KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
購入して2年経ったMagic Cube
2013年10月4日(金曜日)。Bluetooth対応のワイヤレスレーザーキーボード、Magic Cube(マジックキューブ)を購入して丁度2年経ちました。
2年前(2011年10月5日)の購入時のブログ記事『 レーザー・キーボード(マジック・キューブ)を購入した | KOKAのつぶやき 』。

その当時は、前のスマフォ(REGZA Phone T-01C)とBluetooth接続して使用していましたがしたが、今はスマフォがGALAXY S IIIα SC-03Eに変わっています。

この間の差は、REGZA Phone T-01Cは Android 2.2 で、GALAXY S IIIα SC-03E が Android 4.1 という違いです。この差は案外大きくて、今は Magic Cube がBluetooth接続するのに殆ど手間はかかりません。

Android 2.2 の REGZA Phone T-01Cでは、Majic Cube の電源をONにして REGZA Phone T-01C とBluetooth 接続するのに、毎回Bluetoothの設定画面を開いてBluetoothデバイスをスキャンし、Magic Cube を認識すると接続の為のPINコードを入力する必要がありました。
Android 4.1 の GALAXY S IIIα SC-03E では、Magic Cube を初めて接続する時に一度だけ Magic Cube と接続の為のPINコードを入力するだけで、以降は接続デバイスのリストに登録されているので、Magic Cube の電源をONにすれば自動的に接続されます。

画面で見るとこんな具合です。

Bluetoothの設定画面。
ペアリング済み_2013-10-04 20.34.56_s.jpg
CelluonというのがMagic Cube の製造メーカーです。Magic Cube がペアリング済みのデバイスとして登録されています。
この設定画面は、この記事のために確認画像をキャプチャしようと開いているだけで、使用時には開く必要はありません。

Magic Cube の電源をONにすると自動的に繋がります。
入力デバイスに接続しました_2013-10-04 20.35.37_s.jpg
この設定画面は、この記事のために確認画像をキャプチャしようと開いているだけで、使用時には開く必要はありません。
ということで、Magic Cube の電源を入れるだけで、自動的に接続されてキーボードとして使えるようになります。以前の Android 2.1 の REGZA Phone T-01C の時と比べると、実に簡単。これが当り前ですね。

そういうことで、今は、Magic Cube の電源をいれれば、フマフォのキーボードが使えるようになるので、とても便利に使っています。

電源ON。
2013-10-04_マジックキューブ_03_s.jpg

こんな感じで、テーブルの上にキーボードがレーザー照射されてが浮かび上がります。
2013-10-04_マジックキューブ_01_rs.jpg

スマフォのアプリで、このMagic Cube を使って長文入力するのは、今では Evernote だけです。以前は、メモアプリやテキストエディターなども使っていたのですが、それらを全てEvernoteに入力しています。と言うことで、私の場合、今では Magic Cube は Evernote への長文入力用の道具です。

そして、文字入力の設定は、勿論日本語で、日本語入力には「Google日本語入力」を使っています。
設定_言語と文字入力_2013-10-04 15.09.38_s.jpg
スマフォの日本語対応アプリでは入力フィールドは、基本的に自動で日本語入力モードになりますから、アプリを立ち上げてレザーキーボードからローマ字入力するだけで、日本語入力が出来ます。

テキストエディタの Jota の場合。
Jota_Text_Editor_入力中_2013-10-03 13.47.40_s.jpg
Evernote の場合。
Evernote_日本語入力_2013-10-04 15.07.49_s.jpg

と、こんな具合で、丸2年が経った Magic Cube ですが、便利に使っています。
Magic Cube は、今年の6月に後継機「epic」が登場して、幅がほぼ半分になり一層コンパクトになっています。高さ・奥行きはほぼ同じ。スマフォと一緒に持ち歩くのには、小さければ小さいほど良いのですが、キーボードを照射するのには今程度の高さが最低限必要なので、この「epic」が限界に近い小ささではないかという気がします。でも、前機種の Mgic Cube でも、十分コンパクトなキーボードとして持ち歩けるので、大変重宝しています。

| スマートフォン | 20:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
おお怖っ!「ほぼ全てのAndroid端末が影響を受けるとされる脆弱性」
2013年7月26日(金曜日)。Google ニュースのテクノロジー分野にこんな記事が載っていました。
Googleニュース テクノロジー
現在世界中で普及している「ほぼ全てのAndroid端末が影響を受けるとされる脆弱性」に関する記事のようです。
それらの個々の元記事を開いてみました。

