KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
pc
FOLLOW me on
KOKA1946をフォローしましょう
LINKS
『KOKA@尼崎通信』へ 『KOKAのCG』へ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • CadNav.comからダウンロードしたオートバイの3Dモデリングデータ、"Honda NR750 Motorcycle"
    KOKA (09/14)
  • CadNav.comからダウンロードしたオートバイの3Dモデリングデータ、"Honda NR750 Motorcycle"
    gumin (09/14)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    KOKA (07/13)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    KOKA (07/13)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    卜部 (07/13)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    Asforham (07/13)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    KOKA (07/12)
  • Archive3D.netからダウンロードした船の3Dモデリングデータ、"Ship N090408"
    Asforham (07/12)
  • 2017年4月5日の琵琶湖は、桜はまだですがすっかり春
    KOKA (04/06)
  • 2017年4月5日の琵琶湖は、桜はまだですがすっかり春
    雄琴のSHINE (04/06)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
Archive3D.netからダウンロードしたスクーターの3Dモデリングデータ、"Scooter Rodin Design N041017"

2017年11月16日(木曜日)。Archive3D.netからダウンロードしたスクーターの3Dモデリングデータ"Scooter Rodin Design N041017"を"PoseRay"でデータ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

Archive3D_Scooter_Rodin_Design_N041017_ts.jpg

ダウンロードファイル名は"fd7800add3693338b9d2f39334cf4967.zip"、そのファイルサイズは57.4MB。アンパックして出来た3Dデータのフォーマットは、ページの説明にあるgsmと3dsの他にobjも含まれていました。

私のアプリ環境で使えるのは、3dsとobjです。

 

まず、おまけのobjフォーマットデータを"PoseRay"で読み込んでみました。

その最初のプレビュー画面。

poseray_preview_Scooter_Robin_Design_N041017_obj_1st_s.jpg

車体の主要部分のモデリングデータはきちんと存在しているのですが、materialのtransparencyが100の値になっているために透明で見えないという状態です。

 

3dsフォーマットの方を読み込んでみました。

その最初のプレビュー画面。

poseray_preview_Scooter_Robin_Design_N041017_3ds_1st_s.jpg

こちらは、形状的にもmaterialなどの指定にも問題は無さそうです。

ただ読み込み時に1件だけエラーが出ました。

Material (Plastic): Map Dirt bl1.jpg not found. Use search tool in materials tab.

マッピングに指定されているテクスチャ画像ファイル"Dirt bl1.jpg"が見つからないというエラーです。確かにフォルダーを探しても"Dirt bl1.jpg"というファイルは見あたりません。このマッピングはbumpマップで、対になるpigmentマップで使われるファイルは"Dirt bl.jpg"です。これと良く似た名前の"Dirt_map.jpg"というファイツが見つかりました。これを適用したところ、瑕疵のない画像が生成されたようです。

 

修正を終えて、表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

poseray_preview_Scooter_Robin_Design_N041017_3ds_last_s.jpg

これを"PoseRay"から"POV-Ray"へエクスポートして、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Scooter Rodin Design N041017
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせをしました。

その画像。

Scooter_Rodin_Design_N041017_e1_POV_scene_w560h560q10.jpg

ここでのグリッドは0.5unit=0.5mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これでこの"Scooter Rodin Design N041017"を"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込む事が出来るようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 23:07 | comments(0) | - |
"POV-Ray"で作成した3DCG、『雪のログハウス(その2)』

2017年11月14日(火曜日)。前回『雪のログハウス』を作りましたが、その改良版ということで『雪のログハウス(その2)』を作成しました。前回の『雪のログハウス』はこちら("POV-Ray"で作成した3DCG、『雪のログハウス』 | KOKAのつぶやき)。

シーンの基本的な構成は全く変わっていませんが、blobで構成している屋根雪に手を加えて、軒先に少し垂れ下がっている様子に変形し、その軒の雪に「つらら」を垂れ下がらせてみました。

その他には、雪だるまの手に「ほうき」をもたせ、雪の道路の両脇に3匹の犬を加えました。

 

≪ 雪のログハウス(その2) ≫

雪のログハウス(その2)
上の画像をクリックすると大サイズ(3840*2160)画像を表示

 

今回追加したログハウスの屋根雪の軒先部分は"POV-Ray"のblogで自作しました。

つららに関しては、POV-Rayの公式サイトのNewsgroupsに [GDS|Entropy]さんがアップロードされたincludeファイル"SnowIce.inc"を利用しました。参照:『POV-Ray: Newsgroups: povray.binaries.scene-files: SnowIce Implementation of Surface Coating Macro; Alpha 1 for Pov 3.7』。

 

その他の今回追加使用したデータの出処は次のとおりです。

ほうき

Broom by odio TurboSquid.com
Yellow Dog 3dmodelfree.com
Dog 2 Black TF3DM.com(現在のFree3D.com
dog TF3DM.com(現在のFree3D.com

これらのデータとコードをフリーで提供して下さった作者とサイトに感謝します。

 

前回から引き続き使っているデータの出処については、次のブログに記しています。

2017年11月5日のブログ("POV-Ray"で作成した3DCG、『雪のログハウス』 | KOKAのつぶやき)。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 23:12 | comments(0) | - |
"POV-Ray"で作成した3DCG、『中世風街並みとハーレー・ダビッドソン』

2017年11月10日(金曜日)。「中世風街並み」に数台のハーレー・ダビッドソンが集まって駐車しているシーンを"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

《 中世風街並みとハーレー・ダビッドソン 》

中世風街並みとハーレー・ダビッドソン
上の画像をクリックすると大サイズ(1920*1440)画像を表示

 

