KOKAの頭に泡のように浮かんだ思い・考え、口を衝いて出るつぶやき・ぼやき、等などを詰め込んだスクラップブックのようなブログ。でもやっぱり話題は、趣味の3DCG・ヨット・スキーのことが主になるかも。何故か、花や木の話題も多かったりする(^_^)。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
猪名川沿いに多田神社までサイクリング
2012年8月17日(金曜日)。午前中にワイフと二人で多田神社へサイクリングに出かけてきました。猪名川沿いに土手道や遊歩道を走り、できるだけ車道を避けて多田神社へ向かうコースです。

朝9時出発。MTBで出かけました。水を詰めた500mlのペットボトルを1本ずつ持って、途中で自販機のスポーツ飲料を補充します。

近松線の西側の路地を北上して、阪急神戸線を越え、園田中学の東側で山陽新幹線の高架をくぐり、中園橋で藻川を渡りました。藻川の左岸土手上の道は、歩行者と自転車の専用なので安心して走れます。
藻川の分岐点から猪名川の右岸沿いに少し戻ったところに農業公園があります。9時20分、農業公園に到着。春から初夏にかけては花盛りの農業公園も今は見るべきものがありません。ここで、最初のトイレ休憩。既に汗びっしょりですので、まず水分補給。

止まっていると暑いので、すぐに猪名川の土手道に戻ります。走りだすと見掛けの風で体表面の汗が乾くので、その気化熱で涼しく感じます。
土手道には赤とんぼの群れが飛び回っています。土手下の草むらからはキリギリスの鳴き声。河原にはキクイモの黄色い花。秋の気配が感じられます。

猪名川橋を渡り、左岸土手の道を池田市へ向かいます。

大阪空港の横の土手道は分岐も交差も無く見通しの良い直線で1kmほど続くので、ここで思い切りスピードを上げて走ってみました。
Google地図(航空写真)でその場所を確認。
大きな地図で見る
息が切れる前に、足がキンキンに痛くなってしまいました。

池田市桃園2丁目の阪神高速11号池田線の高架下にある「池田市立猪名川運動公園事務所」には、綺麗なトイレがあるし、飲み物の自販機も数台設置されていますので、休憩場所には最適です。
10時5分到着。ここで10分休憩。
休憩 池田市立猪名川運動公園事務所
ここの自販機でアクエリアス500mlを1本購入。二人で飲むので、この休憩の間に飲み切りました。

呉服橋を渡って、西詰から護岸沿いの道路(阪神高速下の通常時は車の入らない専用道)に入ります。広くて快適な道です。
そこから見た猪名川と五月山。
猪名川と五月山

何時もは、この道を絹延橋まで走って、そこで絹延橋を渡るのですが、今日は護岸沿いの道路(車止めがあって一般車の通行はできません)を行けるところまで走ってみました。2車線分の広さがあって快適です。
その途中から、阪神高速池田線と斜張橋を見たところ。
阪神高速池田線と斜張橋
この道は、能勢電鉄妙見線滝山駅の東側で終わり一般道に繋がります。ここからの能勢電鉄妙見線と猪名川に挟まれて通る一般道は、狭い上に車の交通量も多く、危なくてとても自転車で走る気にはなりません。

ということで、引き返して絹延橋を渡ります。絹延橋を渡るとすぐに猪名川左岸護岸沿いに歩行者と自転車の専用道が続いています。これを猪名川の支流・余野川が合流するところまで走ります。

ここからは能勢街道の左右にある広くて立派な歩道を走って、川西市多田桜木1丁目の交差点を目指します。この途中の能勢街道が能勢電鉄妙見線のトンネルの上を越す地点までの登りが、今日一番の難所?で最高点が標高48m(^_^;)。

10時50分、多田神社に到着。
階段下の川沿いの小公園に自転車を置いて、急階段を山門目指して登ります。空港横の直線路で1kmの全力走行をやったので足ががくがくしています。
南大門。
南大門
多田院は明治の神仏分離までは、神仏混淆の寺院だったので、その名残です。南大門の向こうに鳥居が見えています。

東門に通じる境内の緑陰が涼しそうです。
緑陰
ここでスポーツドリンクを1本補充して休憩。

拝殿。
拝殿

拝殿の奥には本殿があります。
拝殿の奥に本殿

11時20分、復路出発。往路を忠実になぞって帰ります。
猪名川沿いに来た道なので、帰りはベースが緩い下りです。多田神社の南大門階段下の道路の標高が48mで、尼崎市の自宅の標高が5mですから、標高差43mの長くて緩い下りのはず。そう思うと帰りがかなり楽に感じられます(^_^)。

12時10分、猪名川橋から西方向の六甲山系を望んだところ。
猪名川橋から六甲山

12時25分帰宅。
冷たいシャワーと冷たい飲み物で体を冷やして、一休みしました。流れるほどに汗をかく炎暑のサイクリングも爽快でした。

JUGEMテーマ:スポーツ
| サイクリング | 17:21 | comments(2) | trackbacks(0) |
猪名川土手を桜巡りサイクリング
2012年4月8日(日曜日)。日課の朝の散歩に出かけたら余りに天気が良いので、桜巡りの近間の散歩は早めに切り上げて、続けてサイクリングで猪名川土手周辺の桜巡りに出かけました。