その中の三つの例。
ITmedia エンタープライズ 2013年07月24日 17時04分 更新『 9億台のAndroid端末に影響する脆弱性、悪用攻撃を初確認 - ITmedia エンタープライズ

GIGAZINE 2013年07月25日 15時22分00秒 『 Android端末の99%が影響を受ける「マスターキー」脆弱性を悪用した実例が登場 - GIGAZINE

Security NEXT - 2013/07/26 『 【セキュリティ ニュース】Android「マスターキー脆弱性」が端末に存在するか確認できる無料アプリ - 悪用アプリも検知可能:Security NEXT

最初にこの脆弱性を公表したこの米Bluebox Securityが提供している『「マスターキー脆弱性」が端末に存在するか確認できる無料アプリ』をPlayストアからダウンロードして、私のスマフォをチェックしてみました。
「Bluebox Security Scanner」でチェックした結果のスクリーンショット。
脆弱性チェック

ありますね。怖いですね。
これは、まず Google がAndroidを更新して、それをこの私のスマフォを販売しているdocomoが更新を適用出来るように対応して、やっとユーザーが安心できるということですよね。
何時になるんでしょう?。

| スマートフォン | 21:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
スマフォ三代、Wi-Fi接続で揃い踏み
2013年3月31日(日曜日)。一昨日にドコモのWi-Fiルーター(Aterm WR8166N)の利用を始めました。従来、有線LAN(1000BASE-T)で各PCをCATVインターネット接続していたのですが、このドコモのWi-Fiルーターを入れたので、Wi-Fi接続できるデバイスを皆繋いでみました。一昨日にスマフォ(GALAXY S III α SC-03E)、Ultrabook(Lenovo ThinkPad X1 Carbon)、B5サイズのMobile Note(Panasonic Let'snote R7)は繋いだのですが、今日は古いスマフォ2台、Android スマフォの REGZA Phone T-01C ともう一つ古い Windows Mobile スマフォのAdvanced/W-ZERO3 [es]を繋いでみました。
スマフォ三代
左が GALAXY S III α SC-03E、中央が REGZA Phone T-01C、右が Advanced/W-ZERO3 [es]です。これ以前にスマフォの元祖ともいうべき初代W-ZERO3を使っていたのですが、壊れて破棄。
古い2台のスマフォも Wi-Fi接続設定はすんなりOK。

Internetへの接続の感触を確かめるために、自分のこのブログを開いてみました。
スマフォ三代の夫々のブラウザは、GALAXY S III α SC-03E では Chrome、 REGZA Phone T-01C はデフォルトの Androidブラウザ、Advanced/W-ZERO3 [es]のブラウザは、Willcom の契約を解除した2011年2月時点から更新されていない Opera(Windows Mobile)です。
ブラウザでブログを開いたところ
画面の大きい新旧の Android スマフォがスマフォ向け画面でブログ表示しているのに、何故か小さな画面のWindows Mobile スマフォのAdvanced/W-ZERO3 [es]ではPC向けの表示になっています。Advanced/W-ZERO3 [es]では横表示に切り替えて操作しました。
古い2台ともタッチスクロールしてみて驚きました。以前の docomo FOMA接続、Willcom PHS接続でのブラウザのスクロール操作の動きのモタモタ感を記憶していますから、接続回線が速いとこんなに楽々と動くのかと感心しました。

回線スピードが速くなった分ブラウザ表示がスルスルと速くなったのですが、その他の操作部分は、やはり新しいスマフォのクワッドコアCPUのパワー、2GBのメモリなどのマシンパワーによる快適さにはとても及びません。

とりあえず REGZA Phone T-01C は残しておいても良いかもしれないのですが、Advanced/W-ZERO3 [es]はやはり廃棄でしょうね。

| スマートフォン | 15:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
GALAXY S IIIα の画面キャプチャが出来なくなった、なんで?
昨年12月に機種変更したスマフォ、docomo「GALAXY S IIIα SC-03E」にもすっかり慣れて、快調に使っています。

今朝(2013年1月25日)、使用中のアプリのある画面をキャプチャしようとしました。GALAXY S IIIα では、掌を手刀のように構えて画面の右端から左にスワイプすれば、画面キャプチャが出来ます。ところが、何度やっても反応がありません。通常のスワイプの動きをして隣のページに移動してしまいます。「あれれ???」

「どうなっちゃったの?」と、暫く考えていたら、はたと思い当たりました。
スマフォの電池の節約のために、電話とメールしか使わないことが基本の家にいる場合には、GPS、Wi-Fi、Bluetooth等などはOFFにしているのです。それらの一つに「モーション」があって、これをOFFにしていたので、例の「手刀でスワイプ」が意味を持たなかったのです。