シーンに配置した主要なオブジェクトの殆どは、WEBで公開されているフリーのデータをフリーソフトの"PoseRay"を使って"POV-Ray"形式に変換したものです。そのデータの出処は次のとおりです。

ハーレー・ダビッドソン
Motorcycle harley N291113 Archive3D.net
Harley-Davidson Knucklehead ShareCG.com
Motorcycle v-rod N291213 Archive3D.net
HARLEY FATBOY TurboSquid.com
Harley-Davidson Motorcycle CadNav.com
Chopper Bike Harley
TF3DM.com経由(現在のFree3D.com)で
建物
House 09 Animium.com
Townhall Animium.com
井戸
Medieval Well TF3DM.com経由(現在のFree3D.com
自転車
Racing Bicycle TF3DM.com経由(現在のFree3D.com
Mountain Bike
TF3DM.com経由(現在のFree3D.com)で
バッグ
Black Duffle Bag TF3DM.com経由(現在のFree3D.com
Old Suitcase ShareCG.com
テーブル、椅子、ベンチ
Table
TF3DM.com経由(現在のFree3D.com)で
Old dirty chair
TF3DM.com経由(現在のFree3D.com)で
5-Pc Dining Set
with Cantilever Umbrella
ShareCG.com
アジサイ
Hydrangea Flower Artist-3d.com
Woman sitting 1 N280614 Archive3D.net
Boy
TF3DM.com経由(現在のFree3D.com)で
Man 2 N230614 Archive3D.net
Man 2 N240412 Archive3D.net
Woman with dog N240412 Archive3D.net
Man and bicycle Fima N170412 Archive3D.net

これらのデータをフリーで提供して下さった作者とサイトに感謝します。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 23:55 | comments(0) | - |
TurboSquid.comから入手したオートバイの3Dモデリングデータ、"HARLEY FATBOY"

2017年11月8日(水曜日)。TurboSquid.comから入手したオートバイの3Dモデリングデータ"HARLEY FATBOY"を"PoseRay"でデータ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画面。

TurboSquid_HARLEY_FATBOY_e1.jpg

FBX、C4D、OBJの3つのフォーマットから選択できますが、私の環境で使えるOBJフォーマットを選択しました。

ダウンロードファイル名は"HARLEY-NE-OBJ.rar"、そのファイルサイズは5.45MBでした。rarパックを解凍するとOBJフォーマットデータと多くのテクスチャ画像ファイル(マッピング用)が生成されました。

 

OBJフォーマットデータ"HARLEY-N-E.obj"を"PoseRay"で読み込みました。

読み込み時のエラーはありません。

その最初のプレビュー画面。

poseray_preview_HARLEY_FATBOY_obj_1st_s.jpg

形状的には問題無いように見えます。しかし、全てのパーツがグレイ一色で、沢山同梱されているテクスチャ画像ファイルも、マッピングには全く使われていません。

試行錯誤でファイルを選びながら、"PoseRay"の機能の範囲内で可能なマッピング指定を手作業で繰り返しました。その結果、20個以上あったファイルのうち2個を除いて、それぞれをほぼ適切と思われる位置に使用できました。

 

表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

poseray_preview_HARLEY_N_E_obj_last_s.jpg

これを"PoseRay"から"POV-Ray"へエクスポートして、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

HARLEY FATBOY
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

エクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。

その画像。

HARLEY_N_E_e3_POV_scene_w560h466q10.jpg

ここでのグリッドは、0.5unit=0.5mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"HARLEY FATBOY"を"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込むことが出来るようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 16:42 | comments(0) | - |
"POV-Ray"で作成した3DCG、『雪のログハウス』

2017年11月5日(日曜日)。出来たばかりの3DCG『雪のログハウス』です。前作(2017年10月31日の『雪に覆われた木樹とログハウス』)とほぼ同じテーマで、今回はログハウスを中心にシーンを構成しました。

 

≪ 雪のログハウス ≫

雪のログハウス
上の画像をクリックすると大サイズ(1920*1440)画像を表示

 

今回のログハウスの屋根雪は"POV-Ray"のblogで自作しました。

blog{

   ・・・

   cylinder{ ・・・

   cylinder{ ・・・

   ・・・

}

という感じです。

その他のオブジェクトに着く雪は、前回同様Gilles Tranさんのマクロ"makesnow.inc"(Gilles Tranさんのホームページで公開)を利用しました。

 

遠景の山脈は、pigment function でパターンを使ってheightfieldを生成しているのですが、そのエッジが自然にwaterlevelに収まるようにコーディングされています。元のコードは、次のところから頂きました。POV-Ray公式サイトのnewsgroupの次のスレッドです。
POV-Ray: Newsgroups: povray.binaries.images: Mesh vs mesh2

 

ログハウスを初めとして、主なデータの多くはWEBで公開されている物を"PoseRay"を使って"POV-Ray"形式に変換してこのシーンに組み込みました。

主要なデータの出処を記しておきます。

ログハウス

House N130217

Archive3D.net
雪の付いたスプルース
Tree N060709
Archive3D.net
葉の落ちた木
tree 5 から葉を削除
ShareCG.com
SUV
Jeep-Wrangler
Archive3D.net
SUV
Land Rover Freelander Td4 2004 N191110
Archive3D.net
除雪車
Snow Groomer
Free3D.com
スノーモービル
Old Snowmobile
ShareCG.com
ソリ
Snowcore N240707
Archive3D.net
雪だるま
Snowman by konuk_free
Free3D.com
シャベル
Shovel
Free3D.com
燃料ガス
Low Poly Gas Cylinder
TurboSquid.com

これらのデータとコードをフリーで提供して下さった作者とサイトに感謝します。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 20:28 | comments(0) | - |