散歩姿のまま、9時5分にARAYAの古いMTBで出発。
猪名川の土手道へ向かって久しぶりに近松線を北上しようとしたら、こんな自転車専用レーンが出来ていました。
自転車専用レーン
若王寺の交差点から阪急神戸線口田中踏切までの僅か500mほどですが。

塚口近辺にはもう一つ似たような自転車専用レーンがあります。2010年9月29日のブログでそれに触れています。『 久しぶりの武庫川サイクリング | KOKAのつぶやき
自転車専用レーンを整備して拡張してゆくという考え方そのものは良いと思うのですが、実際に作られた専用レーンは全く距離が短くてほとんど役に立ちません。

中園橋で藻川を越して、藻川の土手沿いに北へ向かい、猪名川と藻川の分岐点から猪名川左岸土手の桜並木を見物しました。
猪名川土手の桜

猪名川橋で猪名川を越えて、左岸土手を北上。
土手の法面にはセイヨウカラシナが満開。
セイヨウカラシナ
神津大橋の東詰めから北へ向かう土手道沿いの桜並木。
桜 神津大橋 1
大阪空港の北西端で箕面川が猪名川に合流する地点まで走って、引き返しました。
そして帰りには、猪名川橋を渡ってそのまま右岸土手を下流へ向かい、猪名川公園の桜を見て、阪急園田駅の西から園田橋を渡って若王寺へ。
そのまま西へ向かい10時40分に帰宅しました。桜を巡って写真を撮るのが目的のポタリングですから、普通に走れば1時間で帰ってこれるところに1時間35分ほど掛かりました。

走り始めると強い日差しで直ぐに身体が温まってきて、これはもう薄着で長距離走れるサイクリング向きの季節になったなと、遠くまで走りたいという欲求が強くなりました。

JUGEMテーマ:スポーツ
| サイクリング | 20:55 | comments(2) | trackbacks(0) |
JCA賛助会員、うっかり新年度の更新を忘れるところだった
2012年4月7日(土曜日)。ヨットの団体保険の加入者証が届いたことをブログの記事に載せながら、JCA(日本サイクリング協会)の賛助会員の登録更新をし忘れていることに気が付きました。
慌ててJCAのWEBサイトで賛助会員登録(更新)の手続きを行いました。
JCA賛助会員登録
今年度から、会費の支払い方法にクレジットカードが加わったので、即座に会員登録(更新)の手続きと同時に会費の支払い処理も完了して、便利になりました。
この賛助会員になると、会員特典に自転車総合保険が付きます。自転車乗りには有難いものです。

JUGEMテーマ:スポーツ
| サイクリング | 14:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
京都府八幡市の御幸橋往復サイクリング
2011年9月7日(水曜日)。昨日からやっと台風の後の晴天がやって来ました。今朝は、北向の我が家の玄関では朝8時ちょっと前でも22度。一気に涼しくなったものですから、朝方は夏布団ではなんとなく肌寒い位でした。
昨日の天気予報では、朝から快晴で気温も30度にはならず爽やかな一日になると言っていましたから、今日は久しぶりにサイクリングで遠出をすることにしました。京都府八幡市の御幸橋まで行ってみる積りです。

1時間弱の朝の散歩が済んでから、出かける準備をしました。今日はMTB(SCOTT)に乗ります。コースは、猪名川左岸から神崎川の右岸沿いに淀川右岸へ出て、鳥飼大橋で左岸にわたり、そのまま御幸橋まで河川敷内の道路を走ります。猪名川左岸までが一般道で、あとは自転車専用道と河川敷内の道路なので、自動車を気にせず安心して走ることが出来ます。

9時45分、出発。水とアクエリアスを持参。エネルギー補給の甘い物や飲み物は途中で補充します。
中園橋で藻川を渡り、猪名川橋を渡って猪名川左岸の土手道に出ます。下流へ神崎川を目指します。

10時13分。猪名川左岸の土手道から神崎川との合流部を遠望したところ。
猪名川から神崎川合流部を
合流部に掛かっている橋は、新幹線の架橋です。

猪名川と神崎川との合流部から、神崎川の右岸河川敷に入ります。右岸河川敷内の自転車道は、途中神崎川に流れ込む支流を越える度に土手の高さまで漕ぎ登って小さな橋を渡ることになるので、左岸のフラットな道(なにわ自転車道)の方が楽なのですが、左岸の道に入るのには自宅から一般道を走る距離が長いので、最近はこの右岸の道を選んでいます。

10時42分、神崎川と安威川の合流部に架かる高浜橋。
高浜橋
これを渡って神崎川の左岸の自転車道に入ります。10分ほどで淀川右岸土手に到着します。

10時52分、淀川右岸土手道から上流の鳥飼大橋を見たところ。
鳥飼大橋
淀川本流は川幅一杯の満水状態。流れの筋が見えるほどの急な流れになっています。淀川では珍しいことです。