早速、「モーション」をONにして、ホーム画面をキャプチャしてみました。
ホーム画面キャプチャ
おお!出来ました。
設定メニューの「モーション」をONにした画面はこれ。
設定、モーション、ON

と言うことは、この「モーション」をOFFにした画面は「手刀でスワイプ」ではキャプチャ出来ない、ということですね。
そこで、コンデジでパチリ(^_^;)。
コンデジで、モーションOFFを撮影

| スマートフォン | 11:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
スマフォ機種変更して1週間経った
2012年12月29日(土曜日)。スマフォを docomo「REGZA Phone T-01C」から docomo「GALAXY S α SC-03E」に機種変更して1週間経ちました。1週間前(12月22日)の機種変更した日の記事『 スマフォを機種変更して GALAXY S α にした | KOKAのつぶやき 』。
最初は、docomoアプリが全面にしゃしゃり出てきて、余計なお世話のインタフェースが多くて腹立たしかったりしましたが、盛り沢山のプレインストールアプリをじゃんじゃんアンインストールして、自分なりにシンプルで使いやすい環境が出来つつあります。

ホーム画面。
ホーム画面
Googleガジェット、アストロファイルマネージャ、Chrome、Gmail、ジョルテ。Gmailは、もちろんPCと同一のアカウントで使っていますから、どちらからでも同じ様にメールが受発信できます。ジョルテはシステム手帳アプリで、カレンダーの予定作成・表示とToDoの作成・表示に使えるのですが、Googleのカレンダーアプリよりも見た目がぐんと良くて使い勝手も良好です。もちろん、カレンダーは、Googleカレンダーを使ってPC版と自動同期させていますので、便利です。ToDoも同様です。
連絡先も、前のスマフォの時からGmailアカウントの連絡先(電話帳)をメインにして自動同期させて使っています。今回も同様の使い方です。

この、PCでもスマフォでも同じデータが同じように使えるというのが最も大事で便利そのもの。

使い始めて最初の1日、2日は、プレインストールされているアプリのデータ通信やアプリの更新、試しに使ってみる重いアプリなどの所為で、データ通信量は多いし電池の消耗も多くて、データ通信量が早くに上限に近づくのではとか、電池が半日も保たないのでは等と心配しました。

その後プレインストールされていて使わないアプリを次々にアンインストール、前のスマフォで使っていて馴染んでいるアプリのダウンロード・インストールを行なって、徐々に自分好みの環境が復活してきました。この間は、プレインストールアプリの更新のためのダウンロード、以前の機種で使っていたアプリのダウンロード・インストールなどが多数重なっていたので、データ通信量も多くなり電池の消耗も激しかったのですが、この2日ほどはこれも落ち着いて電池の保ちもぐんと長くなりほぼ1日(24時間)サイクルで残量の心配なく使えています。

機種変の目的は、CPUパワーとメモリ増でシャキシャキ動いて欲しいということでしたが、それについては希望していた以上の結果だと言う感じです。

現在のデータ使用量。
データ使用量
その内訳。
内訳
最初の2〜3日は、docomoアプリケーションのデータ使用量が圧倒的だったのですが、今は少なくなりました。このグラフの見方の正確なところは分からないので、ちょっといい加減な判断ですが、この使用量なら制限値・上限値に達する心配などは殆ど無いのかな?、と思ったりしています。

上の3枚の画像のこの画面キャプチャは、ボタン操作無しで簡単に取れました。画面の左右どちらかの端に、手を手刀様に(空手チョップ風かな)置いて、画面全体を払うようにすーっと動かすと、動いた手刀の後追いで画面全体に薄い白い膜が掛かったようになって画面全体のスクリーンショットが取れます。これは、気に入りました。以前の機種「REGZA Phone T-01C」では、PCにAndroid アプリの開発環境をインストールして、そのPCと「REGZA Phone T-01C」をUSBケーブルでデバッグモード接続して「REGZA Phone T-01C」の画面をキャプチャするという、とんでもない手間隙がかかりました。それがこの機種「GALAXY S α SC-03E」では、手刀で画面をスーッとなぞるだけです。馬鹿みたいに簡単です。あ、バカなんて失礼な言葉を使ってしまいましたが、あまりにあっけなくて感心しているということです。

これが1週間目の感想。

| スマートフォン | 23:09 | comments(2) | trackbacks(0) |