KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
pc
FOLLOW me on
KOKA1946をフォローしましょう
LINKS
『KOKA@尼崎通信』へ 『KOKAのCG』へ
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
ShareCG.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Delage D6"

2018年1月30日(火曜日)。ShareCG.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ"Delage D6"を"PoseRay"で加工・データ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

ShareCG_Delage_D6_ts.jpg

ダウンロードファイル名は"DelageD6.zip"、そのファイルサイズが15.6MB。アンパックして出来た3Dデータのフォーマットは3dsとvobの2種類。私のアプリ環境で使えるのは3dsの方です。その3dsフォーマットデータは"DelageD6.3ds"、ファイルサイズが7.29MB。

 

"DelageD6.3ds"を"PoseRay"で読み込みました。

最初のプレビュー画面。

preview_Delage_D6_3ds_1st_s.jpg

読み込み時に16件のワーニングが出ていましたが、全てマッピングに指定したファイル名にExteded ASCII charactersが含まれているというもので、これは無視しても問題はありません。

 

一見して形状的な問題はありません。

 

ただ、後部のライセンスプレートはモデリングされていましたが、マッピングされているライセンスナンバーが気に入らなかったので、次の画像を用いました。

License_Square_NPL234.jpg

前部のライセンスプレートはモデリングされていませんでしたので、手持ちのライセンスプレートオブジェクトを使い廻します。

次の画像ファイルをマッピングします。

License_Long_NPU234.JPG

前部用のライセンスプレートのオブジェクトにマッピングしたところ。

Plate_Front_Delage_D6_e2_S.jpg

 

その他に次のパーツを追加しました。皆、他の車種から切り出してきたものを加工してパーツ化したものです。

サイドミラー。

side_mirror_Delage_D6_e2_s.jpg

前部のエンブレム。

Logo_Delage_D6_e2_s.jpg

マッピングした画像ファイルは、WEBで見付けました。

ラジエーターキャップ。

Cap_Delage_D6_e2_s.jpg

フェンダーの上に付ける方向指示ライト。

Direct_Delage_D6_e2_s.jpg

 

これらの追加を終え、表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"での最終プレビュー画面。

preview_Delage_D6_3ds_last_s.jpg

これを"PoseRay"から"POV-Ray"へエクスポートし、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Delage D6
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。

その画像。

Delage_D6_e2_POV_scene_w560h280q10.png

ここでのグリッドは、0.5unit=0.5mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。

これで、この"Delage D6"を"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込む事が出来るようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 20:58 | comments(0) | - |
Free3D.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Audi R8 Spyder"(その2)

2018年1月29日(月曜日)。昨年の10月に一度取り上げたFree3D.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ"Audi R8 Spyder"なのですが、これに内装部分のデータを追加して、再度"POV-Ray"でレンダリングしました。

参照:2017年10月16日のブログ、『Free3D.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Audi R8 Spyder" | KOKAのつぶやき』。

このブログで次のように記しています。

元データのポリゴン数は非常に多く外装パーツは精細なのですが、何故か内装パーツは全くモデリングされていません。ウィンドウガラスの透明度を高くすると内装の全くないところが丸見えになってしまいますので、ウィンドウガラスの透明度を極端に低くしました。

しかし、このままではどうにも気に入らなくて、他の(旧型の)"Audi R8"の内装部分のモデリングデータが使えないか試してみました。

幸いなことに"Audi R8"のモデリングデータは、2017年式以前の旧型ですがダウンロードしたものが6種類もあります。その中の一つAnimium.comから入手した"Audi R8 5.2 FSI"のデータから切り出した内装部分を"PoseRay"でmergeしてみたところ、ピタリと納まりました。

 

その内装部分。

左前から見たところ。

Hint_1_s.jpg

左後ろから見たところ。

Hint_2_s.jpg

ここにUVマッピングされてる画像ファイルはこれ。

R8 INTER.png

旧型の画像ですから、2017年式とは微妙に違いますが、基本構造は変化していませんので違和感はありません。取り敢えず、この内装パーツを追加することにしました。

 

この追加修正を終えて、表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

posery_preview_Audi_R8_Spyder_Hint_obj_last_s.jpg

これを、"PoseRay"から"POV-Ray"へエクスポートし、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Audi R8 Spyder
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

エクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。

その画像。

Audi_R8_Spider_2017_Hint_Free3D_e3_POV_scene_w560h224q10.jpg

ここでのグリッドは、0.5unit=0.5mです。

 

このスケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。

これで、この新しい"Audi R8 Spyder"を"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込む事が出来るようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 20:57 | comments(0) | - |
DMI-3d.netからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Nissan 350Z"

2018年1月27日(土曜日)。先日(1月21日)、Archive3D.netから入手した"Nissan 350Z"の記事("Archive3D.netからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Car Nissan 350 Z N220510" | KOKAのつぶやき")をアップしました。今日もまた同じ車種、こちらはDMI-3d.netからダウンロードした"Nissan 350Z"を、"PoseRay"でデータ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

DMI-3d_Nissan_350Z_ts.jpg

ダウンロードファイル名は"nissan_350z.rar"、そのファイルサイズは523KB。アンパックして出来た3Dデータのフォーマットはlwo。

そのlwoフォーマットのデータを"PoseRay"で読み込みました。

最初のプレビュー画面。

preview_Nissan_350Z_lwo_1st_s.jpg

読み込み時のエラーなどはありません。一見したところ形状的な問題はありません。

 

ただ、気になるのは、ライセンスプレートがモデリングされているのに、適切なライセンスの画像ファイルがマッピングされていないことです。

これは、タイヤにも言えます。

そこで、次の画像ファイルをそれぞれマッピングすることにしました。

ライセンスプレート。

2007_Georgia.jpg

タイヤのトレッド。

Tyre_e.jpg

 

そしてボディーの色は、前回の"Nissan 350Z"が赤だったので、今回は青にしました。

 

これらの加工を終えて、表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"での最終プレビュー画面。

preview_Nissan_350Z_lwo_last_s.jpg

これを"PoseRay"から"POV-Ray"へエクスポートし、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Car Nissan 350 Z N220510
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。

その画像。

Nissan_350Z_e2_POV_scene_w560h224q10.jpg

ここでのグリッドは、0.5unit=0.5mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。これで、この"Nissan 350Z"を"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込む事が出来るようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 15:04 | comments(0) | - |
ShareCG.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"1939 Alfa Romeo 6c"

2018年1月26日(金曜日)。ShareCG.comからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ "1939 Alfa Romeo 6c"を"PoseRay"で加工・データ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

ShareCG_1939_Alfa_Romeo_6c_ts.jpg

ダウンロードファイル名は"Alfa6c.zip"、そのファイルサイズが8.51MB。アンパックして出来た3Dデータのフォーマットは3dsとvob。私のアプリ環境で使えるのは3dsの方です。

 

その3dsフォーマットデータを"PoseRay"で読み込みました。

最初のプレビュー画面。

preview_Alfa_Romeo_6c_1939_3ds_1st_s.jpg

読み込み時のエラーなどはありません。見た目にもほとんど問題は無さそうです。

 

ただ、良く見るともう少しパーツを付け加えたくなる部分が何ヶ所かありました。

 

まずライセンスプレートに関しては、後部のプレートはモデリングされていましたが、マッピングされているナンバーを入れ替えます。

それと同時に前部にもライセンスプレートを取り付けることにしました。

後部のプレートにマッピングする画像ファイル。

FRA975.jpg

前部は、この画像ファイル

RaisedRivetedSilver_e.jpg

手持ちの横長ライセンスプレートのデータにマッピングしたところ。

License_Front_Alfa_Romeo_6c_1939_s.jpg

 

ドアノブを追加。手持ちの部品データを使い廻し。

Door_Knob_Alfa_Romeo_6c_1939_s.jpg

 

ワイパーを追加。これも手持ちの部品データを使い廻し。

Wiper_Alfa_Romeo_6c_1939_s.jpg

 

ラジエーターグリルのメッシュの上部に、アルファロメオのロゴを追加します。他のアルファロメオのロゴ部分を切り出してパーツ化したものです。

Logo_Alfa_Romeo_6c_1939_s.jpg

 

これらの追加修正を終えて、表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"の最終プレビュー画面。

preview_Alfa_Romeo_6c_1939_3ds_last_s.jpg

これを"PoseRay"から"POV-Ray"へエクスポートし、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

1939 Alfa Romeo 6c
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。

その画像。

Alfa_Romeo_6c_1939_e4_POV_scene_w560h280q10.png

ここでのグリッドは、0.5unit=0.5mです。

 

スケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。

これで、この"1939 Alfa Romeo 6c"を"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込む事が出来るようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 17:07 | comments(0) | - |
Archive3D.netからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ、"Car Chevrolet Impala 1958 N031009"

2018年1月24日(水曜日)。Archive3D.netからダウンロードした自動車の3Dモデリングデータ"Car Chevrolet Impala 1958 N031009"を、"PoseRay"と"Metasequoia"で加工し、"PoseRay"でデータ変換し、"POV-Ray"でレンダリングしました。

 

ダウンロードページのキャプチャ画像。

Archive3D_Car_Chevrolet_Impala_1958_N031009_ts.jpg

ダウンロードファイル名は"a06dab0e99aaf56be5eb14d8c4e18780.zip"、そのファイルサイズは2.32MB。アンパックして出来た3Dデータのフォーマットは、案内の通り3ds。

その3dsフォーマットデータを"PoseRay"で読み込みました。

その最初のプレビュー画面。

poseray_preview_Car_Chevrolet_Impala_1958_N031009_3ds_1st_s.jpg

読み込み時にエラーが1件。モデリングは詳細で、見た目には形状的な問題は無さそうです。

エラー内容は次の通り。

Material (Standardmaterial): Map texture1.bmp not found. Use search tool in materials tab

マッピングに使用する画像ファイルが見つからないというエラーです。しかし、画像ファイルは同梱されていません。

そのマッピングの範囲は、次の画像の赤で表示した部分です。

Standardmaterial_Map_Not_Found_error_s.jpg

ヘッドライトや車輪や窓ガラスなどが含まれていて、それをすべてカバーするマッピング画像を新たに作成するのは困難です。

 

出来るとすれば、個々のパーツに分解して、そのヘッドライトにはヘッドライトのレンズの画像を、車輪のタイヤにはタイヤのトレッドの画像をマッピングし、窓ガラスには透明なpigmentを指定することです。

 

そのために、materialに比べれば比較的細かく分割されているgroupを利用して、そのgroupでも大まか過ぎる部分については、"metasequoia"でgroupを詳細に分割する作業を行うことにしました。

 

そのgroupを詳細に分割する作業中に気が付いたのですが、この3Dデータは、左右が逆転しているのです。

リアのChevroletのロゴ部分が左右反転。

chevrolet_reverse_s.jpg

サイドのImpalaのロゴ部分が左右反転。

impala_reverse_s.jpg

ダウンロードサイトの画像を拡大して見たら、そこでも右ハンドルになっていました。

Right_Handle_ts.jpg

そこで、"PoseRay"のGroupsタブ内にあるTransform機能を使ってデータ全体の左右を反転させました。

 

細かく分割したgroupを利用してそれに対応したmaterialを作成し、それらの主要なものに次のようなマッピングを行いました。

ボンネット上のエンブレム。WEBで探してきました。

0h1304.png

ヘッドライトのレンズ。手持ちの部品データの中から使い廻し。

headlight.jpg

ライセンスプレート。WEBで1958年のものを探してきました。

Florida_1958.jpg

タイヤ。

pneu_s.jpg

インテリアのシート部分に皮革状の画像をマッピング。手持ちのデータの使い回し。

seamless_leather_by_hhh316-d30sqf0.jpg

 

これらの修正・加工・追加などの作業を終え、表示位置・表示サイズを調整した"PoseRay"での最終プレビュー画面。

poseray_preview_Car_Chevrolet_Impala_1958_N031009_3ds_last_s.jpg

これを"PoseRay"から"POV-Ray"へエクスポートし、"POV-Ray v3.7"でレンダリングしました。

その画像。

Car Chevrolet Impala 1958 N031009
上の画像をクリックすると大サイズ(1600*1200)画像を表示

 

このエクスポートされた"POV-Ray"シーンファイルを元に、"POV-Ray"での1unitが1mになるようにスケール合わせを行いました。

その画像。

Chevrolet_Impala_1958_N031009_e6_POV_scene_w560h233q10.png

ここでのグリッドは、0.5unit=0.5mです。

 

このスケール合わせ後の"POV-Ray"シーンファイルをincludeファイル化して、プライベートな"POV-Ray"オブジェクトライブラリに保存しました。

これで、この"Car Chevrolet Impala 1958 N031009"を"POV-Ray"の部品として何時でもシーンに組み込む事ができるようになりました。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ

| CG | 17:09 | comments(0) | - |