KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
Free3D.comからダウンロードした猫の3Dモデリングデータ、"Cat by 3dregenerator"

2018年4月19日(木曜日)。Free3D.comからダウンロードした猫の3Dモデリングデータ"Cat by 3dregenerator"を"Metasequoia"と"PoseRay"で加工し、"PoseRay"でデータ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

Free3D_Cat_by_3dregenerator_from_Free3D_ts.jpg

ダウンロードファイル名が"cat.7z"、そのファイルサイズは1.25MB。アンパックして出来た3Dデータのフォーマットはobjフォーマット。

そのobjフォーマットデータを"PoseRay"で読み込みました。

その最初のプレビュー画面。

preview_Cat_Free3D_obj_1st_s.jpg

読み込み時のエラーなどはありません。

しかし、全体が一つのgroup、一つのmaterialで成り立っているので、マッピングの画像の範囲でしかmaterialに変化を加えることは出来ません。

どうにかしたいのは、目の輝きです。全体を体毛のmaterial仕様に合わせてしまいますから、目のキラキラした輝きが出せません。

そこで"Metasequoia"を使って、モデリングデータを目のパーツとそれ以外の体全体の2つに分割しました。

目以外の体全体。

Cat_without_eye_s.jpg

目の部分。

Cat_Eye_s.jpg

この2つのデータを"PoseRay"でマージ読込し、目の部分が輝いて見えるようにFinishのSpecularに変更を加えました。

その修正をして、表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

preview_Cat_Free3D_obj_last_s.jpg

これを"POV-Ray"へエクスポートし、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Cat by 3dregenerator
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

エクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。

その画像。

Cat_by_3dregenerator_Free3D_e3_POV_scene_w560h392q10.jpg

ここでのグリッドは、0.05unit=0.05mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"Cat by 3dregenerator"を"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込むことが出来るようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 21:42 | comments(0) | - |
CadNav.comからダウンロードした犬の3Dモデリングデータ、"Bulldog Pug"

2018年4月19日(木曜日)。CadNav.comからダウンロードした犬の3Dモデリングデータ"Bulldog Pug"を、"PoseRay"でデータ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

CadNav_Bulldog_Pug_ts.jpg

ダウンロードファイル名が"cadnav-1P41GPQ2.rar"、そのファイルサイズは1.33MB。アンパックして出来た3Dデータのフォーマットはmaxとobjの2種類。私のアプリ環境で使えるのはobjフォーマットの方です。

 

そのobjフォーマットデータを"PoseRay"で読み込みました。

その最初のプレビュー画面。

preview_Bulldog_Pug_obj_1st_s.jpg

読み込み時のエラーはありません。しかし、着色されていません。マッピング用のテクスチャ画像ファイルが3枚同梱されているのですが、適用されていません。

"PoseRay"の機能を使ってマッピング用のファイルを適用しました。UV情報は含まれていたので、綺麗に張り付きました。

表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

preview_Bulldog_Pug_obj_last_s.jpg

これを"POV-Ray"へエクスポートし、"POV-Rayv3.7”でレンダリングしました。

その画像。

Bulldog Pug
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。

その画像。

Bulldog_Pug_CadNav_e1_POV_scene_w560h419q10.png

ここでのグリッドは、0.05unit=0.05mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"Bulldog Pug"を"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込むことが出来るようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 19:59 | comments(0) | - |
"POV-Ray"で作成した3DCG、『ワインのカテドラルとクラシックカー』

2018年4月17日(火曜日)。ここ数年、城壁で囲まれた中世風の街並みを"POV-Ray"でモデリングしていますが、その一角に置いた「ワインのカテドラル」の前にクラシックカーを並べてみました。

 

≪ ワインのカテドラルとクラシックカー ≫

ワインのカテドラルとクラシックカー
上の画像をクリックすると大サイズ(3840*2880)画像を表示

 

ここに配置している多くのオブジェクトはWEBで公開されているフリーのデータを"PoseRay"や"Metasequoia"を使って"POV-Ray"形式にコンバートして使っています。

主要なデータの出処を記しておきます。

≪ 建物 ≫
Wine Cathedral ShareCG.com
House 09 Animium.com
≪ 自動車 ≫
Maybach DS8 Zeppelin 1938 TurboSquid.com
1939 Bugatti Type 57c Cabriolet ShareCG.com
1939 Alfa Romeo 6c ShareCG.com
Bugatti Atlantic 1938 DMI-3d.net
Mercedes SS 1928 DMI-3d.net
Jaguar 1935 DMI-3d.net
≪ 樹木 ≫
Tree Poplar 2 Archive3D.net
Tree Poplar 4 Archive3D.net
Tree Poplar Archive3D.net
Tree N060317 Archive3D.net
≪ 人 ≫
Casual Man TurboSquid.com
3d scan man by RUSTtm88 TurboSquid.com
Man 2 N230614 Archive3D.net
Man 2 N240412 Archive3D.net
Boy
元のTF3DM.com(現在はFree3D.com)経由
Girl walking N090814 Archive3D.net
Man 1 N100714 Archive3D.net
Man 1 N230614 Archive3D.net
Man 3 N230614 Archive3D.net
Man and bicycle Fima N170412 Archive3D.net
Man with bike N080414 Archive3D.net
Man y N240414 Archive3D.net
≪ 犬 ≫
Braco Italiano dog Artist-3d.com
≪ スーツケース ≫
Old Suitcase ShareCG.com
≪ 鎖付きボラード ≫
Iron Chain Fence TurboSquid.com

