

これらの修正・追加の作業を終え、表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

preview_Volkswagen_Beetle_Baja_Bug_lwo_last_s.jpg

これを"POV-Ray"へエクスポートし、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Volkswagen Beetle Baja Bug
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。

その画像。

Volkswagen_Beetle_Baja_Bug_e1_POV_scene_Scaled_w560h280q10.jpg

ここでのグリッドは、0.5unit=0.5mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化し、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"Volkswagen Beetle Baja Bug"を、"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込むことが出来るようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 19:44 | comments(0) | - |