鳥飼大橋の上流部にある歩道を渡って淀川左岸に入ります。左岸は枚方大橋手前まで土手道を走りました。軽い追い風です。これ以上風が強くなると帰りが向かい風になるのでちょっと苦しいかも。しかし天気予報では安定した快晴で風もあまり強くはならないようです。

12時14分、御幸橋到着。
御幸橋
自宅を出てちょうど2時間半で往路を走り切りました。

京阪八幡市駅前のコンビニで食べ物と飲み物を購入。御幸橋を渡って桜で有名な背割堤へ。桜の大樹の下のベンチで寝転がって休憩しながら、エネルギー補給と水分補給。チョコクリームパンとウィダーinエネルギー、アクエリアス。
背割堤の桜は大きくて木に勢いがあります。
自転車と桜の大樹

12時45分、出発。帰路は往路をそのまま逆になぞります。
木津川にかかる御幸橋を渡るときに下流を写しました。
木津川
古い御幸橋の橋脚がまだ残っています。

13時29分、枚方市の天野川(天の川)。
天の川
淀川本流は濁りが強いのですが、この天野川は清流です。水も川砂も綺麗です。
そのすぐ下流には、枚方大橋上流部に大きな河川公園があるのですが、淀川の増水で一部が水没して立ち入り禁止になっていました。
枚方、河川公園

風は強くはならなかったのですが、それでも向かい風です。帰りは、疲れが出てきたので、ギアを落として足の回転を速めて楽に走ります。スピードは諦めて着実に距離を稼ぎます。
14時20分、鳥飼大橋の歩道を渡って淀川右岸に出ました。すぐ下流で、神崎川の自転車専用道に入ります。
14時40分、高浜橋を渡って神崎川右岸へ。このあたりから、疲れが出てきて足が動かなくなってきました。日陰を見つけて5分ほど休憩。ウィダーinエネルギーを1本食べてアクエリアスもたっぷり飲みました。少し元気が戻ってきました。

足の疲れがひどくならない程度にゆっくり漕ぎながら、神崎川と猪名川の合流部を目指します。
15時20分、合流部到着。猪名川左岸の土手道に入ると多い風が強くなって楽々走行(^_^)。

15時50分、帰宅。往路は2時間半で復路は3時間5分も掛かってしまいました。走行距離は74.2km。天気が良くて快適だったのですが、しっかり疲れました。

JUGEMテーマ:スポーツ
| サイクリング | 21:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
朝の猪名川土手サイクリング
2011年8月12日(金曜日)。日程的には琵琶湖へセーリングに出かけられないことはなかったのですが、ワイフが夏バテ気味で今一つ体調に自信が持てないようなので今日はセーリングは休みにして、朝の内に近間のサイクリングに出かけることにしました。

今日は、ワイフも私もMTBで出かけます。前回古いARAYAのMTBが出発直前に空気を入れた時にパンクしたのですが、これはチューブを交換済みです。

今朝の最低気温が30度、出発する7時半過ぎにはすでに31度。行き先は、猪名川土手を下って神崎川経由淀川方面にするか?あるいは上流の池田方面へ向かうか?、猪名川橋に着いたところで調子を見て決めることにしました。

7時40分出発。
猪名川橋が8時5分。暑さが酷くなりそうなので、行き先は、短めの池田往復にしました。
この時間は、まだ日が斜めなので路面からの照り返しが少ない分楽です。走っている時は、見かけの風で汗が飛ぶので涼しいのですが、車両の通行する道路を横切る時などに停車すると一気に汗が吹き出します。
ランニングの人などはウエアの上下が水を被ったように汗が流れています。自転車で走っていると、ヘルメットの際から眉へ目頭へ向けて流れてくる汗が目に入って痛いというようなことはありますが、腕や足や胸や背中は直接風にあたりウェアを通して風が入り、汗をかく端から乾いてゆくので汗をかいていないように見えます。風で乾く分、冷やされて涼しいのです。

8時40分、呉服橋をの少し上流、大きな堰のある辺りで休憩。
私
ワイフ
ここから同じ道を引き返します。

猪名川橋をわたってから藻川左岸を走り、中園橋で藻川を離れた頃には、気温は32度になっていました。市内の道路に入ると土手の上のような風がありませんし路面からの照り返しもあるので、気温以上に暑く感じます。

9時30分帰宅。
シャワーを浴びて扇風機に当たると涼しくてほっとします。家の中の気温は32度で道路を走っている時と変わらないのですが、道路を走っているときには太陽の直射と路面からの照り返しの分だけ余分に熱線を浴びるのでその分だけ暑くなるということなのでしょう。

出かける前の朝食は、トースト半切れと軽くしておいたので、帰ってからの早めの昼食(遅めの朝食?)にソーメンを食べました。身体を動かした後だから余計なのでしょうが、涼しくてとても美味しかった。

JUGEMテーマ:スポーツ
| サイクリング | 12:06 | comments(0) | trackbacks(0) |