これらのデータをフリーで提供して下さった作者とサイトに感謝します。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 21:57 | comments(0) | - |
CadNav.comからダウンロードした動物の3Dモデリングデータ、"Red Fox Rig"

2018年4月15日(日曜日)。CadNav.comからダウンロードした動物の3Dモデリングデータ"Red Fox Rig"を、"Metasequoia"と"PoseRay"でデータ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

CadNav_Red_Fox_Rig_ts.jpg

ダウンロードファイル名が"cadnav-1P414153155.rar"、そのファイルサイズは9.25MB。アンパックして出来た3Dデータのフォーマットはmaxとfbxとmaの3種類。私のアプリ環境で使えるのはfbxです。

このfbxを"Metasequoia"で読み込みます。

metaseq_Red_Fox_Rig_fbx_obj_s.jpg

これをそのままobjフォーマットで出力します。

そして、このobjフォーマットデータを"PoseRay"で読み込みます。

その最初のプレビュー画面。

preview_metaseq_Red_Fox_Rig_fbx_obj_1st_s.jpg

読み込み時に次のエラーがありました。

Material (body): Map RedFox.jpg not found. Use search tool in materials tab.
Material (claws): Map RedFox.jpg not found. Use search tool in materials tab.
Material (tongue): Map RedFox.jpg not found. Use search tool in materials tab.
Material (eyes): Map RedFox.jpg not found. Use search tool in materials tab.
Material (teeth): Map RedFox.jpg not found. Use search tool in materials tab.

何れも、マッピング指定されているファイル、"RedFox.jpg"が見つからないというエラーです。しかし、"RedFox.jpg"は同梱されていて、フォルダーの指定が間違っているだけなのでこれを訂正しました。

これでエラーは無くなりました。

 

これとは他に、各materialの指定でFinishのSpecularの値が大き過ぎて体毛部分がピカピカ光った感じで変なので、これを極小に変更しました。

 

また、拡大して目の様子を見ると、野生動物なのに白目が目立ちます。

Sirome_Red_Fox_Rig_ts.jpg

眼球部のサイズを僅かに拡大し、眼球の位置を僅かに後にずらして、白目が目立たないように修正しました。

 

表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

preview_Red_Fox_Rig_fbx_obj_last_s.jpg

これを"POV-Ray"へエクスポートし、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Red Fox Rig
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。

その画像。

Red_Fox_Rig_fbx_obj_e1_POV_scene_w560h327q10.jpg

ここでのグリッドは、0.05unit=0.05mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"Red Fox Rig"を"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込むことが出来るようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 16:53 | comments(0) | - |
"POV-Ray"で作成した3DCG、『奇岩に遊ぶボート その2』

2018年4月15日(日曜日)。10日前(2018年4月5日)にアップした『"POV-Ray"で作成した3DCG、『奇岩に遊ぶボート』 | KOKAのつぶやき 』の手直し版です。

レンダリングの解像度を上げると、「穴開きの奇岩」の凹凸の粗さが目立つので、これを改善しました。ポリゴンそのものを手作業で弄るのは効率が悪すぎるので、"Metasequoia"の機能を組み合わせて行いました。

具体的には、"Metasequoia"の三つの機能、[頂点を平ら・でこぼこにする]・[面を滑らかにする]・[頂点数を減らす]を何度か組み合わせて試行錯誤して、程良いところで手を打ちました。

また、この穴開きの奇岩の高さは50mを超えるほどなので、頂部にブッシュを生えさせることにしました。

その他に、カモメを飛び回らせてみました。

 

≪ 奇岩に遊ぶボート その2 ≫

奇岩に遊ぶボート その2
上の画像をクリックすると大サイズ(3840*2880)画像を表示

 

ここで使っている主要なオブジェクトの出処を記しておきます。

≪ 岩 ≫
Rock by ERLHN TurboSquid.com
Stone set by ktulhu から Stone 1 元のTF3DM.com(現在のFree3D.com
Island or swamp scene から切り出し 元のTF3DM.com(現在のFree3D.com
≪ ボート ≫
Boat2kristeff 元のTF3DM.com(現在のFree3D.com
Yacht N081116 Archive3D.net
Boat 1 kristeff N270110 Archive3D.net
≪ 人 ≫
3d human male Animium.com
Nude Blonde Woman - Sexy Free3D.com
操縦者 MakeHumanで自作
≪ ブッシュ ≫
Bushes から 5種類を切り出し ShareCG.com
≪ カモメ ≫
3DS all kinds of birds model document から
Seagull を切り出し Metasequoiaで加工
3dmodelfree.com
Seagulls Flying CadNav.com

これらのデータをフリーで提供して下さった作者とサイトに感謝します。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 14:04 | comments(0) | - |